スポンサーリンク

【MLB】ロイ・ハラデーの事故調査報告(追記あり)

事故調査報告書概要

現地2017年11月7日にメキシコ湾で飛行機事故で亡くなったサイ・ヤング賞2度受賞のロイ・ハラデー。

40才の若さで亡くなった訳ですが、事故から約2ヶ月強を経過した現地2018年1月19日、事故原因の究明がなされました。

調査はまだつづくとは言っていますが、今回の検体結果はほぼ事故原因の真実をついているのではないかと思います。

the Pinellas County Medical examiner released Halladay’s autopsy report.

当初から危険な運転

当初からハラデーは非常に危険な運転をしていたことはわかっていました。猛烈な勢いで上昇した後、海面スレスレまで急降下。そして方向転換で回りきれなくなって崖に衝突したことなどです。

機体にではなく、操縦に問題があったということです。

気分がハイになる薬品も

今回の解剖結果でさらにわかったことは2つの薬物が使用されていたことです。1つはモルフィネ、もうひとつはアンビエンという向精神薬(睡眠薬でもあるそうです)。

NTSB(National Transportation Safety Board:国家運輸安全委員会)では、フライト前8時間のいかなるアルコールや薬物の摂取を禁止しています。

実際、これによってアメリカの旅客機のパイロットはかなり行動が縛られた職業になっていますが、”酔っていたのでごめんなさい”では済まされない大事故につながるので、この規定の遵守は非常に厳しいようです。

今回、ハラデーからそのような薬物が検出されたということは、残念ながらこの法令を遵守していなかった可能性が非常に高いことになります。

気分が”ハイ”な状態で操縦が行われていたのではないだろうかと推測されてしまいます。

本当に残念ですが、事実関係からはそうですね。

ただ、華々しい活躍をしたハラデーがどうしてそのようなものに頼らないといけない精神状態だったか?そこは非常に気になります。

追記:報告書にコンファーム

 事故から現地2020年4月15日、NTSB はパイネラス郡の医療検査官が事故2ヶ月後に発表した剖検報告(Autopcy Report)にコンファメーションを与えました。

 つまりはこの報告書通りであり、原因は機材ではなく本人の操縦にあり、ドラッグによりハイにはって操縦し、ご操作したことが原因ということでファイナルになったということですね。

引退後の戦い

 なお、ハラデーは引退後、慢性的な背中の痛み、うつ病、不眠症と戦っていたことが明らかとなっています。また、2013年にリハビリに行き、2015年にオピオイドとベンゾジアゼピンを誤用したことも。

 うつ病だったというのがちょっと辛いですね。沈んだ心を持ち上げる手段が飛行機の操縦だったのかもしれません。それに気分がハイになる薬を服用することで沈みがちな気持ちを盛り上げるような、そんなバランスのとり方をしたのかもわかりませんね。

ストイックだったハラデー

ストイック過ぎる練習で有名だったハラデー。

引退を機に何か燃え尽き症候群のような状態になっていなかったか?あるいは、引退後の生きがいは何だったのか?また、お金も名誉も手にしみて初めて味わう何かにつきあたってはいなかったか?

大好きだった投手だけに、どうもそのようなことが気になります。行動が無謀過ぎるので。

今は、ただ「安らかに」と祈るばかりです。

ケビン・ゴーズマンが34に

影響力のあったハラデーですが、2018シーズンにオリオールズのケビン・ゴーズマンはハラデーに敬意を評し、自身の背番号を34に変えます!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました