スポンサーリンク

【MLB移籍for2018】レンジャーズがダグ・フィスターと1年で合意

ダグ・フィスターがTEXへ

現地2017年11月27日から始まる週は大谷選手の入札の話題でもちきりとなりそうですが、日本時間2017年12月2日(土)にはなんらかの形が出ているのではないかと思われます。1日が入札期限のはずですから。

他の有望FA選手の動きも出てまいりました。

そろそろ始まったということでしょうか!?

1年400万ドル

複数のソースによりますと、レンジャーズが長身シンカーボーラーのダグ・フィスターと1年で合意に至った模様です。

契約金額は400万ドル。2019年にクラブ側が契約するかどうか決めることができるクラブ・オプション付き。

ダグ・フィスターとは

ダグ・フィスターは1984年2月4日生まれ。来年のスプリング・トレーニング前に34才になります。

契約金額が意外にも大きくはねなかったのはやはり年齢の要素もあるでしょう。

2017年はBOS

2017年はレッドソックスで18試合に登板。もちろん先発がほとんど(15試合)ですが、後ろでも登板しました。5勝9敗、ERA4.88。イニング数が90.1。なかなか思うような成績は上げられませんでした。

前年の2016年は32試合に登板ですから先発でフル回転したことになります。この時はアストロズに在籍し、12勝13敗、ERA4.64。ERAが高くなっているのが気になります。

キャリアハイは、ナショナルズ時代の2014年の16勝6敗、2.41ERA。その前年の2013年はタイガースに在籍し、14勝9敗、3.67ERA、この年は208.2イニングに登板しました。

シンカー投手

実はファストボールとシンカーのスピードは2014年より、2017年の方が上がっています。

2014年8月後半のゲームではファストボールのMAXが89.9、シンカーのMAXが91.1だったのに対し、2017シーズンのレギュラーシーズン最終登板であった9月29日のファストボールのMAXは92.3、シンカーのMAXは92.9。

2017年も2014年もまっすぐ系はほとんどがシンカーだったわけですが、今季は甘いボールが多かったと思います。

タイガース時代はとくに勝負どころの登板で強い印象があったので、今季のポストシーズンの最後のゲームでも期待したのですが、うまくいきませんでした。

ハマれば本当に打てない投手なので、来季はぜひ持ち味を発揮してもらいたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました