スポンサーリンク

【MLB2014】ネイサン・イオバルディがブレイク中!

20140510 solid pitchers starter
現地2014年5月10日は豪華先発陣(MLBより)

豪腕!

こんにちは(^^)

現地2014年5月10日は、週末といいローテーション具合が作用して、上記のような豪華な投手陣が先発となりました。

左上からアスレチックスのソニー・グレイ、その下がカージナルスのランス・リン

そして右上がレンジャーズのマーチン・ペレス、その下の真ん中がロイヤルズの大注目の右腕ヨーダノ・ベンチュラ、そしてその下がマーリンズのこれまた今季大ブレイク中のネイサン・イオバルディです。

今回はネイサン・イオバルディについて書かせていただきます。

ネイサン・イオバルディとは

ネイサン・イオバルディ(Nathan Eovaldi)は、1990年2月13日生まれの24才(2014年5月10日現在)。身長が6’2″(188cm)。

ノーラン・ライアンの高校の後輩

2008年アマチュア・ドラフトでドジャースから11巡目でピックされ、プロ入り。テキサス州・ヒューストン出身で高卒後のプロ入りでした。

出身校のAlvin HS(アルビン・ハイスクール)は、ノーラン・ライアンの母校でもあります。

イオバルディは、2008年はルーキー・リーグで過ごし、2009年はシングルAに昇格。26試合、96.1イニング、3勝5敗、ERA 3.27を上げました。

2010年は一時期ルーキーで過ごしたものの、大半はシングルAプラスで過ごし、そこでは16試合、85.0イニングを投げ、3勝5敗、ERA 4.30。

2011年はダブルAで開幕を迎え、20試合、103.0イニング、6勝5敗、ERA 2.62。その素材の良さから2011年8月にビッグ・リーグにコールアップ。

ドジャースでのデビュー戦で初登板初勝利

8月6日、ドジャースにてついにメジャーデビュー。21才の時です。この年齢でMLBのマウンドに上がるのは相当期待されている証拠でもあります。なんとこのデビュー戦が初先発の日となり、Dバックス相手に5回、77球、被安打4、失点2、奪三振7で初勝利を上げたのでした!(スコア)

2011年は10試合、6スタート、34.1イニングを投げ、1勝2敗、ERA 3.63。勝ち星はデビュー戦の1勝のみ。

マーリンズへ移籍

2012年はマイナーでスタート。5月29日にシーズン初登板を迎え、7月22日まで10試合に登板。勝てない時期が続き、1勝6敗。

そして7月25日にマーリンズへトレード。ドジャースが、マーリンズからヘインリー・ラミレスを獲得した時のトレード要員でした。ドジャースは他に左打者殺しのランディー・チョートも獲得。マーリンズにはイオバルディのほかにRHPのスコット・マガフが移っております。この年はかなり苦しみ、移籍後も3勝7敗、ERA 4.43。トータルで22試合に登板。4勝13敗、ERA 4.30とかなり苦しみました。ルーキー資格はこの年に超えました。

2013年は18試合、106.1イニングを投げ4勝6敗、ERA3.39。

BBレート改善の2014年

そのイオバルディが今シーズン、安定した投球を見せてくれています。この人の欠点だったのはズバリ、コントロール。

下記の数字は9イニング投げてどれだけ四球を出すかというBB9レート(9回 x 四球数/投球回数)です。

  • 2011: 5.2個
  • 2012: 3.5個
  • 2013:3.4個
  • 2014:1.2個

ご覧の通り、デビューイヤーはかなり四球率が高かったものの、徐々に改善。 2014年はまさに開花した!という素晴らしい数字を残しています。

5月5日時点ですが、7試合45.1イニングを投げ、四球がたったの6個。4月6日のパドレス戦、12日のフィリーズ戦では無四球を記録しています。

いい感じになってきましたね。

最大の武器はファストボール

この人の特徴はなんとってもスピードボール! 100マイルを出したところは見たことがないのですが、平均でほぼ97マイルという怖ろしいスピードを投げます。平均です。

例えば、2014年5月5日のメッツ戦ではこんな数字でした。

【球種:アベレージ (MAX) 球数】

  • Fastball:96.6 (98.7) 57球
  • Changeup:88.1 (89.5) 4球
  • Slider:87.8 (89.8) 39球
  • Curveball:77.2 (78.1) 7球

真っ直ぐとスライダーという横の変化で勝負する投手です。今年はカーブも投げていますね。120キロ前半のスピードですから、これは速度差がいい感じになってきました。

カーブも精度アップ中

今シーズン、マーリンズの期待の若手です。昨シーズンブレイクした、ホセ・フェルナンデスにカーブを教わったのかもしれませんね!

現地2014年5月10日行われたパドレスとのゲームでは5.0回、被安打7、失点2で勝ち星はつかず。残念ながら四球を4つ出してしまいました。球数が多くなったので早めに降りたようです。

このゲームはイオバルディの調子が悪かったためか、マーリンズはマーモル(元カブスのクローザー)が打たれ、3-9で敗れました。ケガから復帰したパドレスのチェイス・ヘッドリーが活躍しました。

イオバルディ、いい投手ですよね(^^)

いい投球を継続してもらいたいですね。

お読みいただき、ありがとうございました

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
タイトルとURLをコピーしました