スポンサーリンク

【MLB2024FA】タイガース、シェルビー・ミラーと1年契約でサイン!ブルペンが豊富に!

2023年の成功をもって、DETのブルペンに!

 現地2023年12月22日、デトロイト・タイガースはドジャースからFAとなっていた右腕のシェルビー・ミラー(Shelby Miller/33)と1年契約でサインしたと発表。すでにオフィシャルです!

 2023年、ドジャースで成功を収めたシェルビー・ミラーはタイガースのブルペンを支えることとなりました!

 なお、ドジャースの18番をつけていたのがシェルビー・ミラーです。そのまま山本由伸投手に渡りそうですね。

契約内容

 タイガースとシェルビー・ミラーの契約は以下の内容です。ちょっと情報量は多いですが、パフォーマンス・ボーナスの設定が細かいだけです。

  • 1年/$3M保証(2024) + オプション
    • 2025 $4.25M クラブオプション($0.25Mバイアウト)
    • パフォーマンス・ボーナス
      • 2024: $1.175M
      • 2025: $1.15M
        • 50/55/60試合登板ごとに +$0.1M =$0.3M
        • 65/ 70試合登板クリアーで +$0.125M = $0.25M
        • クローザー・ロールなら、40/45/50/55試合を締めるごとに +$0.15M = $ 0.60M
    • 2025年のベース・サラリーは2024年に以下の内容で達成した場合、最大+$1.4Mベースアップ
      • 50/55/60試合登板ごとに +$0.1M =$0.3M
      • 65/ 70試合登板クリアーで +$0.15M = $0.3M
      • 40/45/50/55試合を締めるごとに +$0.2M = $ 0.80M

2023年のシェルビー・ミラー

【YOUTUBE】Shelby Miller’s Journey Through the Majors – Backstage Dodgers Season 10 (2023)

 現地2022年11月末にドジャースがシェルビー・ミラーとの契約に合意したとき、これは大丈夫か?と失礼ながら思いました。しかもメジャー契約です。どうして心配したかの理由は下記に書かせていただいているのでぜひご参照を。

ドジャースの見立ては正解だった!

 もともとは素晴らしい右腕だったシェルビー・ミラーですが、2015年からは本来の姿とは程遠い苦戦の投球が202年まで続いていました。しかし、ドジャースが魅力を感じた理由は、2022シーズンのマイナーの登板にあり、ヤンキースのAAAで16試合、21.0イニングでERA 1.71をマーク。奪三振は25。さらにジャイアンツのAAAでは、27試合、32.1イニングで奪三振44をマーク。SO9は12.2です。 

 2022年、ジャイアンツでの登板でSO9 18.0をマーク。ドジャースは復調を示すものであることを期待し、メジャー契約を結んだのでした。

 その結果、シェルビー・ミラーは2023シーズンの開幕から7試合連続でスコアレス・リリーフを展開。4月は11試合に登板して2失点のみ。5月以降、6月15日まで14試合に登板し、18.0 IPでERは6でこの期間だでもERA 3.00。

 ただ、6月半ば以降、首を傷めこれが約2ヶ月半継続。その間、15Day ILから60 Day ILへ移されておりました。

 ようや復帰した8月31日からの最後の1ヶ月は、11試合、12.0 IPでERは0で、ERAは0.00。

 結局、2023シーズンは離脱はしたものの、36試合を投げ、1試合のみ先発。12試合のゲームを締めて、ERAはたったの1.71。BB9は4.1でSO9は9.0をマーク。

 ドジャースの見立ては正解だったということですね。

タイガース、ピッチャーが揃う

 このオフ、割と積極的に動いているタイガースは、先発ローテーションで前田投手とジャック・フラハーティーを獲得。

 これでタイガースのローテーションは、前田投手、ジャック・フラハーティー、マット・マニング、アレックス・ファエド(Alex Faede)、リース・オルソンがその候補。

 タイガースはブルペンもすでに補強済み。2023年はDバックスからブルワーズに移籍し、ブルワーズからFAとなっていたアンドリュー・チェイフィンを獲得しています。

 タイガースは2023年はブルペンも良かったです。アレックス・ラングは67試合でERA 3.68、26SV。タイラー・ホールトンは59試合でERA 2.11。ジェイソン・フォーリーに至っては、70試合でERA 2.61をマーク。ホセ・シスネロはFAとなっていますが、ウィル・ベストは48試合でERA 2.98。この面々にアンドリュー・チェイフィンとシェルビー・ミラーが入るわけです。

 シェルビー・ミラーは故障が多いので、また離脱する時期はあるかもしれませんが、それでもなかなかのメンバーだと思います。

 ALセントラルはロイヤルズの補強が目立っていますが、タイガースも負けてはいません。

 2024年は面白い存在になりそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】ジャイアンツがマット・チャップマンを獲得
【MLBプロスペクト2024】パイレーツ、ポール・スキーンズがいきなりの102mph投球
【祝】ドジャースの大谷翔平選手が結婚を発表
【MLB2024FA】カージナルスが名手ブランドン・クロフォードと1年契約でサイン
【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約
【MLBトレード2024】ツインズがマニュエル・マーゴットを獲得
【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ
【MLB2024FA】コディー・ベリンジャーはカブスに復帰!3年/80Mドルで合意へ
【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長
【MLB2024FA】「プロスペクト台頭まで!」タイガースがジオ・ウルシェラを獲得
【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
タイトルとURLをコピーしました