スポンサーリンク

【MLB2019】”HRチャンプ2回”オリオールズのクリス・デービス、53打数連続ヒットレス

MLB 記録と賞

53 At bats 0 hit

下の方に追記があります。

オリオールズのクリス・デービス(Chris Davis )が深刻です。

現地2019年4月11日、アスレチックスと対戦中のオリオールズのクリス・デービスは7番1Bでスタメン起用。

この日も3−0

今日こそはと臨んだゲームでしたが、結果は残酷にも無安打。

もはや泥沼を通り越して本人もどういう状況かわからなくなっているのではないでしょうか??

ここまで来ると普通の選手ならメンタルがやられてグランドに立っていられないと思いますが、クリス・デービスは気力を振り絞ってゲームに出ております。

最後のヒットは2018年9月14日

気の毒に思うくらい長いトンネルに入ってしまったクリス・デービスが最後にヒットを放ったのは2018年9月14日のホワイトソックス戦。

第1打席で2塁打を放ち、それが最後のヒットです。

その日の第2打席以降の3打数(At Bat)と2018シーズンの5試合分の18打数(At Bat)、そして2019シーズンの4月11日までの11試合分の29打数(At Bat)で計53打数連続でヒットレスを更新中です。

これは本当にメンタルに悪いですね。

かつてのHRチャンプ

Chris Davis Stats | Baseball-Reference.com
2020: 0 HR, .115 BA, 1 RBI,Career: 295 HR, .233 BA, 780 RBI, 1B/3B/RF, AllStar, Orioles/Rangers 2008-2020, b:L/t:R, 2x HR Leader, born in TX 1986

クリス・デービスはかつてのHRチャンプで、2013年と2015年にタイトルを獲っています。2013年が53HR、2015年が47HR。

今季を含め、MLB12年で283HR。

もともとHRバッターゆえに、こういう事態になるとなかなかトンネルを抜け出せませんね。

ベレスの47−0を大幅更新中

MLB史上、ポジション・プレーヤーがここまで連続してヒットを打てなかったのは、ユーティリティープレーヤーだったエウヘニオ・ベレスが樹立した2010年から2011年にかけての46打数連続ヒットレスが最長。

クリス・デービスは現地2019年4月9日ゲームで47−0となり、その記録超えをすでに果たしています。

出口が見えない中、まだまだ更新しそうな雰囲気です。

よくNO-NOの時に、「アナウンサーはその話題を口にしてはいけない、なぜなら記録が未達となるジンクスがあるから」と言いますが、今回色んな人がこれを話題にすることでそろそろストップがかかるかもしれません。

とは言え、今季のサラリーが1,700万ドルもあるのがネックで、余計に同情されないという悪い面も。

筆者がもしもこの立場なら、かなり厳しいとしか言えませんね。

追記:54 At Bats−0 Hitに

現地2019年4月12日、レッドソックス戦に臨んだオリオールズですが、クリス・デービスはベンチスタート。

9回表2アウトから代打で登場。不気味というしかなかったのですが、ランナーがいなかったのがレッドソックス側からすれば救いでした。

打球コースといいヒット性の当たりでしたが、シフトを敷かれていたので万事休す。結局54打数ヒットレスと記録を伸ばしてしまいました。

個人的に興味があるのは、ここまでうまく行かない人がどういうきっかけでよくなるのかを見てみたいという点です。本当に興味深いです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました