スポンサーリンク

【MLB2018】引退を表明したジョー・マウアー。イチローさんとデッドヒートの年も。

ジョー・マウアーが引退

身分的にはFAとなっていて、去就が注目されていたツインズのジョー・マウアー選手( Joe Mauer)が現地2018年11月9日、現役引退を表明しました。

まだ35才なんです。早すぎる引退を惜しみつつも、キャッチャーというポジションの消耗の激しさも感じざるを得ません。

輝かしい打撃

「ミートのうまい左打者」、「安打製造機」などジョー・マウアーの凄さを一言で表わすとありきたりの言葉ですが、その表現がぴったりと当てはまる活躍をした選手だと思います。

「捕手で左打者」というと元NYYのホルヘ・ポサダを思い出します。ホルヘ・ポサダはMLB17年で安打数1,664、HR275、RBI 1,065、AVG .273。しかし、ジョー・マウアーは通算打率が3割超えの.306、安打数に至っては2,123を数えます。HRこそ143でポサダには及びませんが、いかに好打者だったかというのがよくわかると思います。

2塁打の数428本は、ツインズ歴代で1位。あの殿堂入りのカービー・パケットの414を超えています。カービー・パケットは安打数は2304、打率は.318でマウアーを上回っています。12年のキャリアの短さから言ってもやはりすごい選手なのですが、マウアーの場合、キャッチャーですから、この辺は非常にいい勝負と言うのが正解かと思います。

マウアーのキャリアスタッツ

マウアーのアウォード歴は、MVP1回、オールスター6度、ゴールドグラブ賞3度、シルバースラッガー賞5度、首位打者3度というすごさ。

マウアーの略歴

地元出身

ジョー・マウアーは2001年アマチュアドラフト1巡目でツインズに入団。セントポールの出身で地元中の地元という選手でした。ツインズはこの年、全体1位で選手を指名できる立場にあり、マーク・プライアーを1巡目指名しようとしていましたが、条件が合わずにマウアーに変更しました。マウアーもフロリダ州立大学の入学が決まっていましたが、ツインズに入団を決めました。双方ともにいいご縁があったんですね。

MLBデビュー

メジャーデビューは2004年4月5日。オープニングからゲームに出たことになります。そして上の表のようなキャリアを誇っております。

怪我

怪我の方ですが、2009年になる前のオフに腎臓を手術、この年は背中の痛みなどもあり戦列復帰は5月だったにもかかわらず、オールスター、MVP、GG、SSとキャリア最高の年を過ごしました。

2013年に試合中にファウルチップがあたって脳震盪を起こし、2014年シーズンから捕手のポジションの消耗度も考慮され、キャッチャーを守ることがなくなり、打撃に専念となりました。

アメフト

高校時代、アメフトでQBを務めていて、捕手のポジションはQBに似ていると考えていたことから、捕手を離れることは本人にとっても大きなキャリアチェンジになったと思います。

そして、ジョー・マウアーで忘れてはいけないのがイチロー選手ですね。

マウアー vs イチロー選手の激しいデッドヒート

ジョー・マウアーのキャリアの旬は2008/2009/2010年の25才、26才、27才の時と言ってもいいかもしれません。もっとも2013年のシーズンでも打率2位に入る好成績を残しておりますが、やはり上記の3年だと言えるでしょう。

イチロー選手の2008/2009/2010年の3年間はすでに34才、35才、36才の年齢に達しておりました。数々のアウォードを受賞しているイチローさんが最後にGG賞受賞とASG出場を果たしたのが2010年でした。

いみじくもイチローさんがメジャーデビューした年にマウアーがドラフト指名されていることを考えると縁もあるのかなと思ってしまいます。

イチロー選手との首位打者争い

この間ですが、2人のデッドヒートはこのようなものでした。マウアーは2006年に首位打者に輝いているので、2006、2008、2009、2010の打撃を見てみます。

【打率   2006/2008/2009/2010  カッコはALでの順位】

  • マウアー : .347 (1) / .328 (1)/.365 (1)/.327(3)
  • イチロー   : .322 (6) / .310 (7)/.352 (2)/.315(7)

【安打数  2006/2008/2009/2010  カッコはALでの順位】

  • マウアー: 181 (-) / 176 (-) / 191 (6) /167 (-)
  • イチロー: 224 (1) / 213 (1) / 225 (1) / 214 (1)

安打数はイチロー選手が大きく上回っておりますが、2009年に首位打者争いで激しく競り合いました。MLBファンの間ではやきもきした年でしたね。来年が2019年ですからちょうど10年前ですね。

ペドロイアとの争い

その前年の2008年、ジョー・マウアーが打率を競っていたのはレッドソックスのペドロイアで、マウアーの.328に対してペドロイアが.326という僅差での勝利でした。

ジョー・マウアーがもう見られなくなるのは切ないですね。

捕手で左の好打者ということで、センスしか感じなかったジョー・マウアー。高い身長でHRよりも安打が多かったというのが余計にそう思わせました。

お疲れ様でした。今後は指導者への道を進むと思われます。近い将来、監督になりそうですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました