スポンサーリンク

【MLB Pre 2018】開幕前でのリリーフ・ピッチャー・ランク1位にジャンセン、7位にMILのクネイブル

Pre 2018

MLBネットワークがランク付けするオフシーズン企画、現時点でのポジション別トップ10のランキングでリリーフ・ピッチャー部門が発表されました。

1. ケンリ−・ジャンセン(Kenley Jansen) LAD

2. アンドリュー・ミラー(Andrew Miller)CLE

3. クレイグ・キンブレル(Craig Kimbrel)BOS

4. チャド・グリーン(Chad Green)NYY

5. アーチー・ブラッドリー(Archie Bradley)ARI

6. ザック・ブリットン(Zach Britton)BAL

7. コーリー・クネイブル(Corey Knebel)MIL

8. アロルディス・チャップマン(Aroldis Chapman)NYY

9. ブラッド・ハンド(Brad Hand)SDP

10.ライセル・イグレシアス(Raisel Iglesias)CIN

ケンリー・ジャンセン

ケンリ−・ジャンセンは上の動画でボールが動きまくる様子がよくわかります。なんと言っても2年連続ERAが1点台というのがすごいです。2017シーズンに至っては1.32!

レギューラー・シーズンで無敵すぎて緊迫した登板が少なかったため、ワールドシリーズではちょっとはらはらした場面がありましたが、もうこのランキング通りのピッチャーですね。今季は30才のシーズンを迎えます。通算230セーブ。

アンドリュー・ミラー

アンドリュー・ミラーが2位に入っています。2016シーズンのポストシーズンではどのチームも打てる気がしなかった左腕ですね。2017レギューラー・シーズンのERAは1.44。大事な場面でのセットアップが任されるので、セーブなどの目立つスタッツは出ませんが、監督にとっては頼もしい存在だと思います。

クレイグ・キンブレル

キンブレルは言わずもがなですね。2017年は35セーブ。通算291セーブ。腕のケアもしっかりしているんでしょうね。毎年60から70試合に登板しています。2018シーズンは30才。

チャド・グリーン

チャド・グリーンの剛球はこちら

アーチー・ブラッドリー

アーチー・ブラッドリーは先発にして欲しいのですが、どうやらリリーフの方が適正があるようです。

ザック・ブリットン

筆者が好きなのがザック・ブリットン。いい投げ方をしているなと思います。2016シーズンのERAが0.54(67イニング)という驚異的な数字!しかし、2017シーズンは2.89に(37.1イニング)。今季再び驚異的なピッチングを見せてくれるかですね。

コーリー・クネイブル

あとまた個人意見で申し訳ありませんが、もっとも好きな投げ方をしているのがブルワーズのコーリー・クネイブル(実況ではクヌーベルと言ったりします)。本格派で右肩を下げて腕が縦振りというのが元阪急の山口高志さん(古い?)みたいで好きです。2013年アマチュア・ドラフト1巡目(タイガース指名)の投手でメジャー4年を経験しました。2017シーズンは76試合、1勝4敗、39セーブ、ERA1.78。期待したいです。

アロルディス・チャップマン

アロルディス・チャップマンが8位。2017シーズンは22セーブ、ERA3.22とちょっと打たれてしまいましたが、やはりこの人が出てくれば相手チームは脅威です。

ブラッド・ハンド

パドレスのブラッド・ハンドが9位に入りました。今季28才のシーズンを迎えます。もともとはマーリンズ入団(2008)でしたが、2015年のオフシーズンにマーリンズがウェーバー公示に出して、パドレスが獲得しました。本当、マーリンズは選手の新陳代謝を図るのが好きですね(=非情過ぎ)。

パドレスに入った2016年にはなんと82試合に登板(ERA2.92)。2017年も72試合に登板。鉄腕です。パドレスに入って開花したようなところがあります。ちょっと立ち投げに見えるのですが、綺麗なフォームです。

ライセル・イグレシアス

10位にレッズのライセル・イグレシアスがランクイン。「キューバ投げ」と筆者は勝手に言っているのですが、ボールの重みやら腕の遠心力やらを利用してなおかつ腕を切れよくスイングしてくる投げ方です。腕の振りがいいので打者は戸惑うと思います。

実績のあるウェイド・デービスがもう一人の記者のランキングでは入っていたり、やはり人の好みの要素もあります。ロッキーズのジェイク・マギーも入れてほしかった。ロイヤルズのケルビン・ヘレーラは2017年に4.25 ERAになってしまいましたので、入っていないようですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
タイトルとURLをコピーしました