スポンサーリンク

【ERA0.95!】A’sの2018PS進出の鍵を握る投手、ブレイク・トライネンがすごい

 

現地2018年8月6日、アスレチックスはゲームはありませんでしたが、本日はアスレチックスの話題です。

 

アスレチックスはここのところ絶好調で6連勝中。

 

好調アスレチックスのキーマンは何人かいて、例えば

  • そもそもキャッチャーにジョナサン・ルクロイがいること自体が守りの安定感につながっている
  • 31HRのクリス・デービス(DH)、22HRのマット・オルソン(1B)が相手に脅威を与えている
  • 長短打、選球眼ともにバランスのいいマット・チャップマン(3B)、ジェド・ラウリー(2B)がゲームを面白くしている

(成績は現地2018年8月6日時点)

 

など、活発な攻撃陣の名前が上がります。

 

しかし、守りの方では先発ローテがちょっと弱いんですね。

 

ショーン・マナエアが10勝7敗でチームの勝ち頭なのですが、あとは10勝には程遠い数字。

 

途中加入のエドウィン・ジャクソンが隙間を埋めたり、ここに来てトレバー・ケイヒルの調子が上がってきたりしていますが、それでも”帝国”ヤンキースのローテーションなどとは比較になりません。

 

A’s Rotation stats 2018-08-06
RkPosNameAgeWLERAGIPSO/W
1SPSean Manaea*261073.3823141.13.77
2SPDaniel Mengden (40-man)25664.471690.22.89
3SPTrevor Cahill30423.121375.03.26
4SPFrankie Montas (40-man)25533.751057.22.05
5SPBrett Anderson*30234.64942.21.91
6SPAndrew Triggs (60-day dl)29315.23941.12.39
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 8/7/2018.

 

そんな中で、現地2018年8月6日時点で67勝46敗でア・リーグ西地区2位につけ、72勝の首位アストロズに4.5ゲーム差に迫り、ワイルドカード・スポット2枠目内につけているのは何と言ってもリリーフ陣の活躍にあります。

 

下の表はすべてのリリーバー陣の成績です。すべての投手をリストしておりませんが、主要なリリーバーだけでこれだけいて、先発の早期ノックアウトや、重大な局面の対応に当たっています。

 

A’s reliever stats  2018-08-06
PosNameAgeWLERAGGFSVIPHSO
CLBlake Treinen30520.9547382857.03775
RPYusmeiro Petit33523.10539069.25857
RPLou Trivino26811.16459454.13062
RPEmilio Pagan27303.524012046.04145
RPRyan Buchter*31203.65313024.22427
Chris Hatcher33324.243011034.03928
Ryan Dull28005.89213018.12117
Jeurys Familia28200.006108.048
J.B. Wendelken25001.595105.247
Provided by Baseball-Reference.com: View Original Table
Generated 8/7/2018.

 

中でもすごいのはクローザーのブレイク・トライネン

 

アスレチックスはこのトレードデッドラインでメッツからジェウリス・ファミリアを獲得しましたが、やはりチームのクローザーはブレイク・トライネンでした。

 

ブレイク・トライネンはもともとナショナルズにいた投手で、ナショナルズの課題であったクローザーも任されかけかましたが、役目を全うできずに2017年途中にオークランドへ移籍してきました。登板試合数自体はこなしていたのですが、最後が任せられないという感じでした。

 

オークランドに行ってだめだったら、選手生命が危ういなと思っていたのですが、それは全く要らぬ心配で、移籍して覚醒しました!

 

もともとの持ち球はファストボール、シンカー、チェンジアップ、スライダー。ファストボールとシンカーが96から99マイルほど出ます。チェンジアップとスライダーがだいたい80マイル後半。

 

今はカットボールを加えています。そのカットボールの効果か、シンカーとスライダーまで鋭さを増しています。

 

これはシンカーです。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

 

スライダーとシンカーのキレがよくわかる26セーブ目の動画です↓。

 

 

カウント球にカットボールを使うことでコントロールの不安が消えたのだと思います。だから決め球のスライダーもシンカーも腕を振って投げられるようになったと。

 

動画が三振奪取のシーンばかりなので、肝心のカットボールのシーンが見つからず、すみません。

 

ブレイク・トライネンのすごいところはクローザーとしての成績です。

 

セーブ数は28で、両リーグ通じて6位ですが、イニング数はNO.1の57.0。これだけのイニングをこなしながら、ERAが脅威の1点未満、0.95! これはダントツの数字です。

 

NameTMWLSVGmIPERA
1E・ディアスSEA03425555.01.96
2C・キンブレルBOS21334646.02.35
3W・デービスCOL15325047.04.98
4K・ジャンセンLAD03315053.12.19
5A・チャップマンNYY30294644.02.25
6B・トライネンOAK52284757.00.95

 

アスレチックスはトライネンがこの調子をキープする限り、ポストシーズン進出の可能性が高まります。

 

なお、アスレチックスはナショナルズを癇癪でクビになったショーン・ケリーを獲得し、ブルペン強化を図りつつも、タイガースからマイク・ファイヤーズを獲得し、ローテーションにもテコ入れしています。

 

ビリー・ビーンGMは少ない予算ながらも盤石の体制を整えています。

 

【MLB2018】ショーン・ケリーがタントゥラム(癇癪)でDFAに!トレード選手のデビュー戦も
現地2018年8月1日、トレードデッドラインで移籍が決まった選手たちが早速新しいジャージ姿を見せてくれております。 ...

コメント

NEW

【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
タイトルとURLをコピーしました