スポンサーリンク

【MLBエピソード】トレバー・バウアー、30万ドルのマクラーレンが破壊される!(エピソード集あり)

幸いにも怪我人無し

 現地2019年11月28日のお話です。

 シンシナティ・レッズのローテション右腕でピッチングへのサイエンティフィック・アプローチ、多彩な変化球、威力抜群のファストボールなど投手としての高い評価もさることながら、エピソードにも事欠かないトレバー・バウアー(Trevor Bauer)がまたしてもエピソードを1つ増やしました。今回のエピソードは本人がコントロールできない出来事です。

30万ドルのマクラーレンが全損

 事故が起こったのは現地2019年11月26日の火曜日。ヒューストンのハイウェイを走っていたセミトラック(大型の貨物自動車)からルージュタイア(おしゃれなホイールのタイヤ)が落下。ハイウェイの6レーンを横切りロードサイドにあるマクラーレンの販売特約店へ。タイヤは壁を傷つけ、二重ガラスを突き破りトレバー・バウアーのマクラーレンに直撃。

 下記は同モデルの”2016 McLaren 650S”の動画です。

バウアーのマクラーレンはディスプレーされていた

 トレバー・バウアーの所有する”2016 McLaren 650S”はこのお店に飾られていたのでした。そしてご覧のような惨状に。

 ”2016 McLaren 650S”の価格は$300K(30万ドル)。日本円にして約3,200万円以上!こちらは保険により支払われる見込み。よって、バウアーは特に焦ることもなく余裕で、ひたいには漫画で見るような縦の三本線は生じなかった模様です。むしろゾッとしたのはセミトラックのドライバーでしょうね。

 それにしても誰も怪我人も出ず、物損だけで済んだことは不幸中の幸いですね。

どうしてヒューストン?

 トレバー・バウアーの出身はカリフォルニア州。過去所属したのはDバックス、インディアンス、レッズ。どうしてヒューストンのマクラーレンのお店にディスプレーされていたのかは不明。

 バウアーはSNS上でアレックス・ブレグマンをいじったりしていたのでアストロズファンからは結構嫌がられています。

 嫌われている理由はフィールド外の出来事だけでなく、フィールド内においてもそうで、バウアーはアストロズを得意としており、通算キャリアで9試合に登板し、8勝0敗!ERAは 2.90で打率も.191に抑えています。

3度目の調停

 2019シーズンでMLB8シーズンを過ごしたバウアーですが、MLSは2020年1付きで5.158。FAは2020シーズン終了後で今オフは3回めの調停。

 2019年は調停で$13Mを勝ちとったバウアー。2020年のサラリーは$18Mにセットされるとの情報もあります。

2019シーズンのバウアー 

 トレードデッドラインでインディアンスからレッズへ移籍した2019年のトレバー・バウアーですが、今季は2チーム合わせて34試合に登板。213.0イニングを投げ、11勝13敗、ERA 4.48、WAR 1.5。

 勝利数のキャリアハイは2017年の17勝9敗。ERAのキャリアハイは2018年の2.21。

 2020年も進化しそうなバウアーに期待したいと思います。

バウアー・エピソード集

簡単にバウアーのエピソードを記しておきたいと思います。

  • 2016年のALCSで趣味のドローンをいじり、右手の小指を大きく切り、流血しながら登板。
  • 物理学などを駆使し、独自のチェンジアップを開発。
  • ツイッターにツッコミを入れてきた女子大生を論理的に追い込んでぎゃふんと言わせる。
  • 2017年にアストロズ投手陣の変化球の曲がりが不自然とツイート。そのやりとりの中でアレックス・ブレグマンがバウアーの名前をチームメイトのテイラーと間違えたことで、そこからは品のある感じのお笑いの応酬に発展。
  • 2018年は69日間どこかに寄付をするキャンペーンを実施。
  • 2019年、バックスクリーンへ大遠投。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました