【MLB2017】スーパープレー満載のお宝の日!

スーパー・プレーがたくさん出た日

2017年5月6日は不思議な日で、スーパープレーばかりが出ております。

それをまとめた動画がありますので、共有させていただきます。

インディアンスVSロイヤルズの好ゲーム

その他、インディアンスVSロイヤルズのゲームがなかなか好ゲームだったので、こちらも記載させていだきます。

現地2017年5月6日は土曜日のゲームということで、ナイターが多いのかと思いきや、デーゲームの方が多かったですね。

カブスVSヤンキースにも注目していたのですが、いいゲームだったということで今日はロイヤルズVSインディアンスのゲームについて書かせていただきます。

いい選手が残っていながらも、完全に2015年のワールドシリーズ・チャンプの勢いがなくなってしまったロイヤルズですが、現地2017年5月6日のゲームはチームの軸となったゲーム終盤の投手が打たれてしまいました。

ジョシュ・トムリンが好投

1-1の締まった展開でゲームは進みました。インディアンスはジョシュ・トムリンが先発。7回を被安打3、失点1にまとめる素晴らしいピッチングを見せてくれました。

ロイヤルズは今季から本格復帰したジェイソン・バルガス。この人がいるから、ロイヤルズの先発ローテは回っているようなものですね。

ジェイソン・バルガスも好投

バルガスは6回を被安打4、無失点に抑えて降板。

ロイヤルズはなんとか失点を凌いでいたのですが、8回についに抑えきれず失点。ホアキン・ソリアが被安打3を浴び、1失点を喫してしまいました。

ロイヤルズはなんとかジョシュ・トムリンを攻略したかったところですが出来ませんでしたね。

インディアンスは8回にアンドリュー・ミラーが出てきて完璧なピッチングを見せました。これでロイヤルズの流れは断ち切られたように思います。

ケルビン・ヘレイラが打たれる

ロイヤルズは豪腕のケルビン・へレイラを最終回のマウンドに送りますが、なんと2ホームランを浴び、ゲームが決まってしまいました。

ケルビン・へレイラはまだまだ100マイル近いスピードが出ているのが救いですが、ロイヤルズにとってゲーム後半で勝ち越されるというのはここ3年ほどの勝ちパターンが崩れてしまったということで、戦略を立て直さないといけないかもしれません。

もっとも、いい野手陣がいるのですから、なんとか中盤までに打ち勝って、終盤につなげたいところですね。そうそううまくいくものでもないのですが・・・。

カルロス・サンタナに至っては腰の座ったすごいスイングを見せています。

リキャップです。

【動画】Recap: CLE 3, KC 1

お読みいただき、ありがとうございました。

Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク