スポンサーリンク

【MLB好プレー2019】ロイヤルズのビリー・ハミルトンがそのスピードを見せる!メリフィールドは30試合連続安打!

B・ハミルトンのスピードはさすが!

現地2019年4月9日は話題満載の日だったのですが、さすがにこの好プレーは取り上げておかないとと思いましたので、記事にさせていただきます。

ロイヤルズはア・リーグ西地区首位のマリナーズとのゲーム。

マリナーズが2-1と1点リードの3回裏、そのすごいプレーは出ました。

B・ハミルトン、セカンドからタッチアップで生還

ビリー・ハミルトンが塁に出ましたので、ゲームの流れからしても、ここは同点に追いついておきたいロイヤルズ。

ちなみにビリー・ハミルトンはLFのドミンゴ・サンタナのエラーで出塁しておりました。マリナーズ、またしてもエラーがついてしまいましたね。

その状況でバッター、アダルベルト・モンデシー。元ドジャースのCF、ラウル・モンデシーの息子さんですね。

モンデシーの当たりはCFのマレックス・スミスの後方をおそう大飛球に。難しい当たりでしたが、さすがのマレックス・スミスはこの飛球に対応。見事フェンス前でキャッチに成功。

ここまではよかったのですが、マレックス・スミスはセカンドランナーがビリー・ハミルトンにもかかわらず、膝をついてしまいます。

そのすきにビリー・ハミルトンはコーチの指示通り、何のためらいもなくホームへ激走。このスピードは本当に早かったです。マリナーズの懸命な中継プレーにもかかわらず、ビリー・ハミルトンは一気にホームイン。

まさしく韋駄天ぶりを発揮し、セカンドベースからのタッチアップに成功したのでした。

まだまだゆるいマリナーズなのでした。

そして、もう1つロイヤルズの話題があります。

W・メリフィールドが30試合連続安打を記録

日米野球にも参加したロイヤルズのウィット・メリフィールドが打撃好調です。このゲームにおいても5打数2安打を放ち、今季の打率が.349。

そして2018シーズンから続くヒットストリークを30試合に伸ばしました!

ジョージ・ブレットと並ぶ

30試合連続安打はロイヤルズ史上では、あのジョージ・ブレットが1980年に達成したフランチャイズ・レコードとタイ。

このまま数ゲームはこの記録を伸ばしそうです。

追記

現地2019年4月10日、ウィット・メリフィールドはヒットストリークを31に伸ばしました!しかも抜群にうまい、セイフティー。これはかっこいい!!

マリナーズ11勝2敗!

ロイヤルズの2人にフォーカスした記事でしたが、実はゲームはマリナーズが6-3で勝利しました。

スコア
The Official Site of Major League Baseball

マルコ・ゴンザレスが3点を奪われながらも6イニングを投げ切ってゲームメイク。ブルペンの負担を軽減しました。

マリナーズはこの日もHRが出ています。東京開幕以来、13戦連続でHRが出ております。

エラーが多かったり、マレックス・スミスであってもゆるいプレーが出てしまうマリナーズですが、打線は本当に好調です!

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク