スポンサーリンク

【好プレー】難しい当たりも超イージーに見せてしまうロビンソン・カノーのプレーが早く見たい

2020年、キャリア終盤の活躍に期待

 現地2020年4月6日、MLBの開幕はまだまだ見えない状況で、ファンとしてはかなり飢えを感じているところではあります。

 そんな中、難しい当たりも軽くさばいてイージーな処理に見せてしまうロビンソン・カノー(Robinson Canó)のプレーが見たくなりました。

 ゴロ処理の正確さ、バッターランナーと自身の肩を瞬時に計算して余裕をぶっこいているかのごとく見せるスローイングはやはり彼の魅力ですね。

ヤンキース時代

 1982年10月22日生まれのロビンソン・カノーはドミニカ共和国出身で2020年は37才のシーズンを迎えます。2001年、アマチュアFAとしてヤンキースとサイン。

 デビューは2005年5月3日のデビルレイズ戦。22才の時でした。ヤンキースには2005年から2013年まで9年間所属。その間、ROY2位(2005年)、4年連続を含むオールスター5度の出場。2Bとしてのゴールドグラブ賞2度(2010年、2012年)、4年連続を含む5度のシルバースラッガー賞受賞(2006年、2010年−2013年)、2Bとしての出場試合数1位が3度(159試合:2008、161試合: 2009、154試合:2012)。

 年齢的に22才から30才の間でしたからキャリアとしてもっとも旬な時期がヤンキース時代でした。

マリナーズ時代

 2013シーズン終了後の10月にFAとなり、マリナーズとサイン。10年/ $240Mの超大型契約でした。

 マリナーズには2014年から2018年まで、5年間所属。 移籍1年めの2014年、移籍2年めの2016年と3年めの2017年にオールスターに出場。キャリア通算8度のオールスター出場となりました。

80ゲームのサスペンションも

 マリナーズ最終年となった2018年は80試合出場にとどまりました。2014年と2016年にはMVP投票で5位と8位に入った実力者としては物足りない成績に。もっともこの年はデッドボールで指を骨折したこともありましたが、5月半ばから8月半ばまで、MLBの禁止薬物使用の罰則で80ゲーム、3ヶ月の離脱を余儀なくされたのでした。

現メッツ

 そして現地2018年12月3日、ブロックバスター・トレードでメッツに移籍。前年の禁止薬物の問題もありましたので気分一新としたかったところでもありました。

 しかし、前年よりは出場試合も増えたものの、このシーズンはハムストリングス痛や大腿部痛など足の筋肉の怪我が続き、107試合で打率.256というシーズンに。

 2020年は2月後半にスプリングトレーニングのゲームに出場。さあ、これからチューンナップしていくぞ!というタイミングでのスプリングトレーニング中断、シーズン延期となったのでした。

延期の影響をうまく利用して

 カノーの場合、足の筋肉のトラブルが続いたのでこのシーズン延期の間に徐々に仕上げてもらいたいと思います。

 今季は37才のシーズン。キャリア終盤であることは間違いありません。もう一花咲かせてもたいところです。

 なお、マリナーズとの10年契約をメッツは引き継いでいるのでカノーは2023シーズンまで契約が残っており、少なくともあと2年はメッツでよい結果を残してもらいたいと思います。

 2005年から2017年まで最低でも122試合、それ以外はほぼ150から160試合のフル出場に近い数字を残してきました。長年の疲れが足に来ているのかもしれませんが、2020シーズンの活躍に期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました