スポンサーリンク

【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う

見応えあるゲームの最後

 現地2024年5月31日、レッズ@カブス戦はなかなか面白かったですね!前半はカブスがリードする展開で進んだのですが、中盤にレッズが追いつき、さらに終盤でレッズが勝ち越し。そして最終回の攻防でカブスに同点あるいはサヨナラの芽があったのですが、それをエリー・デラクルーズがスーパー・スローを披露して阻止!まさに守備の力、強肩でチームの危機を救ったのでした。いいプレーでしたね!

不調のカブス、一矢報いるところだったが・・・

 前日のゲームが終了した時点で2連敗を喫していたカブス。5月22日からの8戦で1勝7敗とここのところ、大きくつまづていたのでした。これまでは最低でも今永投手が5日ごとにゲームメイクしてきましたが、その今永投手も雨天による登板スキップがあり、さらに現地2024年5月29日のブルワーズ戦でついにデビュー後初黒星。悪い流れが続いているのでした。

 しかし、この日のカブスはゲーム前半は優位に試合を進めました。

安定感のあるアサードが4回に追いつかれる

 カブスは4月に今永投手とともにローテーションで良い投球を続けていたハビアー・アサードが先発。このゲーム前までは4勝1敗、ERA2.17をマーク。一方のレッズはこちらもローテーションを守り続けているグラハム・アッシュクラフトが先発。

 先制点はカブスで2回裏に中軸が機能。イアン・ハップの2ランHRで先制しました。

 しかし、レッズは4回表に集中打を放ち、四球と3本のシングルで2-2の同点に追いつきます。ハビアー・アサードはこの日、6回途中で被安打5、失点2、自責点2、BB 3、SO 7という投球でしたが、打たれた5本のヒットのうち3本がこのイニングに集中しました。

スワンソンのオーバーラン

 カブスは4回裏に2アウトからダンスビー・スワンソンが二塁打。さらにピート・クロウ=アームストロングが2Bへ内野ゴロを安打を放ち、1、3塁のチャンスを作るところでした。ところが、PCAの打球で1塁でのアウトは無理と判断したレッズ2Bのジョナサン・インディアが3塁に送球。オーバーランしていたダンスビー・スワンソンが三本間に挟まれタッチアウト。せっかくの勝ち越しのチャンスを逃したのでした。これはランナーが三塁へ進塁する際の2Bの見せ場みたいなプレーで、当然SSのスワンソンが知らない訳がないのですが、大きく離塁していました。負けている時は焦りが出るのでしょうね。

 ただし、カブスは5回裏にコントロールに乱れが生じたアッシュクラフトから3四死球をもらい、さらに代わったフェルナンド・クルーズからも押し出し四球をもらい、相手のミスで勝ち越しに成功。

CIN: サンティアゴ・エスピナルが勝ち越しHR

 3-2とカブス・リードで迎えた7回表、レッズはカブスの2番手ドリュー・スマイリーを攻め立てます。先頭のジョナサン・インディアが四球で出塁し、レッズは打撃不振のウィル・ベンソンに代わり、サンティアゴ・エスピナルが代打に。そのエスピナルはドリュー・スマイリーの代名詞ともいうべきナックル・カーブを狙っていました。初球、甘く入ってきたそれを左中間スタンドに放り込む2ランHR!レッズが4-3とゲームをひっくり返したのでした。代打で逆転HRですから、エスピナルはすごい仕事をしましたね。レッズはその後、エリー・デラクルーズが出塁し、今季32個目のスティールを決めますが、追加点はならず。

レッズ、9回に追加点 

 レッズはさらに9回表に、ジョナサン・インディアの二塁打をきっかけに、1点を追加。これはHRを放ったサンティアゴ・エスピナルに送りバントをさせた上でのTJ・フリードルのタイムリー・シングルで、NPBのような野球で追加点を奪ったのでした。

エリー・デラクルーズのスーパー・スロー

 レッズは9回裏、守備固めを実施し、万全の体制で逃げ切りを図りますが、カブスも意地を見せます。

 先頭のピート・クロウ=アームストロングがRFへのシングルで出塁。さらに代打にマイケル・ブッシュが登場。レッズのクローザーのアレクシス・ディアスも飲まれ気味でした。しかし、アレクシス・ディアスは代打で出たニック・マドリガルを3塁ゴロに仕留めてまずは1アウト。ランナー1、3塁で鈴木誠也選手を迎えます。

鈴木誠也選手が1点差に迫る2塁打

 鈴木誠也選手は4球目の甘いスライダーをLF線に運ぶ二塁打を放ちます。これで3塁ランナーのPCAが生還。さらに打球コースが良かったのと地面に落下するまで多少時間が出来たせいで1塁ランナーのニック・マドリガルが、ホームを狙います。レッズLFのジェイコブ・ハートゥビーズ(Jacob Hurtubise)の捕球位置、中継に入ったSSのエリー・デラクルーズまでの送球を考えた時に、カブスが同点に追いついたと思いました。

 ところが、カットに入ったのはエリー・デラクルーズ。デラクルーズが捕球した時点でニック・マドリガルは3塁を回っており、タイミングはセーフになるはずでした。しかも送球がオフラインになることもしばしばですから。

 ところがエリー・デラクルーズの送球は三本間のちょうど真ん中当たりまで来ていたニック・マドリガルを別次元のような速さの送球で一気に追い抜き、悠々とホームでアウトに。しかも抜群の場所に収まったのでした。

 スタット・キャストの計測では93.3mph。すごかったですね。

 鈴木誠也選手はヒーローになりそこねてしまいました。

 ただ、この送球の間に鈴木誠也選手は三塁に進塁。2アウトながらまだカブスにチャンスがあり、しかもコディー・ベリンジャーの打席。カブスにチャンスがあったのですが、捉えたかのようなベリンジャーの打球は球速に押され、RF超えならず。RFフライに倒れ、ゲームセット。

 レッズがサヨナラの危機に瀕しながら、エリー・デラクルーズの送球でその芽を摘み、2点差を守りきったのでした。

MLB Gameday: Reds 5, Cubs 4 Final Score (05/31/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 レッズはこの勝利で25勝32敗。5月は9勝18敗と大きく負け越したのが響き、NLセントラルの最下位です。これから巻き返しなるか!というところです。打線がまだ機能しておりません。

 一方、カブスはこれで28勝30敗で借金2に。こちらもレッズ同様、5月は10勝18敗と大きく負け越し、気づけばカージナルスにも抜かれ3位になっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました