【好プレー2018】ディー・ゴードンが本職の2Bでダイビング・ストップを披露

良いなと思ったらシェアお願いします

息を吹き返してきたマリナーズの話題です。

現地2018年7月5日、マリナーズはエンゼルスと対戦。このゲーム、2Bのディー・ゴードンが活躍したんですね!!

カノーのDL入りで本職の2Bを守るようになったディー・ゴードンです。スコア4−1と3点リードしている8回表の守備で、なかなか見られないような素晴らしいダイビング・キャッチを披露。

これです↓。

ランナーが1,2塁にいたのでこれが抜ければ1点入り、ゲーム展開に大きな影響が出るところでした。

球際に強いいいプレーだと思います。

マリナーズはこのまま逃げ切り、4−1でエンゼルスを下しています。

このゲーム、大谷選手は9回表に代打で登場。ディアスの98.2mphのファストボールに空振りし、三振に終わりました。この日はこの1打席のみです。

マリナーズは、6月25日のオリオールズ戦以来、ここ10試合で9勝というハイペースで東海岸遠征で喫したヤンキース戦3連敗、レッドソックス戦1勝2敗の負け越しを取り戻しています。

単独2位で、首位アストロズを追いかけています!

現地2018年7月5日現在のア・リーグ西地区↓

  1. HOUSTON: 58-31
  2. SEATTLE: 56-32
  3. OAKLAND: 48-39
  4. LA ANGELS: 44-44
  5. TEXAS: 39-49
スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク