【ブルージェイズ2017】代打M・ストローマンとC・コグランのアクロバティックホームイン

ブルージェイズの好プレー2つ

こんにちは。

現地2017年4月25日は珍しいシーンが見られました!

カージナルスVSブルージェイズのゲームは、カージナルスがマイケル・ワカ、ブルージェイズがマルコ・エストラーダが先発。

中盤まではロースコア

両投手ともに中盤まで投げきり、ゲームは2-2のタイ・スコア。なかなかの好ゲームでした。

勝ち越し→同点の繰り返し

7回に入ってゲームが動き、ブルージェイズが2点を勝ち越すも、その裏、カージナルスがホセ・マルチネスの2ランHRで4-4の同点に。

ブルージェイズは9回にバティスタのシングルで1点を勝ち越すも、その裏カージナルスがデクスター・ファウラーのシングルで同点に。

5-5で延長に入ります。

迎えた11回表、ブルージェイズはそれまで小刻みに4人の投手をリリーフに立たせるごとに代打を送ってきたツケが回ってきます。

代打マーカス・ストローマン

1アウトから打席が回ってきたジェイソン・グリーリに代打を送る野手がいなくなりました。

そこでブルージェイズ・ベンチはなんとエースのマーカス・ストローマン(Marcus Stroman)を打席に送ります。

 これがなんと決勝点に絡んだんですね。

ご覧ください。

(2017年4月25日)

計算外の出来事

マーカス・ストローマンのまさかの2塁打をきっかけに、つづくスティーブ・ピアースの打球をうまく処理したカージナルスSSのアレドミス・ディアスでしたが、まさかの1塁悪送球。

1Bのホセ・マルチネスが悪いのか、ちょっと微妙なプレーでしたが、 ボールがファウル・グランドに転がる間にマーカス・ストローマンがホームインし、ブルージェイズが6-5と逆転。これが決勝点となりました。

計算外の出来事でブルージェイズが勝利をゲットしたという流れでした。

野球は本当にわかりませんね!

【動画】Recap: TOR 6, STL 5

アクロバティックホームイン

このゲーム、クリス・コグラン(Chris Coghlan)のこのようなプレーもありました。

結構、見どころ満載のゲームでした。

お読みいただき、ありがとうございました。


Amazon タイムセール

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク