スポンサーリンク

【MLB2019】オスカー・メルカドが逆転の芽を摘むスーパー・キャッチ

MLB好プレー

あわや大逆転の当たりをダイビング

現地2019年9月4日、ア・リーグ中地区のホワイトソックス@インディアンス戦が非常にスリリングな展開となり面白いゲームとなりました。

インディアンスは最大6点あった点差をあれよあれよと跳ね返され、2点差まで詰め寄られましたが、最後は今季デビューのルーキーが大ピンチを守備で救いました。

インディアンスが5回まで毎回得点

そこに至るゲームの流れですが、インディアンス打線が序盤から活発で、ホワイトソックス先発のイバン・ノバから4イニング連続で1点ずつをゲット。

5回裏にはフランミル・レイエスが34号となる2ランHRを放ち、前半5回を終えてインディアンスが6−2とリードします。

ホワイトソックスのイバン・ノバは4.1イニングで被安打11、失点6、自責点6、被本塁打1でマウンドを降りました。

シェーン・ビーバーがQS

一方、インディアンス先発はシェーン・ビーバーで2回表にヒットと犠牲フライで2点を失うも、失点はその回だけで7回を被安打6、失点2、自責点2、奪三振9のQS(クオリティー・スタート)。

深いイニングまで投げたこともよかったと思います。

インディアンスは7回裏にも台湾出身のルーキー、ユー・チャン(Yu Chang)2点タイムリーが出て8−2とリードを6点差まで広げました。

ホワイトソックスが終盤に猛追

ほぼゲームが決まりかけるような流れだったのですが、ホワイトソックスが意地を見せました。

8回表、この回からマウンドに上がったニック・グッディを攻め、ティム・アンダーソンがシングルを放った後、ホセ・アブレイユが2ランHRを放ち、4-8に。

ヨアン・モンカダもシングルで続きましたが、その後はタイラー・クリッパードが後続を打ち取り、失点を2点でとどめました。ひょっとしたらこのゲームのMVPはタイラー・クリッパードかもわかりません。

CLE、9回表にあわや大逆転のピンチ

そして上の動画のスーパーキャッチが出た9回表。

この回から代わったクローザーのブラッド・ハンドがまずは先頭打者を三振に仕留め1アウト。

しかし、つづくレウリー・ガルシアにシングルを許した後、ティム・アンダーソンに2ランHRを浴び、6-8と2点差に迫られます。

ホセ・アブレイユにはシングルを許し、ヨアン・モンカダには四球を与え1アウト1・2塁のピンチに。

この時、ハンドは主審が微妙なコースを全てボール判定することに苛立ちを隠せず、冷静さを欠いてしまいます。

ジェームズ・マッキャンにもシングルを許し、1アウト満塁となったところで降板。

バラッド・ハンドはもともと驚くようなファストボールを投げる訳ではありませんが、今日の投球を見る限りベロシティー・ダウンは否めないところかと思います。

ピッチャーはここまでERA2.73の好成績を残しているニック・ウィットグレンにスイッチ。

そしてイーロイ・ヒメネスとの勝負に。計8球を費やした勝負は左中間センター寄りのライナー。これをオスカー・メルカドがファイン・セーブし、逆転の芽を詰んだのでした。

ニック・ウィットグレンはライアン・ゴーインズを三振に打ち取り、ゲームセット。インディアンスが8−6で辛うじて逃げ切りました。

ホセ・アブレイユのボーンヘッド

そのオスカー・メルカドの好プレーの裏で、ホワイトソックスは痛恨のミスを犯してしまいました。

3塁ランナーのホセ・アブレイユがあの当たりでホームに還れませんでした。もし1点差にしてしていたらまた状況が違ったのですが、インディアンス・バッテリーにプレッシャーを与えられませんでした。

飛び出したのか、膝でも悪いのか(2019はILには入っていません)、どちらにせよボーンヘッドだと思います。

キューバ出身なのにあのようなミスを犯すとは、ちょっと残念でした。

BOX SCORE

インディアンス、ワイルドカード1枠目をキープです。 失礼しました。現地2019年9月4日を終了した地点でWC順位は3位となっております。ただ、勝ち負けが重なればすぐに2枠以内に戻る位置につけてはおります。

  1. レイズ:82-59
  2. アスレチックス:80-58
  3. インディアンス:81-59
  4. レッドソックス:75-64
2019 Spring Training Standings
The official 2019 Spring Training, Cactus and Grapefruit league standings for Major League Baseball.

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手が2ヶ月連続でプレーヤー・オブ・ザ・マンスを受賞!NLはジョーイ・ボット
【MLB 2021】トレードデッドランのディール一覧(クラブ別)
【MLBトレード2021】カイル・シュワーバーを獲得したレッドソックス、贅沢税の状況は?
【MLBトレード2021】アンソニー・リッゾのディールとヤンキースの贅沢税の状況
【MLBトレード2021】ハビアー・バイエスはトレバー・ウィリアムスとともにメッツへ
【MLBトレード2021】クリス・ブライアントはジャイアンツへ
【MLBトレード2021】マックス・シャーザーとトレイ・ターナーがドジャースへ!
【MLBトレード2021】ヤンキース、ジョーイ・ギャロを獲得!
【MLBトレード2021】マリナーズ、左腕のタイラー・アンダーソンを獲得
 【MLBトレード2021】ケンダール・グレイブマンがアストロズへ
【MLB2021】大谷選手が5勝目!全てやってのけ、最後が100mphピッチ(追記あり)
【MLBトレード2021】アスレチックス、カブスから左腕のアンドリュー・チェイフィンを獲得
【MLB2021】大谷選手が35号!98試合目で早くも区切りの数字
【MLBトレード2021】パドレスが注目のアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!
【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR
【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール
【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF
【MLBトレード2021】これはサプライズ!メッツが左腕のリッチ・ヒルを獲得
【MLB】インディアンスの新ニックネームはGuardians(ガーディアンズ)に決定
タイトルとURLをコピーしました