スポンサーリンク

【MLB2018】シャーザー150thWIN! 大谷投手が101マイル!そしてアニマルハプニング

現地2018年5月30日は投手が活躍した日でした。

レッドソックスのネイサン・イオバルディーが6回をノーヒッターで降板。また、ヤンキースのルイス・セベリーノがアストロズ相手に7回11奪三振。セベリーノに至ってはダラス・カイケルとの投合いでしたから余計に価値があります。

マックス・シャーザーがキャリア150勝

そして、この日取り上げたいのはやっぱりマックス・シャーザー。オリオールズ相手に8回を2ヒッター、12奪三振という圧巻の内容でした。

シャーザーは今季9勝目(1敗)。シーズン奪三振は120を数え、再びゲリット・コールを抑えトップに立ちました。ナ・リーグのサイヤング賞へまっしぐらという状態ですね。

チームも2−0でオリオールズを下しています。キャリア通算150勝の達成です!

大谷投手が101mphをヒット

この日は大谷投手の登板日でした。東海岸での遠征でどこで投げるか注目していたのですが、デトロイト戦でしたね。

マイク・ファイヤーズとの投合いです。

苦しんだ立ち上がり

立ち上がり、遠征の疲れか、今ひとつピリッとしなかった大谷投手。雨の要因もあったかもしれません。先頭に四球を与え、2アウト後もビクター・マルチネス(V・マート)に四球を許し、ランナーをためます。

つづく、ニコ・グッドラムには93マイルほどの4シームを叩かれ、これがシングルとなり、先制点を許す展開に。

5回を被安打3、失点1

5回には四球と二塁打で2アウトながらランナーを2・3塁に進められますが、次打者をピッチャーゴロに打ち取り、なんとかピンチを切り抜けました。

この日の大谷投手は5回を被安打3、失点1、与四球3、奪三振5という成績。

MAX101マイルを出したときは、過去のように力が入っておりましたが、それ以外は少し抑え気味に投げていたように思います。

エンゼルスは2番手が捕まり敗戦

エンゼルスは2番手でマウンドに上げたキャム・ベドローシアンがタイガース打線につかまり、6回に5得点を奪われ、1−6で敗れました。

【動画】Recap: DET 6, LAA 1

アニマル・ハプニング

このゲームですが、動物ハプニングが起こりました。

レイン・ディレーの間に起こった出来事で、お客さんにとっては嬉しいハプニングとなりました。

ただ、肝心のこのガチョウさんはどうやら仲間とはぐれ、広いグランドに降り立ってしまった模様です。

ガチョウがスコアボードに正面衝突

そして最後はスコアボードがよく見えなかったようで、かなりの勢いで正面衝突し、スタンドに落下。

心配されましたが、ファンの方(たぶん下の女性かと思います)と球場スタッフが動物病院につれていき、とくに問題がなかったようで、近くの公園で再び空へ放たれたようです。

VISIONにもガチョウは無事でしたのメッセージが流れました。

それにしてもコメリカは以前はリスが特等席でゲームを見たりしたことがあり(単に乱入しただけです)、なかなか動物にフレンドリーなボールパークのようですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク