【MLB2013 6月】ダルビッシュ投手、シーズン奪三振を111に!シャーザーに20個差

こんばんは(^^)

現地2013年6月2日はダルビッシュ投手(Darvish)の登板日でしたね。

アーリントンにロイヤルズを迎え、好投手アービン・サンタナ(Santana, E)との投げ合いとなりました。

ダルビッシュ投手、ピンチは1度だけ

初回を3人で抑え、上々の立ち上がりを見せたダルビッシュ投手は、2回に四球と連打で満塁のピンチを迎えます。

7番ジェフ・フランコーア(Francoeur)が放ったあたりはセンターライナー。

これにタッチアップのスタートを切った3塁ランナーのビリー・バトラー(Butler, B)に対して、センターのクレイグ・ジェントリー(Gentry)が好返球!

間一髪アウトに仕留め、ダブルプレーに。

コターラス(Kottaras)には振り逃げを許しましたが、次のバッターをセンターフライに仕留め、見事にピンチを切り抜けました。

暑そうなアーリントン

しかし、昼間のアーリントンは暑そうですね!まだ本格的な夏ではないので、26.7度という気温でしたが、太陽の光が強いせいか気温以上に暑く見えました。

今日のダルビッシュ投手は、7回99球でマウンドを降りました。被安打がたったの3!与四死球2、奪三振6です。

奪三振でシャーザーに20個の差をつける

これでダルビッシュ投手のシーズン奪三振数は、111個に!2位のシャーザー(DET:91個)とはまだ20個もの差があります。そごい数字ですね。

ダルビッシュ投手の今日のファストボールの最速は96マイル(154.5キロ)。注目すべきは緩急差です。なんとカーブのスピードが64マイル(102.9キロ)!!!その差50キロ以上。

プロファーが勝ち越しHR!

初回にノーヒットで1点を上げたレンジャーズ打線でしたが、さすがにアービン・サンタナには手をやいたようです。

アービン・サンタナ

アービン・サンタナはその投げっぷりの良さが売りですが、今日も90マイル中盤のボールをビシバシと投げ込んでおりました。

そして80マイル中盤の鋭く曲がるスライダーを交え、レンジャーズ打線を7回を散発3安打、奪三振5に封じ、初回の失点のみという素晴らしい出来でマウンドを降りました。

ゲームの方ですが、8回表レンジャーズ2番手のニール・コッツ(Cotts)が2塁打とバントでランナーを3塁に進められるピンチに。

ダルビッシュ投手の勝ちの権利が消える

次打者エリック・ホズマー(Hosmer)が放ったサードゴロをベテラン内野手のジェフ・ベイカー(Baker, Je)がホームへ悪送球し、1-1の同点に追いつかれます。これでダルビッシュ投手の勝利投手の権利が消えました。

プロファーが決勝HR

しかし、レンジャーズは同点で迎えた8回裏、期待の若手ジュリクソン・プロファーProfar)がライトへソロホームランを放ち逆転。さらにもう1点を追加し3-1でロイヤルズを下しました。

【動画】Recap: KC 1, TEX 32013年6月2日)

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク