スポンサーリンク

【MLB2度めの登板】”ショーヘイ・ショータイム!”大谷投手、全米を驚かせた12K!

現地2018年4月8日、大谷投手がメジャー2戦目のマウンドに上がりました。

今日はもうこの話題に尽きます!散々テレビでやっておりますが、今後の振り返り目的のために記事にしておきます。

MLB2度めの登板

前回登板で、すでにメジャーファンを大いに驚かせた大谷投手でしたが、今回は地元でのお披露目。打者として3試合連続HRを放った経緯もあり、俄然注目を集めました。

そして、期待をはるかに上回る結果を出すという、まさに「異次元のインパクト」を残しましたね。

【現地2018年4月8日 アスレチックス戦の内容】

(1回表)

1番 マット・ジョイス 空振り三振

  • 4シームx2➙スプリット➙4シームx2➙スプリット

2番 マーカス・セミエン 三振ファウルチップ

  • スライダー➙4シーム➙スプリットx2➙スライダー➙4シーム

3番 ジェド・ラウリー 空振り三振

  • 4シーム➙スプリットx2

(2回表)

4番 クリス・デービス CFライナー

  • 4シームx2➙スプリット➙4シームx3

5番 マット・オルソン 空振り三振

  • スプリット➙4シームx2➙スプリットx2

6番 マット・チャップマン LFライナー

  • 4シーム➙スライダー➙スプリット

(3回表)

7番 ジョナサン・ルクロイ 1Bファウルフライ

  • 4シーム➙スライダーx2➙4シームx2

8番 スティーブン・ピスコッティ 空振り三振

  • スライダー➙スプリットx2

9番 ジェイク・スモリンスキ- 空振り三振

  • 4シームx2➙スプリット➙4シーム➙スプリット

(4回表)

1番 マット・ジョイス 1Bゴロ

  • カーブ➙スプリットx2

2番 マーカス・セミエン 空振り三振

  • スライダー➙スプリット➙4シームx2 最後の4シームは99.6mph

3番 ジェド・ラウリー 2Bゴロ

  • スプリット➙4シーム➙スプリット

(5回表)

4番 クリス・デービス 空振り三振

  • スプリットx3➙4シームx2

5番 マット・オルソン 空振り三振

  • 4シーム➙スプリット➙4シーム(99.4mph)

6番 マット・チャップマン 空振り三振

  • スプリット➙4シーム(99.1mph)➙4シーム(99mph)➙スプリット

(6回表)

7番 ジョナサン・ルクロイ RFフライ

  • 4シーム➙スプリット➙4シームx4

8番 スティーブン・ピスコッティ 2Bゴロ

  • スプリット

9番 ジェイク・スモリンスキ- 空振り三振

  •  スプリットx3

(7回表)

1番 マット・ジョイス SSライナー

  • スプリット➙4シーム

2番 マーカス・セミエン LFシングル(初ヒット)

  • スプリット➙スライダー➙4シーム

3番 ジェド・ラウリー 四球

  •  4シームx2➙スプリット➙4シーム

4番 クリス・デービス Pゴロ

  • スプリット

5番 マット・オルソン ランナー2・3塁 空振り三振

  •  カーブ➙4シーム➙スプリットx2➙4シーム➙スプリット

7回1ヒッター12K

ご覧の通り、7回、91球、被安打1、無失点、12K!あわやパーフェクトかという凄すぎる結果を残しました。
3回にマイク・トラウトがバックスクリーン超えの大きな一発を放ったのですが、大谷投手が凄すぎてちょっと霞んでしまいましたね。

本当に他の惑星から来たような選手ですね(^o^)

3回目の登板予定

次回登板ですが、エンゼルスは現地2018年4月9日からアーリントンに乗り込んでレンジャーズとの3連戦。大谷選手は10日のゲームから打者として出るかどうかだと思います。
現地4月12日から15日まではカンザスシティでのロイヤルズとの4連戦。大谷投手は順調に行けば、このシリーズで登板すると思われます。
試合後のインタビューでは「今は相手は自分のことをよく理解していないので・・・」と非常に冷静なコメントを発しておりました。
何か自分自身との戦いに喜々として集中しているように思える言動が見ていて気持ちいいです。精神の成熟度も異次元ですね。見習いたい。
【筆者の独り言】
本当にどうでもいい独り言を書かせていただきます。
何の性(さが)か、”ショーヘイ””ショータイム”と聞くと、笑福亭笑瓶さんの”ショーヘイ・ショータイム”を思い出してなりません。
80年代にやっていた『突然ガバチョ』という番組の、笑瓶兄やんのショート・コーナーのことです。子供にやけに人気があったコーナーで、笑瓶兄やんが売れたキッカケだったと思います。これを見逃した翌日は教室で悔しい思いをしたものです(まあ数回ぐらいでしたけど)。八神純子さんのパープルタウンをやった回のやつないかな??と思ってYOUTUBEで調べたのですが、なかったです。残念。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました