スポンサーリンク

【MLB移籍2021噂】菅野智之投手、現地5日に結論出ず!期限の現地7日に持ち越しへ(追記あり)

菅野投手の結論はもともとの期限日に

 現地2021年1月5日、読売ジャイアンツの菅野智之投手のMLBのポスティング移籍についてはすでに多くのメディアで報道されていますが、ここまでの情報を整理しておきたいと思います。

現地5日に結論出ず

 菅野投手がMLBへの移籍手続き申請を行ったのは2020年12月8日。交渉の期限となるのは現地2021年1月7日17時(東部時間)です。日本時間では、8日(金)の朝7時。

 日本時間2021年1月6日に菅野投手が注目されていたのは、その期限を待たず、現地5日にデスティネーションが明らかになる可能性があると報じられていたため。

 しかし、結論は出ず。最終期限の現地7日17時に持ち越しとなりました。

条件が合わない

 5日に結論が出なかったのは、条件が合わなかったためと見られています。状況から推察するに、もうそれしか理由はないと思われます。

複数の候補 

 かつてのポスティングはオークションの入札のように、もっとも高い金額で手を上げたクラブが交渉権を獲得していましたが、今はBiddigと言われつつも、選手の考えで決めることができます。大谷選手がそのいい例ですね。サラリーよりも、二刀流を貫けるかどうか、気候などで総合的にエンゼルスとサインしました。

 菅野投手獲得に手を上げているのは、ブルージェイズ、ジャイアンツ、レッドソックスと言われています。

メッツが途中離脱

 メッツも参戦していましたが、年が明けてすぐに離脱しました。新オーナーに代わり、コロナ禍でも豊富な資金を使えるメッツが離脱したことは、サラリーの条件の点でちょっと痛かったです。ただ、そのメッツよりもよい条件を出していたところがあったのかもしれません。

 サラリーなのか、あるいは付帯条件なのか。どのポイントが厳しかったのかは定かではありませんが、菅野投手側が納得行く条件ではなかったとのことです。

7日まで待ちましょう

 残り2日の間にどのような結論になるのか、ここは注目されます。

巨人の4年提示

 読売ジャイアンツが菅野投手に4年でオプトアウトありの条件を提示したことから、それも含めて総合的に考えるしかなさそうです。

 菅野投手は1989年10月11日生まれの31才。NPBでのキャリアは8年。すでに国内FA権は取得していました。海外FA権を得る9年を前に今季挑戦したかったのは、やはり投手としてのキャリアを考えてのことだったと思います。

 ご本人も納得の行く、よい結論が出ればと思います。

追記:2021はチャレンジせず巨人に

 現地2021年1月7日、菅野投手が2021年にMLBに移籍するかどうかの結果が出ました。2021年は読売ジャイアンツということになりました。

 菅野投手に対してどのクラブがどれくらいのオファーを出したのかは明らかになっていません。

 噂レベルの話ですが、沢村賞2度受賞の菅野投手が一つの目安にしていたのが、マリナーズが菊池投手と結んだ4 年/$56M (2019-22)という数字。本人もこれは超えるだろうと思っていたのかもしれません。しかし、残念ながらディール成立には至らず。

 なお、菊池投手の4年/$56Mはサイニング・ボーナスの$6Mも含めた総額です。それを指し引くと$4年/$50Mで、AAVで$12.5M/Year。

 プライドが邪魔したかもしれませんね。

 なお読売ジャイアンツは菅野投手に4年/$40M+オプトアウトありを提示しており、2021年オフもMLBに挑戦する見込みです。

 2022年だと32才になってしまう菅野投手。MLB挑戦は1年でも早い方がよいと思ったのですが、来年に持ち越しとなりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました