スポンサーリンク

【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!

登板スキップが裏目に

 現地2024年5月29日、カブス@ブルワーズ戦で今永昇太投手が先発。非常に楽しみだった今回の登板。というのも、前回登板の5月24日のカージナルス戦が雨で中止となり、そのままスキップして今回の登板を迎えたからです。このローテーションのスキップは、まるで焦らされているように感じる期間でもありました。それはカブス・ファンのみならず、多くのMLBファンはそう思ったはずです。

 このローテーションのスキップは判断として間違ってなかったと思います。今永投手はプロとしては経験豊富なものの、MLBは初年度です。いくらベテランでも(まだ30才)、始めてのレベルのリーグで過去9戦、MLB史に残るロケットスタートを切っていたのですから、「一度休憩を!」と思うのも当然のことです。

 ただ、この試合の結果だけを見れば、この「気遣い」は裏目に出てしまいました。

5回途中7失点

 中10日を経てマウンドに立った今永投手は、ベロシティー自体はこれまでの登板と変わらない92-94mphの4シームを投げ込み、数字は良かったです。ただ、これまでほどのキレはないように見えました。さらに、初回は特に高かったですね。

 今永投手は先頭のジョーイ・オルティズにRFへの二塁打で出塁を許し後、1アウトを奪い、クリスチャン・イェリッチを迎えます。そのイェリッチは勝負が早かったですね。初球でした。93.2mphの4シームがほぼど真ん中に来たところをミラー・パークのCF後方へ大きな2ランHRを放り込まれ、いきなり2点を先制されます。

 さらに、2イニング目はかなりコーナーに散らしたものの、ブレイク・パーキンスの時は甘いボールが続き、2塁打を打たれてしまいます。ただ、このイニングは無失点。

3回に5失点

 痛かったのは3回裏です。ジョーイ・オルティズ、クリスチャン・イェリッチ、ウィリー・アダメスの3人からシングルを浴びてまず1点。つづくゲイリー・サンチェスにはLFへ2塁打を打たれ、イェリッチとアダメスが生還し2失点。最後はブレイク・パーキンスに2ランHRを浴びてこのイニングは計5失点を献上。残念ながらゲームメイク出来ませんでした。

 それでも今永投手は4回裏を三者凡退に斬って取り、ようやく調子が戻ってきたように思いましたが、5回裏に1アウトを奪ったところで降板となりました。

 今永投手は4.1イニングで81球、被安打8、失点7、自責点7、BB 1、SO 1、HR 1という結果でした。

バレンズエラも10戦目、11戦目で苦戦

 フェルナンド・バレンズエラ超えを果たした今永投手。

 そのフェルナンド・バレンズエラも10戦目、11戦目は苦戦しました。

【フェルナンド・バレンズエラの1981年の最初の11先発】

OppRsltDecDRIPHRERBBSOHRERA
1HOUW,2-0W(1-0)999.05002500.00
2@ SFGW,7-1W(2-0)49.041121000.50
3@ SDPW,2-0W(3-0)39.050001000.33
4@ HOUW,1-0W(4-0)39.070031100.25
5SFGW,5-0W(5-0)49.07004700.20
6@ MONW,6-1W(6-0)59.05110700.33
7@ NYMW,1-0W(7-0)49.070051100.29
8MONW,3-2W(8-0)59.03221720.50
9PHIL,0-4L(8-1)37.03442610.91
10@ CINW, 9-648.08546301.24
11@ ATLL, 4-9L(8-2)43.26772201.89

 今回の今永投手の投球はバレンズエラの11戦目とよく似ています。

ERA 1.86 !

 浅いイニングで7失点した今永投手ですが、これまでの蓄積もあり、ERAはそれほど悪化しませんでした。ERA 1.86はMLB NO.3。IPが58.0となり、カブスはこのゲームが56試合目でしたから、試合数を追い抜いて規定投球回数を超え、再びERAランクに入りました。ただ、次回登板前も規定投球回数の関係で一度ランクから消えそうです。

ブレイク・パーキンスが大活躍

 この日、ブルワーズのCF、クレイグ・パーキンスが大活躍。守備では完全にHRとなっていた打球をキャッチ。さらにカブスに行きそうな流れをパーキンスが止めたというプレーも。

 そして打っては今永投手からHR。カブスは猛追するも、守備力で阻まれたというゲームでもありました。スコアはブルワーズが10-6で勝利です。

MLB Gameday: Cubs 6, Brewers 10 Final Score (05/29/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 今回は負け投手となりましたが、中10日の間隔によって筋肉も大いに休ませられたのではないでしょうか?今永投手の次の登板に期待したいですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました