スポンサーリンク

【MLB2018】大谷選手がカーショウのカーブを体験!ジム・ジョンソンも好調です。

現地2018年3月7日、カクタス・リーグでエンゼルスVSドジャースのゲームが行われ、ドジャースはエースのクレイトン・カーショウが登板!大谷選手と初対戦となりました。

 

大谷選手は 7番DHで先発出場。

 

対戦は3回裏に回ってきました。この回先頭の大谷選手に対し、カーショウはカウント2−2からアウトコース低めに例のカーブで勝負。

 

落差が大きいだけに低めに外れたようにも見えますが、ストライク・コールで見逃し三振。カーショウの貫禄勝ちとなりました。

 

ウィニングショットまで4球連続でファストボール系が続いていたので、そろそろ抜こうかと投じたカーブでした。

 

 

 

 

大谷選手、三振を喫したものの、この時期にカーショウの緩急を見られたことはよかったのではないでしょうか。

 

2打席で退いたのですが、2打席目はカーショウではなく、ブライアン・シュリッターとの対戦。1アウト1・2塁の好機での打席でしたが、ダブルプレーに打ち取られ、この日は2打数0安打に終わりました。

 

まだまだ色々なボールを体験し、データベースに蓄積している段階だと思うので、心配は無用ですね。次に期待しましょう。そう言っている間に3度めの登板もありそうです。

さて、エンゼルス投手陣ですが、2番手にジム・ジョンソンが登板。1イニングをパーフェクトに抑える好投を見せてくれました。

 

ジム・ジョンソンは元オリオールズのクローザーで、2012年に51セーブ、2013年に50セーブを記録。かなりすごい数字です!

 

しかし、その後はこの両年での登板過多が原因で、低迷。これだけの実績を上げながら、複数のクラブを渡り歩く羽目に。

 

しかし、ブレーブスに移籍した2016年に復活。この年は65試合登板で20セーブを記録、つづく2017年にも61試合、22セーブを記録し、本来の力が戻ってきました。

昨年11月30日にエンゼルスへ移籍。調子もいいのでゲームの後ろの方を任されるのではないかと思います。

 

 

とにかく体がでかく(198cm)、剛球を投げていた投手なので、復活してくれて嬉しい限りです!

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

Amazon タイムセール

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました