スポンサーリンク

【MLB Pre2021】大谷選手が2度目の登板!ヤーミン・メルセデスからナイスピッチ!のサムアップをもらう

微笑ましいシーン

 メジャーでは対戦相手に素晴らしいプレーが出ると、敬意を評すためにキャップを取ったりするシーンがありますが、たまに打者から投手にもよい投球があるとハンドサインが出たりします。それが親指を立てたサムアップ👍。

 現地2021年3月13日、大谷翔平選手がスプリングトレーニング(カクタス・リーグ)で2度めのマウンドに上がり、サムアップ👍をもらいました!

開始41秒から

サムアップを送ったのはヤーミン・メルセデス

 本投間、18mの中でなかなか素敵なやり取りとなりました。大谷選手も笑っていましたね。

 そのサムアップのサインを送ったのはホワイトソックスの73番、ヤーミン・メルセデス(Yermin Mercedes/28才)です。ヤーミン・メルセデスはこのゲームでは8番捕手で先発出場。今スプリングトレーニング初登板となった右腕のジミー・ランバートをリードしました。ジミー・ランバートは1回を無安打、無失点、2奪三振とナイス投球を見せましたね。

とてつもない打力

 そのヤーミン・メルセデスですが、とてつもない打力を秘めたキャッチャーです。詳細は下記の記事をご参照ください。

 2020年のスプリングトレーニングがまだ無事に開催されていた時期に書いた記事です。この記事を書いてすぐにスプリングトレーニングが中止となりました。

2020年に1打席だけデビュー

 そのヤーミン・メルセデスですが、捕手ということもありなかなか出場機会を得ることが出来ませんでした。

 ホワイトソックスのキャッチャーには2019年まではジェームズ・マッキャンがおりました。さらに2019年オフには当時ブルワーズからFAとなっていたヤズマニ・グランダールと4年/$73 M(2020-2023)でサイン。

 2020シーズンにはヤズマニ・グランダールとジェームズ・マッキャンがいる状況でそこに3番手の捕手が入る隙間はありませんでした。

 ただ、特別なシーズンということもあり、シーズン開始直後の2020年8月2日に、メジャー・デビューする機会を得ました。しかし、メルセデスが機会を得たのはDHでの出場で、しかも1打席のみ。あとはトレーニングサイト、あるいはタクシースクワッドで同行する状態でした。

2021カクタスでの成績

 現地2021年3月13日時点では40manロスター、そしてアクティブ・ロスターに入っており、カクタス・リーグの成績は9試合、17-5、打率.294、OBP .333、SLG .471、二塁打3本、HR 0、RBI 6となんとか結果を残しています。

 今のところ守っているポジションは捕手のみですが、2020年のスプリングトレーニングでは外野も経験。DHでの起用ももちろん考えられます。

 いずれにせよ、その打力を買ってもらえるかどうか。ホワイトソックスにはアンドリュー・ボーンというトッププロスペクトもいるので、打力でもしっかりとした成績は残しておきたいところです。

 いい素材の選手がこのまま埋もれてしまうのは勿体ないの一言に尽きます。

 この選手は覚えておいて損はないと思います。

有名なサムアップシーン

 討ち取られた投手へサムアップをするシーンとしてはミゲル・カブレラが有名ですね。下記は2016年、ジェレミー・ヘリクソンのチェンジアップへの称賛のシーン。

 ミゲル・カブレラは2017年、ロイヤルズのルーキーだった左腕のエリック・スコグランド(Eric Skoglund)に対してもサムアップを示したことがあります。エリック・スコグランドは現在、ロイヤルズのマイナーでスプリングトレーニングにはNRIとしてメジャーに参加しています。彼も残るでしょうか!?

大谷選手、2度目は4Kも・・・

 さて、この日の大谷選手の成績ですが、2.1イニングで被安打6、失点5 、与四球1、奪三振4、被本塁打1。

 良かったところはファストボールがどんどん強くなってきているところではないでしょうか。この日はMAXで98-99mphが出たと言われています。また、変化球もスプリットが良かったです。またカーブ、スライダーを多めに投じたのは変化があったなと思います。

2イニング目がラフ・アウティング

 2イニング目はちょっと荒れました。先頭のイーロイ・ヒメネスを2Bライナーに打ち取ったのはよかったものの、その後は5者連続で出塁を許す展開に。ルイス・ロバートにはHR、アダム・イートンには二塁打、ヤーミン・メルセデスに四球、レウリー・ガルシアにシングル、ティム・アンダーソンにもシングルを許し、2失点。さらに三振を1つ挟んで、四球とシングルで計5失点。

 3イニング目にもマウンドに上がりましたが、途中降板となっています。

 本人は初回から98-99mphがすんなり出たのはよかったとのコメントも出ていますし、しっかりと課題をもってマウンドに上がり、何がよくて何が悪かったかをきちんと見定めているようですから、ファンとしてはチューンナップを信じて待つしかしありませんね。

 ただ、とてつもない馬力は感じさせるので、やはり期待したいところです。

 

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました