スポンサーリンク

【MLB 2021】投手&打者→RF!大谷選手、今季最高の投球

ついに投打プラス守備にまでついた日

 現地2021年5月11日(火)、エンゼルスの大谷選手がミニッツメイドで行われたアストロズ戦で、またしてもすごいことをやってくれましたね。先発投手として7回まで投げぬき、1失点で10奪三振!しかもこの日は四球が1つだけ。さらに、打っては2番で出場。味方打線が苦戦する中、自ら1安打を放ちました。そして、投手降板後はRFの守備につくという1試合の中で投手、打者、守備とすべてをやってのけた日となりました。

またしてもレア記録達成

 今回の大谷選手のゲーム内での成績に関して、2つのレアな記録が残りました。

10K+別ポジションは3人目

 まず同一1ゲームの中で投手として10奪三振以上を奪い、さらに違うポジションについたのは1900年以降では3人目のこと。

  • 1970年7月6日、インディアンスのサム・マクドーウェル(Sam McDowell)がワシントン・セネターズ戦で先発投手としてマウンドに上がり、15奪三振。さらに2Bを守りました。
    • なお、当時DH無しのゲームで7回2アウトで1ポイントでマウンドを譲り、2Bに。そして9回の頭からまた登板というゲームでした。
  • 1952年9月28日 、カージナルスのハービー・ハディックス(Harvey Haddix)が11奪三振、そしてRFを守りました。
    • このゲームは先発のハディックスが1回表の登板で打者一人で一旦降板。スタン・ミュージアルがマウンド二上り、打者一人だけを担当。その間、ハディックスはRFへ。そしてまたハディックスがマウンドに上がり、8回表まで投げました。

最初の30試合で30K&10HR達成

 もう一つが、シーズン開始30試合で、30奪三振、10HRの達成を一人でやってのけたのは、1900年以降では大谷選手が史上初。

最高の投球

 この日、抑え気味かと思えた投球はMid-90と行ったところ。ただ、時折ギアを上げるように力強いボールも投げ、ファストボールは97-99mph(156.1-159.4kmh)をマーク。途中、98mphのクロスファイヤー気味のカットの軌道のようなすごいボールもありました。

 なんと言ってもすごいのは球数。7回を投げ抜いてたったの88球。四球が少ないと、大谷選手の場合はこれくらいのペースになるんですね。三者凡退のイニングが3イニングもありました。

 今季、最高の出来でしたね。

打っては1安打

 相手投手、ランス・マッカラーズ・Jr.はまた素晴らしい投球を披露。エンゼルス打線は苦戦します。そんな中、大谷選手は7回表に先頭打者としてチェンジアップをうまくRF前に落とすヒットを放ち、この日は4打数1安打。

降板後、ゲームが動く

  大谷選手は5回裏、先頭のカイル・タッカーに左中間にソロHRを打たれ、先制点を許す展開に。しかし、エンゼルスも8回表、1アウトからテイラー・ウォードがソロHRを放ち、1−1のタイ・スコアとします。

8回裏にRFへ 

 そしてこれからという時の8回裏、大谷選手は7回でお役御免となり、今度はRFの守備につくことになりました。トラウトとの入念な打ち合わせが印象的でした。

リリーバーが勝ち越しを許す

エンゼルスの2番手はアーロン・スレガーズ(Aaron Slegers)。2019年、2020年とレイズにいた右腕です。そのスレガーズですが、先頭のマーティン・マルドナードを四球で歩かせてしまいます。1アウト後、アレドミス・ディアスにシングルを打たれ、1アウト1,2塁となり、左打者のマイケル・ブラントリーを迎えた場面でエンゼルスは、左腕のアレックス・クローディオに交代。クローディオはマイケル・ブラントリーにシングルを許し、これで2塁ランナーが生還して2-1と勝ち越しを許す展開に。

 2アウトまで奪ったものの、ユリ・グリエルに3ランHRを打たれ、万事休す。スコアは5-1に。

 最終回、エンゼルスは守備についた大谷選手に打席が回りますが、三振に倒れました。その後、トラウトも凡退し、5-1のスコアでアストロズが勝利しました。

 それにしてもランス・マッカラーズ・Jr.はナイスピッチングでしたね。

 大谷投手、今季最高の出来でしたが、残念ながら2勝目に届かず。2勝目は次回の登板までおあずけですね。 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました