スポンサーリンク

【MLB2023】大谷選手、計507 SOでまたもルース超え! しかし、集中打を浴び今季初黒星

2023年8度目の登板は強敵アストロズ戦

 エンゼルスは現地2023年5月8日からALウエストのアストロズとの3ゲームシリーズが始まっています。8日のGame1では、パトリック・サンドバルとハンター・ブラウンがなんとかゲームメイクして5回を終えて4-4のタイスコア。

 均衡をやぶったのはエンゼルスで、8回裏、ランナーを1人置いてブランドン・ドゥルーリーがトリプルを放って勝ち越し。その後も1点を追加したエンゼルスが見事、初戦を6-4でものにしました。

Houston Astros vs Los Angeles Angels Box Score: May 8, 2023 | Baseball-Reference.com
Los Angeles Angels beat Houston Astros (6-4). May 8, 2023, Attendance:...

 迎えた現地2023年5月9日、エンゼルスは大谷選手が今季6度目の先発マウンドに。連勝と行きたいところです。

捕手はクリス・オーキー

 ローガン・オホッピーが左肩の関節唇の修復手術で4-6ヶ月の離脱で今季絶望となった後、大谷選手はチャド・ウォーラックとバッテリーを組んでいました。チャド・ウォーラックとは4月21日のロイヤルズ戦、4月27日のアスレチックス戦、そして5月3日のカージナルス戦と3試合連続でのコンビでした。

 ところがそのチャド・ウォーラックが首を傷めて、7日間の脳震盪リスト入り。打撃でも貢献していたので惜しいところです。

 エンゼルスはこの事態にマイナーから急遽、クリス・オーキー(Chris Okey)をコールアップ。クリス・オーキーはこの日がシーズン・デビューとなりました。当然、大谷選手とは初コンビです。

 クリス・オーキーは28才。2016年のレッズの2巡目指名の選手で2022年にレッズでMLBデビュー。2023年3月にエンゼルスとマイナー契約でサインしています。

この日はシンカー多め

 さて、大谷選手のこの日の投球ですが、7 イニングで103球を投じ、このうちシンカーが今季最多の32球となりました。スプリッターはわずかに1球。

 今季はとりわけスウィーパーが多く、2022年の試合中にマスターしたというシンカーはこの日の登板前まででわずか32球しか投じていませんでした。今までとは違う配球で臨んだということですね。

 そんな大谷選手でしたが、4回までスコアレス投球を続けていたものの、5回表に1アウトからジェイク・メイヤーを歩かせた後、元女房役のマーティン・マルドナードに6球目のスウィーバーをLFスタンドに放り込まれて2失点。さらに、その後も3連続シングルを浴びるなどしてもう1点を奪われてこのイニングに計3失点。

 ただ、失点したのは5回表のみで、6回、7回はスコアレスに抑えました。

 この日は、7イニングで被安打6、失点3、BB2、SO 7、HR 1。なお、この日の7 SOでキャリア通算507 SOとしています。

またしても一気に複数失点

 今シーズンの最初の5試合は圧倒的な強さを見せた大谷選手でしたが、ここ3試合ではいずれも一気に複数失点を奪われています。ビッグイニングとまでは行かないまでもそれに近い失点を喫しています。

 3試合連続ER 3以上はキャリアで初めてのことです。

 ちなみに、過去3戦では、4月27日のアスレチックス戦では4回に2本のHRで5失点。

 5月3日のカージナルス戦でもディラン・カールソンに2ランHRを打たれるなど4回に3失点。

 最初の5試合までのERAは0.64だったのですが、直近18イニングで12失点となったので、ERAは2.74まで上がりました。本人は先頭打者に四球を出さないよう心がけているようですが、そうなってしまった場合はHRも絡んで一気に失点も上昇してしまうという流れになっています。

またもベーブ・ルース超え

 大谷選手は2回表にジェレミー・ペーニャから三振を奪い、またしてもベーブ・ルース超えを果たしました。

 この三振でキャリア通算502個目の三振となり、501奪三振のベーブ・ルースを超えることとなりました。

ベーブ・ルースのSO数は501?

 さて、この日のルース超えの記録は何かというと、二刀流選手のキャリア通算502奪三振のことです。

 ベーブ・ルースは、501三振を奪ったとされており、これはエリアス・スポーツ・ビューローの数字です。

 ただ、Baseball ReferenceやFangraphsではルースの奪三振は488。どうしてこの誤差が生じるのかは定かではありません。

 なお、MLBではエリアス・スポーツ・ビューローの501が正しいとしています。

奪三振数はAL1位(現時点)

 大谷選手は今季46イニングで66個の三振を奪いアメリカンリーグをリードしています(現地2023年5月9日時点)。

打線はF・バルデスに沈黙

 エンゼルス打線ですが、アストロズ先発のフランバー・バルデスに大苦戦。フランバー・バルデスは直近2試合は2連敗でエンゼルスにも付け入る隙は十分にあると思われたのですが、この日のフランバー・バルデスは今季1番の投球内容でした。エンゼルスはザック・ネトに一発が出ただけ。

 大谷選手も3打数0安打でした。 

MLB Gameday: Astros 3, Angels 1 Final Score (05/09/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ゲームは3-1でアストロズが勝利。

 このシリーズはこれで1勝1敗。エンゼルスはGm3で勝ち越すでしょうか?楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました