スポンサーリンク

【ALDS2019-Gm2】ヤンキースがCSへ王手!ディディにGS、田中投手、5回1失点で好投

ヤンキース、11安打8得点で圧勝

現地2019年10月5日、ツインズ@ヤンキースのALDS Game2が行われ、またしてもヤンキースがツインズに打線で圧倒。3回裏にディディ・グレゴリアスのグランドスラムなどが飛び出すなど7点のビッグイニングを作り、ゲームを序盤で決めました。

ツインズはレギュラーシーズンで両リーグ合わせて2位の939得点を誇った打線もこの日は元気なく散発の6安打、2得点に抑えられ、2連敗。

8-2でヤンキースが勝利し、2連勝としてALCSへ王手をかけました。

BOX SCORE

スターティング・ラインナップ

ヤンキースのメンバーは特に変更がなく、ジャッジ、エンカーナシオン、スタントンが中軸に座り、ディディ・グレゴリアスが8番という強烈な打線です。

ツインズはケプラーを1番に据え、1Bにマーウィン・ゴンザレスを入れ、C.J.クロンを下げました。

8月デビューのドブナク、ラッキーボーイになれず

下記はレギュラーシーズンのツインズのローテーションです。

【2019ツインズローテーション】
  1. J・オドリッジ(Odorizzi, J):15-7/ ERA 3.51→Game3
  2. J・ベリオス(Berrios, J):14−8/ ERA 3.68 →Game1
  3. K・ギブソン(Gibson, K):13−7/ ERA 4.88
  4. M・ピネダ( Pineda, M): 11-5/ ERA 4.01→Pedsで60試合出場停止
  5. M・ペレス(Perez, M): 10-7/ ERA 5.12→シーズン終盤に不調

このうちピネダとペレスがロスターから外れています。

ドブナク起用でよかったのか

ホセ・ベリオスのGame1起用はエースとしての信頼の証でよいと思うのですが、大事なGame2にジェイク・オドリッジではなく、8月にデビューしたランディー・ドブナクを持ってきました。

Game2はGame1の状況次第で、勝っていれば波に乗る、負けていればGame1の分を回復してタイに持ってくるという意味で非常に大事だと思うのですが、ここをあえてルーキー起用というのはいかがなものか?とも思いました。

デビュー以来2勝1敗、ERA1.59はいい数字ですが、対戦相手がロイヤルズ、タイガースというチーム打率が両リーグ合わせて19位と26位のチーム。

初顔合わせというところも狙っての起用だったかもしれませんが、予告先発がある以上研究し尽くされるのであまりその点ではあまり意味がなかったのではないか?と思いました。

ただ、ルーキーのフレッシュな力はうまく行けば、はずみを付けられるというメリットも確かにあります。

ただ、結果はやはり厳しいものになりました。

ドブナクは3回途中で降板。

2回裏は打者3人で斬って取ったのはよかったのですが、3回裏にノーアウト満塁のピンチをつくったところで降板。被安打6、与四球2、失点は4。2番手のタイラー・ダフィーがドブナクの貯めた3人のランナーを還してしまったので、ドブナクに3失点がつきました。

“UBER”

ヤンキース・ファンがドブナクに対して”UBER”と言っているのは、マイナー時代に”UBER”のドライバーとしてバイトしていたからです。

これはあまり好きではありません。

なお、ツインズはGame3にジェイク・オドリッジを起用して巻き返しを図ります。

田中投手、安定感のある投球で勝利に貢献

一方、ヤンキース先発の田中投手は変化球が捕手のゲイリー・サンチェスの要求通り。非常に安定感のある投球でした。

4回の1失点は四球絡みで、1アウト後に出したネルソン・クルーズへの四球のあと、ロサリオ、ガーバーにシングルで続かれ1点を失いました。そのあとはピシャリと抑えたところはさすがでした。

ツインズ、リリーバーに手応えありか

ヤンキースは3回にゲームを決めたせいか、4回以降はツインズの細かいリレーに無得点。

ツインズは3戦目以降をにらんで、リリーバーを試していたように思いました。一方、ヤンキースも8回にタイラー・リオン、9回にジョナサン・ロアイシガを投入するなど調子を確かめていたように思いました。

ツインズは3番手のデビン・スメルツァーが被安打2、無失点、4番手のC.スタシャク、5番手のトレバー・メイ、6番手のセルジオ・ロモ、7番手のZ・リテルがいずれも無失点投球で光明はありました。

Game3はミネソタに場所を移しての開催です。

ルイス・セベリーノ、ジェイク・オドリッジの投げあいです。

ツインズ、ポストシーズンでヤンキースに12連敗

ツインズは2004年以降、ポストシーズンでヤンキースと対戦し、12連敗となりました。苦手意識が受け継がれているのでしょうか。Game3で止めたいところですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
【MLB2024】ドジャースはミゲル・ロハスが出場すると、勝率がアップする!
タイトルとURLをコピーしました