スポンサーリンク

【MLB2023】フィリーズ、ハーパーの2発を含む6HRで大勝!2勝目を上げ、CS進出に王手

NLDS Gm3 ATL 2 @ PHI 10 (PHI: 2勝1敗)

 現地2023年10月11日、ブレーブス@フィリーズのNLDS Gm3は、フィラデルフィアに舞台を移しどちらが王手をかけるかというキーになる一戦が行われました。

 大声援のフィラデルフィア。MLBももうちょっと場内の音声を拾ってもらいたいほど、大熱狂のスタンドでした。

 Gm2でシリーズ全体でフィリーズに傾いていた流れを見事に食い止めたブレーブス。Gm3で果たしてブレーブスの流れに戻せたのか?が気になるところでしたが、地元の大声援もあり、フィリーズがやはり流れを掴んでいました。

スタート

 スタメンはブレーブスはGm2と変わらず。捕手は引き続き、トラビス・ダーノーでした。フィリーズはGm2とは打順を入れ替え、Gm1と同じです。

#ATLPHI
1RF:アクーニャDH: シュワーバー
22B: アルビーズSS: ターナー
33B: ライリー1B: ハーパー
41B:オルソン3B: ボーム
5DH: オズーナ2B:ストット
6C: ダーノーC: リアルミュート
7LF: ロザリオRF: カステヤーノス
8SS: アルシアLF: マーシュ
9CF: ハリス2世CF: ヨハン・ロハス
PB・エルダーA・ノラ

PHI、3回に6得点

【YOUTUBE】The Phillies put up 6 RUNS in a MASSIVE 3rd inning!

 注目されたブレーブス先発のブライス・エルダーは、1、2回はそれぞれ三者凡退に抑える見事な立ち上がり。むしろフィリーズ先発のアーロン・ノラの方が初回から連打を許すなどもたついた感がありました。

 さらに、ブレーブスは3回表に、アクーニャとアルビーズのコンビで1点を先制。

 ここまではGm2の流れをブレーブスがキープしていたような試合展開でした。

 流れは急にフィリーズに傾きました。

 フィリーズはイニング先頭のニック・カステヤーノスのソロHRで同点に追いつくと、ブランドン・マーシュのシングルでさらに勢いをつけます。ロハス、シュワーバーが倒れて2アウトになりますが、トレイ・ターナーがシングルでつなぎ、2アウト1、3塁でバッターはブライス・ハーパー。

 ハーパーは4球目のスライダーが真ん中に来たのを逃さず、これを豪快にRFスタンドに放り込み、3ランHR!この時点でフィリーズは4-1トリード。

 フィリーズは、その後もアレク・ボームがシングルを放ち、ブライソン・ストットが四球。ここでエルダーは降板となり、マイケル・トンキンがマウンドに。

 その後もJT・リアルミュートが左中間へのタイムリー・ダブルで2点を追加したフィリーズは6-1とリードを拡げます。

PHIは6HR 

 この日、フィリーズは6HRが飛び出し、ポストシーズンの1試合当たりのHR数としてはフランチャイズ・レコードとなりました。

 3回裏にニック・カステヤーノスが同点に追いつくソロHRで狼煙を上げると、ブライス・ハーパーが勝ち越し3ランHR。

 5回表にはハーパーにこの日2本目となるCFへのソロHRで計3本目。ハーパーは2打席連続です。

 6回裏にはトレイ・ターナーが8点目となるソロHRで4本目。

 8回裏にはニック・カステヤーノスがこの日2本目となるソロHRを放ち、さらにブランドン・マーシュもLFへソロHRを放ち6本目。この2本はBack to Backでした。

ハーパー、アルシアをにらみつける

 Gm2で再三のチャンスに凡退し、最後はゲームエンディングとなるダブルプレーのランナーとなったブライス・ハーパーは散々な出来でした。

 オーランド・アルシアは試合後、ブレーブスのクラブハウスで、Gm2を終わらせた彼の走塁判断について、

“Ha, ha, ha, ha, ha, atta boy, Harper.”

 と繰り返し笑い、ハーパーをあざけっていたのでした。

 当然、フィリーズの選手はそれをアプリで見て知っていて、この野郎!と思い、ハーパー自身は静かに燃え、この日HRでやり返したということです。

ゲームのスコアは10-2。フィリーズがNLCSへ王手をかけました。

MLB Gameday: Braves 2, Phillies 10 Final Score (10/11/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ローレンツェンが締める! 

 フィリーズのリレーですが、ノラ→マット・ストラム→セランソニー・ドミンゲス→オライオン・カーカリング→マイケル・ローレンツェンと繋ぎました。

 また秘密兵器、カーカリングが出てきましたね。1イニングで被安打1でした。 

 シーズン終盤に行っていたマイケル・ローレンツェンのクロージングをこの日、初めて使いました。

 Gm4ですが、フィリーズはレンジャー・スアレスが登板。まだタイワン・ウォーカーを温存しているというリスクを考慮したローテーションとなっています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました