スポンサーリンク

【2021WS_G5】アストロズ、劣勢を跳ね返し、2勝目!勝負はヒューストンへ

ワールドシリーズ Game5: HOU 9 @ ATL 5 (HOU 2勝3敗)

 現地2021年10月31日、ワールドシリーズもすでに第5戦。ブレーブスがチャンプに王手をかけ、地元で決めるか!?というところまで来ました。

  2021年のポストシーズンでは未だアトランタで負けなしのブレーブス。好ムードの中、始まったこのゲームは、その雰囲気通りに初回にアダム・デュバルのグランドスラムが飛び出すなど、ブレーブスに大きな流れが来ているのかと思いました。

 ところが、この日打線を入れかえ、特にワールドシリーズでは1安打しか放っていなかったアレックス・ブレグマンの打順を下げたアストロズが、この劣勢を挽回。しかもすぐにです。その勢いのまま中盤、終盤にも追加点を上げ、流れを渡さなかったアストロズが9-5で勝利しました。

スタメン

#アストロズ(G4)アストロズ(G5)ブレーブス(G4)ブレーブス(G5)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
アルトゥーベ 2B
ブラントリー RF
ブレグマン 3B
アルバレス LF
コレア SS
タッカー CF
グリエル 1B
マルドナード C
L・ガルシア P
アルトゥーベ 2B
ブラントリー RF
コレア SS
アルバレス LF
グリエル 1B
タッカー CF
ブレグマン 3B
マルドナード C
F・バルデス P
ロザリオ LF
フリーマン 1B
アルビーズ 2B
ライリー 3B
ソレア RF
デュバル CF
ダーノー C
スワンソン SS
I・アンダーソン
ソレア RF
フリーマン 1B
アルビーズ 2B
ライリー 3B
ロザリオ LF
デュバル CF
ダーノー C
スワンソン SS
T・デービッドソン
WS G5のスタメン(G4との比較)

 ご覧の通り、アストロズはブレグマンを3番から7番に、そしていい仕事をしているグリエルを5番に上げました。タッカーは6番の方が怖いのでこの位置で納得ですね。

 一方のブレーブスは、相手先発がフランバー・バルデスで左ということで、左用の打線で組んできました。ホルヘ・ソレアーがリードオフで、Game3の再現か!?という感じの打線ですね。

ブレーブスの先発はタッカー・デービッドソン

 この日もなかなか先発ピッチャーが決まらなかったブレーブス。起用したのは、2020年にデビューした左腕のタッカー・デービッドソンでした。

 レギューラー・シーズンでは5月18日から約1か月間、メジャーのマウンドにいて、5試合に先発、20イニングでERAは3.60。いい数字を残していたのですが、左前腕部の炎症で60 Day IL入り。このままトミー・ジョン手術か?とも思っていましたが、なんと10月に入り、リハビリ登板を開始。モートンの離脱もあり、急遽ワールドシリーズにロスターINしたのでした。

デービッドソン、2回に失点

 初回を併殺打も含め、3人で乗り切ったタッカー・デービッドソンでしたが、見方の大支援の直後、打順が下がったアレックス・ブレグマンにタイムリー・ダブルなどを打たれ、2失点。

 3イニング目もマウンドに上がりましたが、エラーと四球でランナーが溜まったところで、ジェシー・チャベスにスイッチしました。タッカー・デービッドソンは2回、被安打2、失点4(降板後、茶ビスが失点)、与四球3、奪三振1という成績でした。

アダム・デュバルがグランドスラム 

 タッカー・デービッドソンの初回の素晴らしい立ち上がりを支援すべく、ブレーブス打撃陣も奮起。

 1回裏、ヒットと四球で2アウトながら満塁のチャンス。ここでアダム・デュバルが四球の後の初球をフルスイング。RFスタンドに入るグランドスラムに。

 ブレーブスがルーキーの躍動と、打線の機能でこのままお祭りのようにチャンプへ突っ走るのか?と思われました。

アストロズ、即追いつく

 しかし、アストロズは失点直後の2回に2失点。さらに3回にもカルロス・コレアのタイムリーダブルなどで2点を上げ、4-4に追いつきます。

 よく追いついたなと思います。

 その後、ブレーブスは4回にフレディー・フリーマンのソロHRで5-4とリードを奪うも、その後は沈黙。アストロズ投手陣が無失点リレーを見せました。

 一方、アストロズは5回にマーウィン・ゴンザレスのラッキーなヒットなどもあり、3点を奪い、逆転。7回、8回にもタイムリー・シングルで追加点を上げ、9-5のスコアでブレーブスを下し、ワールドシリーズ2勝目。勝負をヒューストンへ持ち込むことになりました。

2021 World Series Game 5, Houston Astros at Atlanta Braves, October 31, 2021 | Baseball-Reference.com
Houston Astros beat Atlanta Braves (9-5). Oct 31, 2021, Attendance: 43122, Time of Game: 4:00. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-by...

ザック・グレインキが代打でシングル

 このゲームはなかなかおもしろい展開だった訳ですが、特筆を1つ上げたいと思います。

 アストロズは4回表、イーミ・ガルシアに打順が回ってきたところで、なんとザック・グレインキを代打に起用。ワールドシリーズでの代打は20218年のGame3でドジャースのクレイトン・カーショウが出て以来、2度め。カーショウは倒れましたが、グレインキはRFへものすごい当たりのシングルを放ち、見事に出塁しました。

 さすがのザックです。

 ワールドシリーズ Game6は、日本時間で3日、祝日に行われます。

 お読みいただき、ありがとうございました。  

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました