スポンサーリンク

【2021WS_G5】アストロズ、劣勢を跳ね返し、2勝目!勝負はヒューストンへ

ワールドシリーズ Game5: HOU 9 @ ATL 5 (HOU 2勝3敗)

 現地2021年10月31日、ワールドシリーズもすでに第5戦。ブレーブスがチャンプに王手をかけ、地元で決めるか!?というところまで来ました。

  2021年のポストシーズンでは未だアトランタで負けなしのブレーブス。好ムードの中、始まったこのゲームは、その雰囲気通りに初回にアダム・デュバルのグランドスラムが飛び出すなど、ブレーブスに大きな流れが来ているのかと思いました。

 ところが、この日打線を入れかえ、特にワールドシリーズでは1安打しか放っていなかったアレックス・ブレグマンの打順を下げたアストロズが、この劣勢を挽回。しかもすぐにです。その勢いのまま中盤、終盤にも追加点を上げ、流れを渡さなかったアストロズが9-5で勝利しました。

スタメン

#アストロズ(G4)アストロズ(G5)ブレーブス(G4)ブレーブス(G5)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
アルトゥーベ 2B
ブラントリー RF
ブレグマン 3B
アルバレス LF
コレア SS
タッカー CF
グリエル 1B
マルドナード C
L・ガルシア P
アルトゥーベ 2B
ブラントリー RF
コレア SS
アルバレス LF
グリエル 1B
タッカー CF
ブレグマン 3B
マルドナード C
F・バルデス P
ロザリオ LF
フリーマン 1B
アルビーズ 2B
ライリー 3B
ソレア RF
デュバル CF
ダーノー C
スワンソン SS
I・アンダーソン
ソレア RF
フリーマン 1B
アルビーズ 2B
ライリー 3B
ロザリオ LF
デュバル CF
ダーノー C
スワンソン SS
T・デービッドソン
WS G5のスタメン(G4との比較)

 ご覧の通り、アストロズはブレグマンを3番から7番に、そしていい仕事をしているグリエルを5番に上げました。タッカーは6番の方が怖いのでこの位置で納得ですね。

 一方のブレーブスは、相手先発がフランバー・バルデスで左ということで、左用の打線で組んできました。ホルヘ・ソレアーがリードオフで、Game3の再現か!?という感じの打線ですね。

ブレーブスの先発はタッカー・デービッドソン

 この日もなかなか先発ピッチャーが決まらなかったブレーブス。起用したのは、2020年にデビューした左腕のタッカー・デービッドソンでした。

 レギューラー・シーズンでは5月18日から約1か月間、メジャーのマウンドにいて、5試合に先発、20イニングでERAは3.60。いい数字を残していたのですが、左前腕部の炎症で60 Day IL入り。このままトミー・ジョン手術か?とも思っていましたが、なんと10月に入り、リハビリ登板を開始。モートンの離脱もあり、急遽ワールドシリーズにロスターINしたのでした。

デービッドソン、2回に失点

 初回を併殺打も含め、3人で乗り切ったタッカー・デービッドソンでしたが、見方の大支援の直後、打順が下がったアレックス・ブレグマンにタイムリー・ダブルなどを打たれ、2失点。

 3イニング目もマウンドに上がりましたが、エラーと四球でランナーが溜まったところで、ジェシー・チャベスにスイッチしました。タッカー・デービッドソンは2回、被安打2、失点4(降板後、茶ビスが失点)、与四球3、奪三振1という成績でした。

アダム・デュバルがグランドスラム 

 タッカー・デービッドソンの初回の素晴らしい立ち上がりを支援すべく、ブレーブス打撃陣も奮起。

 1回裏、ヒットと四球で2アウトながら満塁のチャンス。ここでアダム・デュバルが四球の後の初球をフルスイング。RFスタンドに入るグランドスラムに。

 ブレーブスがルーキーの躍動と、打線の機能でこのままお祭りのようにチャンプへ突っ走るのか?と思われました。

アストロズ、即追いつく

 しかし、アストロズは失点直後の2回に2失点。さらに3回にもカルロス・コレアのタイムリーダブルなどで2点を上げ、4-4に追いつきます。

 よく追いついたなと思います。

 その後、ブレーブスは4回にフレディー・フリーマンのソロHRで5-4とリードを奪うも、その後は沈黙。アストロズ投手陣が無失点リレーを見せました。

 一方、アストロズは5回にマーウィン・ゴンザレスのラッキーなヒットなどもあり、3点を奪い、逆転。7回、8回にもタイムリー・シングルで追加点を上げ、9-5のスコアでブレーブスを下し、ワールドシリーズ2勝目。勝負をヒューストンへ持ち込むことになりました。

2021 World Series Game 5, Houston Astros vs Atlanta Braves: October 31, 2021 | Baseball-Reference.com
Houston Astros beat Atlanta Braves (9-5). Oct 31, 2021, Attendance: 43...

ザック・グレインキが代打でシングル

 このゲームはなかなかおもしろい展開だった訳ですが、特筆を1つ上げたいと思います。

 アストロズは4回表、イーミ・ガルシアに打順が回ってきたところで、なんとザック・グレインキを代打に起用。ワールドシリーズでの代打は20218年のGame3でドジャースのクレイトン・カーショウが出て以来、2度め。カーショウは倒れましたが、グレインキはRFへものすごい当たりのシングルを放ち、見事に出塁しました。

 さすがのザックです。

 ワールドシリーズ Game6は、日本時間で3日、祝日に行われます。

 お読みいただき、ありがとうございました。  

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました