スポンサーリンク

【MLB2023】PSに強いネイト!7回1失点の好投でTEXのALCS進出に大きく貢献!

ALCS Gm3 BAL 1 @ 7 TEX (TEX がスウィープ)

 現地2023年10月10日、オリオールズとレンジャーズのALDS Gm3はグローブライフ・フィールドに舞台を移し、Gm3が行われ、レンジャーズがネイサン・イオバルディの好投と、序盤の6得点でオリオールズを圧倒。3連勝でスウィープし、2011年以来のALCS進出を決めました。

【YOUTUBE】The Texas Rangers are MOVING ON! CLINCH ALCS Berth (Final Out & Celebration)

スタート

 後が無くなったオリオールズは細かく打順を入れ替えてきました。どっしりとした打線でこの方がしっくり来る感じです。2Bにはアダム・フレイジャーを起用。ウェストバーグは3Bでスタートしました。

 一方のレンジャーズは打順、メンバーともに変わらず。

#BALTEX
1SS: ヘンダーソン2B: セミエン
2C: ラッチマンSS: シーガー
3RF:サンタンデアDH: ガーバー
41B: マウントキャッスルRF: アドリス・ガルシア
5DH: オハーンLF:カーター
6LF: ヘイズC: ハイム
7CF: マリンズ1B: N・ロウ
83B: ウェストバーグ3B: ヤング
92B: A・フレイジャーCF:タベラス
PD・クレマーN・イオバルディ

ネイト、PSに強し!

 このゲームを下支えしたのはやはりレンジャーズ先発のネイサン・イオバルディ。

RS前半はCYペース

 まず、今季のネイサン・イオバルディは、前半戦(4/1-7/18)で19試合、123.2イニングを投げ、11勝3敗、ERA 2.69。サイ・ヤング賞を狙おうかという勢いで好投を続けてきました。ジェイコブ・デグロムがトミー・ジョン手術で離脱した中、彼が今季のレンジャーズを支えたヒーローの1人と言っていいでしょう。

9月は大苦戦

 ところが、後半戦に入り腕のトラブルがあり、ベロシティーがダウン。9月序盤まで約1.5ヶ月にわたって戦線を離脱しました。

 そして9月5日に戦線に復帰してからのネイトは、まるで別人。9月のERAは6試合で20.1IPを投げ、9.30!

 ネイトのこのシーズン後半の姿を見れば、PSは大丈夫なのか?と誰もが思ったはずです。

PSで実力発揮

 しかし、9月とは打って変わって、現地2023年10月4日のレイズとのワイルドカード・シリーズではレイズ打線を相手に6.2イニングで被安打6、失点1、BB 0、SO8をマーク。ベロシティーが復活しました。

 そしてALCS進出を決めるこの日もネイトは好調。7.0イニングを投げ、被安打5,失点1、BB 0、SO 7、HR 0。この日もベロシティーは96-97mphをヒット。スプリット、スライダー、チェンジアップ、カーブと左右にコマンド良く散らし、オリオールズ打線に的を絞らせませんでした。

 この投球でのポストシーズンのキャリア通算ERAは56.2 IPで2.70に。今季、やはりポストシーズンで活躍しているザック・ウィーラーのERA 2.59(48.2 IP)に迫る高品質の投球を披露しています。なお、歴代、PSで8先発以上に登板してもっとも優れた数字を出しているのは、元ジャイアンツのマディソン・バンガーナーで102.1 IPで2.11です。

TEX、2回までにゲームを決める 

 ゲーム展開ですが、レンジャーズが序盤でゲームを決めてしまいました。

  • 1回裏
    • コーリー・シーガーがRFへソロHRを放ち、先制 (BAL 0, TEX 1)
  • 2回裏
    • 1アウトからジョシュ・ヤングがシングルで出塁。
    • レオディー・タベラスは3Bポップフライで2アウト
    • マーカス・セミエンがLFへダブル(2アウト2、3塁)
    • コーリー・シーガーは申告敬遠(満塁)
    • ミッチ・ガーバーが3塁線を破るタイムリー・ダブルで2人が生還。(BAL 0, TEX 3)
    • 2アウト2、3塁でアドリス・ガルシアが左中間へ3ランHR (BAL 0, TEX 6)
    • ここでBALは投手交代。ディーン・クレマーからタイラー・ウェルズへ
    • エバン・カーターは凡退
  • 5回表
    • 2アウト2塁でガナー・ヘンダーソンがRFへシングル (BAL 1, TEX 6)
  • 6回裏
    • 先頭のナサニエル・ロウがRFへダメ押しのソロHR (BAL 1, TEX 7)
  • 8回表
    • アロルディス・チャップマンが登板。
    • ホルヘ・マテオは三振で1アウト
    • ガナー・ヘンダーソンがシングルで出塁
    • アドレー・ラッチマンはRFフライで2アウト
    • アンソニー・サンタンデアがストレートの四球で出塁(2アウト 1、2塁)
    • ライアン・マウントキャッスルもストレートの四球(2アウト満塁)
    • レンジャーズはホセ・レクラクを起用。オリオールズはライアン・オハーンに代わってアーロン・ヒックス
    • ヒックスは1Bゴロに倒れて3アウト
  • 9回表
    • ホセ・レクラクがイニングまたぎで登板。三者凡退でゲームセット。  (BAL 1, TEX 7)

またチャップマンが壊しかける

 上述のようにレンジャーズは8回からアロルディス・チャップマンを起用するも、またしても突如の乱調で8連続ボールでレンジャーズを危ういところに導きかけましたが、ホセ・レクラクが伸びのある4シームでオリオールズ打線を分断。なんとか凌ぎました。

 レンジャーズはやはり後ろの課題が残ったままですが、見事にシーズン101勝のオリオールズをスウィープしました。

BAL、自慢のスターターが崩れる

 オリオールズはレギュラー・シーズンでは15勝のカイル・ギブソン、13勝のディーン・クレマー、12勝のカイル・ブラデッシュ、7勝のグレイソン・ロドリゲス、タイラー・ウェルズと非常に良いローテーションをキープしたのですが、ALDSではその自慢のローテーションが残念ながら機能せず。

 3戦を合わせたスターターのERAは14.63。ブルペンもポストシーズンでは高めのERA 4.00です。ベテランのカイル・ギブソンをうまく起用したかったですね。

 一方、レンジャーズはスターターのERAが2.22、ブルペンのERAが2.16と非常にいい数字を残しています。

 打撃の方では、レンジャーズのチーム打率は.283、オリオールズは.243でした。 

 これでALイーストはポストシーズンで早くも姿を消したことになります。

 レンジャーズはALCSでマックス・シャーザーが帰ってくるのかも注目です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました