スポンサーリンク

【MLB2021FA】D.J. ルメイヒュー、ヤンキースと再契約へ! 6年90Mドルで決着! ヤンクス、オフの最大のミッション達成(追記あり)

ヤンキースが6年で争奪戦に勝利

 現地2021年1月15日、今オフのFA資格の内野手で最も動向が注目されていたD.J. ルメイヒュー(DJ LeMahieu)のディールが決定。ヤンキースと6年$90Mのディールで同意した模様です。

 内容は現地2021年1月15日時点ではオフィシャルではありません。

契約詳細

 現時点では6年総額$90Mのディールで合意というところまでしかわかっていません。こちらは詳細が判明し次第、追記いたします。

追記

 現地2021年1月27日、正式な内容が出来ましたので、記載したいと思います。

  • 6 年/$90M (2021-26)
    • 支払い:$15M/年x6
  • フル・ノートレード・プロテクション(2021-2022)
  • ノートレードの一部解除(2023-26)/5クラブとはノートレード(詳細は明かさず)
  • 2023シーズンの後にはMLB通算10年、同一クラブ通算5年以上となり、通称、10-5ルールの適用となり、全トレードをブロック出来る權利を得る

38才のシーズンまで

 ヤンキースの今オフのトップ・プライオリティーに設定されていたD.J. ルメイヒューとのディール。

 当初、D.J. ルメイヒューは5年$100Mレンジを求めているという噂が出ていました。

 1988年7月13日生まれのD.J. ルメイヒューは、2021年4月1日の開幕時点で32才。ヤンキースは36才のシーズンまでを想定して4年でのディールを考えていたとも言われており、ここにギャップがあり、ディールの話がすすんでいませんでした。

 そのうち、2Bスポットでキケ・ヘルナンデス(彼はユーティリティーでもありますが)をFAで欠くドジャースという強力なライバルが表れました。また、ブルージェイズも積極的に参戦したとも言われています。

 合意した総額は当初のディールより少なくなっていますが、贅沢税の関係や本人の長期契約の希望などの落としどころで、ヤンキースが6年のオファーで手打ちしたという流れのようです。

AAVでM

 6年総額$90Mのディールということで、贅沢税の算出の基礎となるAAV(Annual Average Value)が出ました。$15Mです。

 ヤンキースはゲリット・コールとジャンカルロ・スタントンのトップ2が破格過ぎて金銭価格が狂いそうになりますが、現時点の高額選手はご覧の通りです。ルメイヒューをAAVで$20M以下に抑えることが出来たのは、贅沢税の点ではよかったのかもしれません。

【2021ヤンキース AAV】

  • ゲリット・コール:$36M
  • ジャンカルロ・スタントン: $29M
  • アロルディス・チャップマン: $16M
  • D.J. ルメイヒュー: $15M
  • ザック・ブリットン: $13M
  • コーリー・クルーバー: $11M (他記事にて詳細を記載します)
  • アーロン・ヒックス: $10.785M
  • ルイス・セベリーノ: $10.75M 

2021年の贅沢税の基準額は0M

 ヤンキースの2021年の贅沢税の状況ですが、上記の高額選手の分だけで$128M以上。40manロスターの総額で現時点での概算は$199M強。2021年の贅沢税の基準額は$210Mですから、あと$10M強のスペースが残りました。これはルメイヒューの合意報道の後に飛び出したコーリー・クルーバーのディールも含めた金額です。

 残り$10Mでどうするのか?は注目ですね。

 なお、ヤンキースの2020年の贅沢税は基準額$208Mに対して$265.2M。$57.2Mもオーバーしています。超過2年目です。

 2019年は基準額超え1年目で$206Mに対して、$234.5Mで$28.5Mオーバー。$20%のレートが適用され、$6.7Mの支払いが発生していました。中堅選手一人、$1M規模の選手を6人キープ出来る金額です。

ルメイヒューは2年連続でMVP候補

 2019年にヤンキースに加入したD.J. ルメイヒュー。

 この2年間の活躍は素晴らしく、2019年はMVP投票で4位、2020年は3位に入りました。

  • 2019: 145試合、打率.327、OBP .375、SLG .518、HR 26、RBI 102、二塁打 33
  • 2020: 50試合(60試合中)、打率.364、OBP .421、SLG .590、HR 10、RBI 27、二塁打 10 

 特に2019年の価値は計り知れないものがあったと思います。なぜならけが人が続出する中で、リードオフとして最後まで出場し続け、上記のような成績をマークしたからです。ポストシーズンでも活躍しましたね。

D.J. ルメイヒューとは

 ルメイヒューはもともと2009年ドラフトでカブス2巡目指名の選手です。

 MLBデビューはカブス時代の2011年。ルーキーイヤーは37試合に出場し、打率.250、HR 0。

 その年のオフの2011年12月にカブスがイアン・スチュアート(3B/2014がMLBラストシーズン)を獲得したトレードで、他の選手とともにロッキーズへ移籍。

 ロッキーズ移籍1年めの2012年から81試合に出場。というのもちょうどこの年、トロイ・トゥロウィツキーが5月に鼠径部(そけいぶ)を傷め、IL入りとなったのです。これでチャンスを得たD.J. ルメイヒューは上記の通り、81試合に出場できたのです。トゥロウィツキーの怪我がなければここまでの選手になっていたかどうかわかりません。結局、トゥロウィツキーはこの年、47試合の出場にとどまりました。

 なお、トレバー・ストリーが出てくるのは2016年になってからです。

スタッツとアウォード

 キャリアを通じてのスタッツとアウォードはご覧の通りです。

  • オールスター出場: 3度 (2015、 2017、 2019)
  • NL ゴールドグラブ賞受賞:3度 (2014、 2017、 2018)
  • AL シルバースラッガー賞受賞:2度 (2019、2020)
  • 打率 1位:2度 (2016/NL:.348、2020/AL: .364) 史上初の両リーグでのバッティングタイトル!
  • AL OBP 1位:1度 (2020)
  • AL OPS 1位:1度(2020)
  • NL最多安打: 1度 (2016: 192)
  • 20HR以上: 1度 (2019)
  • 100 RBI以上: 1度 (2019)
  • 100 Runs Scored : 2度 (2016、2019)

 守備はもともとロッキーズ時代にGG賞を受賞していた通り素晴らしく、打撃もロッキーズ時代からよかったです。また直近2年の活躍ぶりが素晴らしいですね。

 2016年の成績が特に輝いたのは、上記のトレバー・ストーリーのメジャー・デビューの影響も多々あったと思います。

 ルメイヒューは味方が苦しんでいる時に、風穴を空ける1本を打つケースが多く、チャンスメイクするのが特に素晴らしいと思っています。流れを変えることの出来る選手です。

 ルメイヒューが残り、ヤンキースはまたしてもALイーストをリードする勢いですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました