スポンサーリンク

【MLB2024FA】メッツ、ショーン・マナエアと2年契約で合意

メッツ、ローテーションを補強

 現地2024年1月7日、ニューヨーク・メッツがFA選手獲得に動きました。パドレスとの契約をオプトアウトし、FA市場に打って出た左腕のショーン・マナエアと2年契約で合意です。

贅沢税の状況

 2023年は$366.187Mというとんでもない額の贅沢税上のサラリーを叩き出したメッツ。基準額が$233Mでしたから、$133M以上超過で、しかも2022年に続き2年連続の超過。2023年の税額は$95M以上と言われております。

 2024年もその余波を受け、すでに基準額$237Mに対して$306M強という状況。マックス・シャーザーとジャスティン・バーランダーのサラリーのインパクト約$55Mが2024年も続きますので、2024年も超過は避けられない状況。

 ゆえに今オフは大人しかったのですが、FA左腕の獲得に動きました。

契約内容

 メッツとショーン・マナエアの契約は、大筋で以下の内容で合意。

  • 2年/$28M 保証(2024-25)
    • 2024年終了後にオプトアウトあり

 2024終了後にオプトアウトが入ったようです。この辺の条件は追って追記したいと思います。大まかなAAVは$14M。

前の契約

 今オフはオプトアウトによりFAとなったと書きましたが、念のためパドレスとは以下の内容でサインしていたことを記したいと思います。

  • 2年/$25M(2023-2024)
    • 2022年12月にジャイアンツとサイン
    • サイニング・ボーナス:$5M 
    • サラリー:$7.5M(23)、$12.5M (24)
    • 2023 シーズン終了後オプトアウト可→11/5、マナエアはオプトアウト行使→FA

 今回の契約はジャイアンツとの契約を上回る額のサラリーになりました。

2023年の成績

 2023年のジャイアンツでの成績に入る前にパドレスでの2022年の成績に触れておきます。2022年、ショーン・マナエアは、5月半ばから8月半ばまでの3ヶ月間、16先発で4勝4敗、ERA 5.16と荒れました。9月になんとか帳尻を合わせてMLS6年のFAとなったのですが、この不安定さはジャイアンツでのシーズン序盤まで続きました。

 マナエアは、2023年は4月3日にリリーフでジャイアンツ・デビューを果たした後、当初の予定通り先発に回りますが、5月10日までの8試合(6先発)で失点29 (ER 26)をマークし、ERAは7.96。かなり悲惨な結果となりました。

 5月10日の先発以降は、ローテーションから外されるほど。

スウィーパーで蘇る!

 しかし、リリーフとなって以降、5月後半から投球が安定。9月6日の登板まではローテーションのチャンスはなく、全てリリーフだったのですが、24試合で66.0 IPでER 28をマーク。この間のERAは3.82と調子を整えてきました。

 そして9月12日からの4試合はローテーションに復帰。この間のERAは2.25です。シーズン後半に尻上がりによくなりました。この追い上げがあって、このオフにオプトアウトして市場に打って出てメッツとの契約を勝ち取ったという流れです。

 5月後半からよくなったのは、スウィーパーを加えてから。これで相手打線を面白いように打ち取るようになりました。

メッツのローテーション

 さて、メッツですが、ローテーションは千賀投手を軸に、ホセ・キンタナ、さらにこのオフに加えたルイス・セベリーノ、エイドリアン・ハウザーらがおります。マナエアはおそらくNO.3の順番でローテーションに加わることとなるでしょう。

ショーン・マナエアとは

 ショーン・マナエアのこれまでのキャリアについておおまかに触れておきます。1992年2月1日生まれの32才(2024シーズン開幕時)。

 ドラフトは2013年のロイヤルズの1巡目で全体順位は34位。ドラフトイヤーに股関節の手術をしたため、プロデビューは2014年になりました。

 翌2015年も怪我に見舞われ、腹筋、鼠径部の肉離れで6月末まで登板出来ず。 

アスレチックスにトレード

 そのような状況の中、2015年7月のトレード・デッドラインでロイヤルズがベン・ゾブリストを獲得したトレードで、アーロン・ブルックスとともにアスレチックスに移籍。このトレードはロイヤルズにとって大成功で、ゾブリストはロイヤルズのWS制覇に大きく貢献しました。

 アスレチックス移籍後のマナエアは、2016年にメジャー・デビュー。このデビュー・イヤーで25試合、24先発で144.2 IPで7勝9敗、ERA 3.86をマーク。大いに注目されることとなりました。

 その後もマナエアはアスレチックスでローテーションとして機能し続け、2017年、2018年と2年連続で12勝をマーク。

ノーヒッター達成

 特に現地2018年4月21日にはノーヒッターを達成。相手はレッドソックスだったんですね。この時のレッドソックスは開幕から17勝2敗と圧倒的に強かった時期でマナエアのノーヒッターでようやく4月に3敗目という状況でした。よって、このノーヒッターは非常に価値があったということですね。マナエアは4月に4勝、ERA 1.03をマークし、AL POM(月間最優秀投手)に選ばれました。

肩の手術

 しかし、マナエアは2018年後半に肩を痛めて手術することに。2019年は9月まで登板の機会はありませんでした。

 9月に復帰したのはポストシーズンを見据えてでしたが、残念ながらポストシーズンでは結果が出ず。

 パンデミックによって短縮された2020年シーズンは11試合に登板し、4勝3敗、防御率4.50。

 2021年シーズンは4月いに5先発で3勝1敗、ERA 2.83と好調なスタートを切ったものの、5月は6先発で勝ち星を挙げることができず、ERAは4.78まで上昇。6月は一転、5先発でERA 1.13で自身2度目のAL POMを受賞しております。このシーズンは11勝10敗、ERA 3.91。

パドレスへ

 2021年から2022年にかけてのロックアウトとなり、解消後、アスレチックスはクリス・バシット、マット・オルソン、マット・チャップマンらを次々にトレード。リビルドを実施しました。

 そして4月3日、マナエアもパドレスへ。

 2022年は30試合(28先発)で158.0 IPで8勝9敗、ERA 4.96。シーズン終了後にFAとなり、ジャイアンツと上述の契約でサインしたという流れです。

ルーツ

 アメリカのインディアナ州で育ったマナエアですが、そのルーツはアメリカ領サモアにあります。父がベトナム戦争で米軍に従軍。移住しました。風貌と名前の秘密はそこにあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
タイトルとURLをコピーしました