スポンサーリンク

【MLB2024FA】大谷翔平選手はドジャースに決定!メッシ超えの10年/700Mドルでサイン

大谷選手、インスタグラムでLAD行きを報告

 現地2023年12月9日、ついに大谷翔平選手の移籍先が決まりました。当初の噂通り、ロサンゼルス・ドジャースに決定しました。大谷選手も自身のインスタグラムでドジャースに決定したことを報告。投稿にはエンゼルス関係者、これからお世話になるドジャース関係者そしてファンや他のFA選手へ配慮したコメントを載せており、「らしさ」の滲み出る内容でした。

決断は早かった!

 大谷選手は ”I apologize for taking so long to come to a decision.”と決断に時間がかかったことを気にした投稿をしましたが、年内決着でしかもまだ12月半ば。十二分に早い決断であり、他のFA選手のディールに影響を与えることは少ないと思われます。

 最も遅かったのは2018-19のオフシーズン。この時はブライス・ハーパーの交渉を巡り、ボラス・コーポレーションとオーナー側の双方で出方を伺うあまり、他のFA選手のディールが停滞しました。ハーパーのディールが決まったのは現地2019年2月28日のことでした(記事)。

ジョー・ケリーの17番変更情報

 現地2023年12月7日から8日の段階で24時間以内に大谷選手の移籍先が明らかになるという情報がありましたが、その通りになりましたね。

トロント情報

 トロントもかなりいいところまで食い込んでいたかもしれませんが、大谷選手が入って勝てるかどうかを考えたときに、むしろ「トロントはない」ように思えました。打線は非常に良いものの、ブルペンを含めた投手力に難があります。そこをFAで補強したとしても、大谷選手+アルファになる訳ですから、メッツやドジャースと違って、資金的に持たないです。コストセーブ状態に入れば大谷選手はまた孤軍奮闘状態になることが避けられなくなります。それにトロントはトゥロウィツキーのトレードでもこけましたし、むしろ、FA前の選手が活躍するパターンの時が強いです。ということは、ゲレロ・Jr.やビシェットのいる今がまさにそうで、大谷選手への資金はむしろ投手補強につぎ込んだ方がベターというふうに判断するだろうとは個人的には思いました。

 勝てる視点で考えたときには、もうドジャースが相当有力だったということですね。筆者は案外、ブレーブスも残っているのでは?とも思っていました。ただ、ブレーブスは2024年の贅沢税の基準額を超えることが明白な状態で1プッシュ出来なかったのでしょうね。

 そしてドジャースがジョー・ケリーに17番の変更を持ちかけたという情報が実は一番真実味のある情報になりましたね。

契約

 現時点でわかっている契約は以下の通り。

  • 10年/$700M (2024-2033)
    • 繰り延べ払いの比率が高い

 「繰り延べ払い」とは支払いを一定期間猶予し、あとで支払うこと。金利分を考慮すれば現在価値の概念が入ってきます。現在価値とは金利のついた未来の金額からその金利分を割り引いて算出する現在の価値のこと。詳細は下記の記事をご覧ください。

総額はメッシ超え!=スポーツ界NO.1

 今回の大谷選手の巨額ディールは野球界を飛び越え、スポーツ界全体が比較対象となることに。契約総額の順に並べるとご覧の通り。総額ではこれまでのNO.1だったメッシを超えました。

NONameSportsClubterm契約総額AAV
1大谷翔平MLBLAD10$700M$70M
2リオネル・メッシSoccerバルセロナ4$674M$168.5M
3クリスチャーノ・ロナウドSoccerAl-Nassr
(サウジ)
2.5$536M$214.5M
4パトリック・マホームズNFLチーフス10$450M$45M
5カリム・ベンゼマSoccerAl Ittihad
(サウジ)
2$436M$218M
6マイク・トラウトMLBLAA12$426M$30.4M

 サッカー選手の契約はユーロだと思うのですが、契約当時のUSD換算です。

 それにしてもサッカー選手のAAVの凄さたるや恐ろしいですね。

MLBでの比較

 MLBでの高額契約ということになるとご覧の感じです。

NONameClub期間From/To契約総額AAV
1大谷翔平LAD102024-33$700M$70M
2マイク・トラウトLAA122019-30$426M$30.4M
3ムーキー・ベッツLAD122021-32$365M$30.4M
4アーロン・ジャッジNYY92023-31$360M$40M
5マニー・マチャードSDP112023-33$350M$31.8M
6フランシスコ・リンドーアNYM102022-31$341M$31,4M
7F・タティス・Jr.SDP142021-34$340M$24.3M
8ブライス・ハーパーPHI132019-31$330M$25.4M
9ジャンカルロ・スタントンMIA132015-27$325M$25M
10コーリー・シーガーTEX102022-31$325M$32.5M

AAVでも当然ダントツ

 なお、これまでAAVのトップはマックス・シャーザー(メッツと3年/130M)とジャスティン・バーランダー(メッツと2年/$86.666M)の$43.33Mが最高でしたが、はるか上を行くことになりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました