スポンサーリンク

【MLB移籍2021】”強靭なローテ!”ホワイトソックスがトレードでランス・リンを獲得(WM1日目)

2020ウィンター・ミーティング(7日)

 現地2020年12月7日、ホワイトソックスがアグレッシブに動きました。これはなかなかすごい先発ローテーションの布陣になります!

 レンジャーズからローテーション右腕のランス・リン(Lance Lynn )をトレードで獲得しました。

トレード詳細

このトレードはいずれも投手が動きます。

ホワイトソックスGet

  • ランス・リン(33才)

レンジャーズGet

選手詳細

【CWS】ランス・リン

 ランス・リンは1987年5月12日生まれの33才。2021年のシーズン途中で34才になるベテラン右腕。2008年カージナルス1巡目指名です。

 2011年にデビューし、2017年までカージナルスに所属。

2015年オフにトミー・ジョン手術

 カージナルス在籍時の2015年のポストシーズン終了後にトミー・ジョン手術を受け、2016シーズンは全休しました。

 手術前の2013年から2015年までは先発として33試合(2013)、33試合(2014)、31試合(2015)に登板し、ほぼ皆勤のような登板数を誇ります。驚くのはトミー・ジョン手術明けの2017年にも33試合に登板していることです。非常にパワフル。

 2017年オフにFAとなり、2018年3月にツインズとサイン。サラリーは1年/$12M(2018)。

 そして同年のトレードデッドラインでヤンキースに移籍。この時の交換要員が2020年に横浜ベイスターズに所属したタイラー・オースティンです。

 2018年オフに再びFAとなり、同年12月にレンジャーズとサイン。

レンジャーズでの契約

 レンジャーズとの契約が3年/$30M (2019-21)で、オプションはついていませんでした。2021年のサラリーは$8M。

通算104勝

 カージナルス時代から素晴らしかったランス・リンですが、デビュー2年目の2012年から2019年までいずれも二桁勝利を継続。ただし、上記の通り、2016年のトミー・ジョン手術による全休のシーズンは除いてではありますが、ヘルシーな時は10勝というとてもわかりやすい功績を残しています。ちなみに勝利数のキャリアハイは2年めの18勝(2012年)。

 ショートシーズンとなった2020年も6勝。レンジャーズが厳しいシーズンだったので、この勝ち星でとどまりましたが、そうでなければあと3勝は上積みできるくらいので出来でした。2020シーズンはシェーン・ビーバーとともにハーラートップを争う勢いでした。

 非常にタフなローテーション右腕で200イニング以上を3度達成しているのはベンチとしては非常にありがたい存在です。

【TEX】デイン・ダニング

 レンジャーズが獲得したデイン・ダニングは、マイナー時代、あの豪腕マイケル・コペックと仲のよかった投手です。ともにトミー・ジョン手術を経験しています。詳細は下記の記事に。

 2020年の成績

 2020シーズンにデビューしたデイン・ダニングは7試合、34.0イニングを投げ、2勝0敗、ERA 3.97。今後も活躍を期待できる右腕です。

【TEX】エイブリー・ウィームス

 エイブリー・ウィームスは2019年アマチュアドラフトのホワイトソックス6巡目指名の左腕。

 2020シーズンはマイナーリーグがキャンセルになりましたので数字はありませんが、2019シーズンはドラフト後にルーキーリーグに所属。14試合に先発し、5勝4敗、ERA 2.09。

 2021年にダブルAにまで昇格すれば、2021年のデビューもあるかもしれません。

ホワイトソックスがきらびやかなローテーションに

 ランス・リンを獲得したホワイトソックスは、ご覧のようなローテーションに。

  • ルーカス・ジオリト
  • ランス・リン
  • ダラス・カイケル(L)
  • ディラン・シーズ
  • レイナルド・ロペス
  • マイケル・コペック

 もうこのメンバーを見ただけでALセントラルを威圧しているかのような布陣ですね。豪華です。2021年もブルペンで行くかどうかわからないのですが、ギャレット・クロシェもおります。

 ホワイトソックス、ますますバランスがよくなりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました