【MLB移籍2021】”強靭なローテ!”ホワイトソックスがトレードでランス・リンを獲得(WM1日目)

良いなと思ったらシェアお願いします

2020ウィンター・ミーティング(7日)

 現地2020年12月7日、ホワイトソックスがアグレッシブに動きました。これはなかなかすごい先発ローテーションの布陣になります!

 レンジャーズからローテーション右腕のランス・リン(Lance Lynn )をトレードで獲得しました。

トレード詳細

このトレードはいずれも投手が動きます。

ホワイトソックスGet

  • ランス・リン(33才)

レンジャーズGet

選手詳細

【CWS】ランス・リン

 ランス・リンは1987年5月12日生まれの33才。2021年のシーズン途中で34才になるベテラン右腕。2008年カージナルス1巡目指名です。

 2011年にデビューし、2017年までカージナルスに所属。

2015年オフにトミー・ジョン手術

 カージナルス在籍時の2015年のポストシーズン終了後にトミー・ジョン手術を受け、2016シーズンは全休しました。

 手術前の2013年から2015年までは先発として33試合(2013)、33試合(2014)、31試合(2015)に登板し、ほぼ皆勤のような登板数を誇ります。驚くのはトミー・ジョン手術明けの2017年にも33試合に登板していることです。非常にパワフル。

 2017年オフにFAとなり、2018年3月にツインズとサイン。サラリーは1年/$12M(2018)。

ランス・リンはツインズへ 注目されていた大物FA投手の移籍先が決まりました。 カージナルスからFAのランス・リン(Lance ...

 そして同年のトレードデッドラインでヤンキースに移籍。この時の交換要員が2020年に横浜ベイスターズに所属したタイラー・オースティンです。

 2018年オフに再びFAとなり、同年12月にレンジャーズとサイン。

レンジャーズでの契約
2018ウィンター・ミーティング3日目 現地2018年12月12日、ウィンター・ミーティング3日目はかなり動きが出ました...

 レンジャーズとの契約が3年/$30M (2019-21)で、オプションはついていませんでした。2021年のサラリーは$8M。

通算104勝

 カージナルス時代から素晴らしかったランス・リンですが、デビュー2年目の2012年から2019年までいずれも二桁勝利を継続。ただし、上記の通り、2016年のトミー・ジョン手術による全休のシーズンは除いてではありますが、ヘルシーな時は10勝というとてもわかりやすい功績を残しています。ちなみに勝利数のキャリアハイは2年めの18勝(2012年)。

 ショートシーズンとなった2020年も6勝。レンジャーズが厳しいシーズンだったので、この勝ち星でとどまりましたが、そうでなければあと3勝は上積みできるくらいので出来でした。2020シーズンはシェーン・ビーバーとともにハーラートップを争う勢いでした。

 非常にタフなローテーション右腕で200イニング以上を3度達成しているのはベンチとしては非常にありがたい存在です。

【TEX】デイン・ダニング

 レンジャーズが獲得したデイン・ダニングは、マイナー時代、あの豪腕マイケル・コペックと仲のよかった投手です。ともにトミー・ジョン手術を経験しています。詳細は下記の記事に。

トミー・ジョン手術後のホワイトソックスのマイケル・コペックの復帰時期とデイン・ダニングのデビュー戦について書いています
 2020年の成績

 2020シーズンにデビューしたデイン・ダニングは7試合、34.0イニングを投げ、2勝0敗、ERA 3.97。今後も活躍を期待できる右腕です。

【TEX】エイブリー・ウィームス

 エイブリー・ウィームスは2019年アマチュアドラフトのホワイトソックス6巡目指名の左腕。

 2020シーズンはマイナーリーグがキャンセルになりましたので数字はありませんが、2019シーズンはドラフト後にルーキーリーグに所属。14試合に先発し、5勝4敗、ERA 2.09。

 2021年にダブルAにまで昇格すれば、2021年のデビューもあるかもしれません。

ホワイトソックスがきらびやかなローテーションに

 ランス・リンを獲得したホワイトソックスは、ご覧のようなローテーションに。

  • ルーカス・ジオリト
  • ランス・リン
  • ダラス・カイケル(L)
  • ディラン・シーズ
  • レイナルド・ロペス
  • マイケル・コペック

 もうこのメンバーを見ただけでALセントラルを威圧しているかのような布陣ですね。豪華です。2021年もブルペンで行くかどうかわからないのですが、ギャレット・クロシェもおります。

現地2020年9月18日、ホワイトソックスのギャレット・クロシェがメジャーデビュー。驚きは2020ドラフトで指名された年にデビューしたことと、衝撃の100mph連発の投球。

 ホワイトソックス、ますますバランスがよくなりました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

現地2020年10月29日、ホワイトソックスは新監督に名将トニー・ラルーサを指名。ヤングタレント達の命運を彼に任せました。

 

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!