スポンサーリンク

【MLB移籍噂】コロナ後の動き!2020終了後にFAとなるヤディアー・モリーナ、求められればSTL以外も

モリーナの2020年終了後について

 まだ再開の目処が立たないMLBの2020シーズンですが、MLSに関してはたとえ2020シーズンが開催されないような事態になったとしても、登録日でカウントされることが決まっています。

 よって、各クラブは本来の開幕であった3月26日を目安にロスターを入れ替えており、それがMLSの起算日のような形になっています。

 なお、4月は全クラブともにトランザクションなし。5月はインディアンスでトランザクションがありましたが、これは例のエマニュエル・クラセが80試合のサスペンションになったことでリストリクテッド・リストに名を連ねたことを表すためのもの。

モリーナが2020終了後FA

 2020シーズン終了後にFAとなる選手としては、ドジャースに移籍したムーキー・ベッツがそうですが、そのほかに気になる大物の一人としてヤディアー・モリーナ(Yadier Molina)がおります。

モリーナの現契約 

 1982年7月13日が誕生日のヤディアー・モリーナは今季は37才で開幕を迎えるところでした。もし7月13日以降が開幕となった場合、38才での2020シーズンとなります。

 もうそのような年齢になったヤディアー・モリーナですが、現契約はこのようなものです。

  • 3年/$60M(2018-2020)
  • 2017年4 月2日に契約延長
  • 配分:18:$20M、 19:$20M、 20:$20M
  • 契約当時、捕手最高額。

 今季が現契約契約のファイナル・イヤーなのでした。

2020年1月時点ではSTLで終える予定だった 

 そのヤディアー・モリーナですが、2020年1月20日時点で、セントルイス・ポストの記者に語ったところでは、カージナルスに残る選択肢しか考えていませんでした。

 ここは解釈如何かもしれません。

 2020年1月の時点ではカージナルスから延長の話はなく、そのことについてのインタビューでもあったのですが、モリーナは、カージナルスは少なくともあと2年はいてもらいたいと思っているはずだと考えており、自身もプレーしたいのはカージナルスだけと言い放っていたほど相思相愛に思われていました。

今回の情勢で考えが変わったか?

 そのセントルイス・ポストに語った時点では、解釈次第ではカージナルスから契約はないと言われた場合、スパイクを脱ぐ、つまり引退もというニュアンスも匂わせていました。

 1月当時のモリーナは2020シーズンもフルで働くという大前提があったと思います。ところが、2020年が予想だにしない状況となりました。

 カージナルスからの延長のオファーがない可能性も出てきましたし、マット・ウィータースというバックアップがいる中で、何より野球選手として試合数減少となる2020シーズンで終わるわけにはいかない・・・そう考えたかもしれません。あくまでこれは事実関係から推測したことです。

2021年も求められれば

 捕手として38才になろうかということで終わりも意識していることは間違いないと思います。そうなるとモリーナの中の価値観では、プレーして精一杯やって終わりたいという考えの方が強いのかもしれません。

 そうなると、カージナルスの延長オファーがなかった場合、1月の考えとは異なり、とにかく求められるのであれば、他のクラブでもという考えに変わったのではないかと思います。

 カージナルスが義理人情を見せるのか?見ものですが、モリーナでさえもこの流行病により影響を受けているというお話でもありました。

2019年のモリーナ 

 なお、2019シーズンのヤディアー・モリーナの成績は113試合、419打数113安打、打率.270、OBP .312 、SLG .399、HR 10、RBI 57。

 ポストシーズンではNLDSでは打率.143、NLCSでは打率.167。

 捕手としては111試合に出場。CS%は27%。なおキャリア・ハイは2005年の64%。このとき、リーグ平均は29%。

Yadier Molina Stats | Baseball-Reference.com
2021: 11 HR, .252 BA, 66 RBI,Career: 171 HR, .280 BA, 998 RBI, C, 10xAllStar, 9xGG, Cardinals 2004-2021, b:R/t:R, born in Puerto Rico. 1982, Yadi

 モリーナ、どうなるでしょうか。注目ですね。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました