スポンサーリンク

【MLB移籍2020】ヤジエル・プイーグに複数のオファーがあったことが判明!そのうちマイアミを断った理由が秀逸

未契約FAのプイーグがオファーを明かす

 現地2020年4月18日の情報です。未契約FAとして残っているビッグネームとしてはインディアンスからFAとなったヤジエル・プイーグ(Yasiel Puig)の名前が上がると思います。

 彼の名前の表記としては今は「ヤシエル・プイグ」という言い方の方が適性かもしれません。当ブログはデビューイヤーの2013年に彼が出てきた時に、どう表記しようか迷った挙げ句、当時のブロードキャスターの発音が「ヤジエル・プイーグ」と言っていたのをそのまま使っていることはご了承ください。

 さて、そのプイーグの直近の情報が入ってきたのでここで記載したいと思います。

オフシーズンに複数のオファーあり!

 2019シーズンが終了し、オフシーズンになったところでヤジエル・プイーグには複数のオファーがあったことが判明しました。これはマイアミ・ヘラルドのスペイン語サイト、el Nuevo Herald のホルヘ・エブロ記者とのインタビューで明らかにしたものです。

マーリンズが$10Mオファー

 プイーグはそのインタビューで最初にオファーしたクラブがマーリンズであったことを明かしました。

 そのマーリンズがプイーグにオファーしたプライスが$10Mだったこともわかりました。これはおそらく1年契約でのオファーであったと思われます。

プイーグの2019年の動きを整理 

 ヤジエル・プイーグは現地2018年12月21日にドジャースとレッズ間で決まったブロック・バスタートレードでレッズに移籍していたのはご存じの通りです。

 さらに少し整理してみますと、ヤジエル・プイーグがドジャースにいたことも周知の通りです。ドジャースとはデビューイヤーの2013年の前年の2012年6月にサイニング・ボーナス$12M込みで、7年$42Mで契約。

 レッズに移籍したタイミングではドジャースとちょうど契約が切れるというタイミングでもありました。ドジャース最終イヤーとなった2018年のサラリーが約$7.5M。

 レッズへのトレードが決まった後、2019年1月に契約した内容は1年$9.7Mでした。

 そして2019年のトレードデッドラインでレッズからインディアンスに移籍しましたね。移籍後も1年$9.7Mがそのままインディアンスに残りが引き継がれたのは言うまでもありません(中にはトレードの条件として前のクラブがそのまま引き続き支払うというケースもあるのですが)。

 よって、今オフにマーリンズから受けたオファーの$10Mはかなりよい条件だったことがわかります。

マーリンズを断る

 プイーグにオファーしたマーリンズ以外のクラブは明らかになっていませんが、一番最初にオファーをしてくれ、なおかつ一番よい条件だったのがマーリンズだったということもプイーグは明かしています。

断った理由が秀逸!

 それでもマーリンズを断ったのはなぜか?自身もマイアミに住んでいるにもかかわらずです。実は、それには出身地キューバに近いという土地柄があるようです。

毎晩5−5を求められるからwww

 自身も命がかえでキューバからアメリカに亡命してきたのは有名な話ですね。

 キューバ出身者が多いというマイアミにおいてヤジエル・プイーグはやはり人気の選手であることに違いはなく、いわばヒーロー的な扱いを受けているようです。

 彼のセンセーショナルだった2013年のデビュー・イヤーを思えば、それも納得ですね。

 そして、マイアミで彼が求められるのは、なんと毎晩5−5、つまり5打数5安打を打つことを求められるからというのです。

 要は圧が半端なくすごいということですね。ちょっと笑ってしまいました。陽氣なイメージのある中米系の人たちですが、逆に言うとラテン系の恐ろしさも感じますね。いわば阪神ファンのもっと熱が高い人達に囲まれてしまうということでしょうか!?

 とにかく選手としてはやりづらいというのが断った理由のようです。なんとも意外な理由でした。もしもですが、ことわっていなければ今は未契約という心理的プレッシャーはなかったかもしれませんね。

パンデミックでSFGプランも立ち消え

 実は開幕前までにプイーグにオファーしようとしたクラブとしてジャイアンツの噂も上がっていました。ケビン・ピラーを出したジャイアンツは若手主体のリビルド状態ではあり、プイーグの力はフィットするクラブでもありました。実際ジャイアンツは動こうとしていたのですが、例の新型コロナウィルスのパンデミックで結局、このプランは立ち消えに。

プイーグは2020シーズンは難しいと見ている

 これは筆者の考えではありますが、この状況になったがゆえに、ジャイアンツはおそらくもうオファーしないのではないかと思います。

 実はプイーグ自身は2020シーズンが開催されることは「ない」と見ているようです。これは多少の自身のバイアスも入っているとは思いますが、客観的に見ているとも言えますね。

 ただ、本人は仮に始まっても少なくとも2021年は必ずどこかでプレーするつもりでおり、また2020シーズンが開かれれば当然それに向けても動くつもりであるとも応えています。

 ここでもパンデミックの影響が出ていますね。今年の税金の支払いが大変だと思いますが、セスペデスのようにスーパーカーを複数所有していることもなさそうですし、それなりに生活は出来ていそうでまずはよかったとは思います。

今オフには来日。相撲をとったのも話題になりましたね。

 マイアミが再びオファーするかどうかも含めてプイーグの今後にも注目してみたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました