スポンサーリンク

【2013MLB移籍】STLからFAのランス・バークマンがレンジャーズへ

2013移籍情報

こんにちは(^^)

現地2013年1月5日、カージナルスからFA(フリーエージェント)となっていた通算360発、1,200打点のランス・バークマン(Lance Berkman)がレンジャーズと1年契約で合意に至りました。

契約内容

契約は1年、$10Mで、2014年はクラブ・オプション。レンジャーズが再契約するかどうかの選択肢があるというものです。

背景

移籍先はアストロズか有力!という声も多かったのですが、結局は同じテキサス州のレンジャーズとなりました。

バークマンは、MLB.comのインタビューに「環境が合わなければ引退も考えていた」と明かしましたが、今回レンジャーズと合意に至った理由について、

  • 指名打者(DH)という出場機会があること。(1年を通して健康な状態でいるためにはDHは必要だと考えていたようです。)
  • そして地理的な条件も決定に至った理由のようです。(「ずっとテキサス・ガイだったからね」)

と語っています。

ランス・バークマンとは

ランス・バークマンは1976年2月10日、テキサス州ウェーコで生まれ。大学もテキサス州のライス大学の出身。

1997年にヒューストン・アストロズに1巡目(全体16位)でピックされてプロ入り。

アストロズでは1999年のメジャーデビューから2010年途中まで12年を過ごした生粋のテキサス・ガイだったのでした。

【ランス・バークマンのキャリア】

  • 1999-2010:ヒューストン・アストロズ(12.5年)
  • 2010 : ニューヨーク・ヤンキース(0.5年)
  • 2011-2012:セントルイス・カージナルス(2年)

2012年はひざのケガに悩まされ、32試合出場にとどまっていましたが、2011年は145試合に出場、打率.301、HR31、打点94を上げていました。

左投げスイッチヒッターのバークマンの通算成績は、試合数(1806)、安打数(1843)、2B(412)、HR(360)、打点(1200)、打率(.296)、OBP(.409)、SLG(.544)、OPS(.953)。

↓ 2005年NLCSゲーム5での活躍です。

【動画】Berkman’s three-run homer(2005/OCT/17)

バークマンのニックネームは、”Big Puma”もしくは”Fat Elvis”です(^^)

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました