スポンサーリンク

【フューチャー・ゲーム 2018】MVPはレッズのテイラー・トランメル!また、ハンター・グリーンが102mph

2018 Future Gameの模様は?

現地2018年7月15日、Future Game 2018が行われました。

Future Gameとは毎年オールスター本戦の前に開催されるプロスペクトのオールスター。日本で言うところのフレッシュ・オールスターです。

アメリカ出身の選手を集めたチームUSAとドミニカ共和国やベネズエラなどアメリカ以外の出身の選手を集めたチームWORLDとの対戦です。

トリイ・ハンター、デービッド・オルティズが指揮

今年はチームUSAの監督にトリイ・ハンターが、チームWORLDの監督にデービッド・オルティズが就いて指揮を採りました。

スタメン

スタートは以下の選手達です↓。

なお、ロスターはこちらに全選手載っております。

SiriusXM All-Star Futures Game | MLB.com
The Official Site of Major League Baseball

スタートに日本人ぽいお名前の選手がいます。

ケストン・ヒウラ

チームUSAのDH、ケストン・ヒウラ選手は日系人です。カリフォルニア出身、1996年8月2日生まれの21才。右投げ右打ち。2017年アマチュア・ドラフト、ブルワーズの1巡目、全体順位9位の選手。かなり期待されています。

ミゲル・アマヤ

チームWORLDのMIGUEL AMAYA選手はパナマ出身の19才。日本人ぽいお名前ですが、AMAYAはスペイン系の方の苗字で用いられるお名前。スペイン語での発音も「アマヤ」なんですが、日本人とは無関係です。カブス期待のプロスペクトです。

ちなみに、2017年のアマチュア・ドラフトはこちらに。

誰が輝いたか?

レッズのハンター・グリーン

勝敗よりも誰が輝いたかということにフォーカスされる試合ですが、まず驚いたのは2017年アマチュアドラフト全体2位、レッズのハンター・グリーン(Hunter Greene)。これがまた、投げ方がかっこいいんです。102mphを記録しました。

残念ながら、ハンター・グリーンはHRを打たれ、1回1/3を被安打2、失点1という内容でした。

ユスニエル・ディアス

またWORLDの3番LFでドジャースのユスニエル・ディアス(Yusniel Díaz )は2HRを放つ活躍ぶりを見せました。ユスニエル・ディアスは5打数2安打(2本ともHR)、3打点。WORLDが敗れましたのでMVPを逃しました。

MVPはテイラー・トランメル

MVPに輝いたのは、レッズのプロスペクトで現在シングルAプラスに所属するテイラー・トランメル(Taylor Trammell )。ゲーム途中から出場し、2打数2安打、1HR、1トリプル。

勝敗はチームUSAが10−6で勝ちました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました