スポンサーリンク

【MLB引退】通算152勝のサイヤング・ウィナー、ジェイク・ピービーが引退を表明

ラストゲームは2016年9月21日

現地2019年5月5日、パドレスの元エースで2007年サイヤング・ウィナーのジェイク・ピービー(Jake Peavy)が引退を表明しました。

まだ37才での決断です。

ジェイク・ピービーとは

ジェイク・ピービーは1999年パドレスの15巡目指名の投手。デビューは2002年6月22日のヤンキース戦、21才の時でした。

もっとも長くいたのがパドレスですので、やはりパドレスのイメージが強い投手でした。

  • パドレス:2002年−2009年前半
  • ホワイソックス:2009年後半−2013年前半
  • レッドソックス:2013年後半−2014年前半
  • ジャイアンツ:2014年後半−2016年最後まで

ジェイク・ピービーのスタッツ

ジェイク・ピービーの功績を記しておきたいと思います。

  • サイヤング賞:2007年(パドレス)
  • オールスター3度出場:2005年(パドレス)、2007年(パドレス)、2012年(ホワイソックス)
  • ゴールドグラブ賞1度受賞:2012年(ホワイソックス)
  • ワールドシリーズ2度出場:2013年(レッドソックス)、2014年(ジャイアンツ)
  • ERA タイトル2度:2004(2.27)、2007(2.54)
  • ピッチングトリプルクラウン:2007(19-6 /2.54 ERA/240 SO)
  • 奪三振タイトル2度:2005(216)、2007(240)
  • SO per 9 1位を2度:2006(9.563) 、2007(9.672)

とにかく奪三振の多いイメージがあったのですが、それが数字にも現れています。ファストボールが92−96mphくらいで、スライダー、チェンジアップなど右投手の王道のような球種で勝負しました。

Jake Peavy Stats | Baseball-Reference.com
Career: 152-126, 3.63 ERA, 2207 SO (64th), P, 2007 NL Cy, 3xAllStar, GG, Padres/WhiteSox/... 2002-2016, t:R, 2x SO Leader, born in AL 1981

ピークはサイヤング賞とピッチングのトリプルクラウンを成し得た2007年になりますでしょうか。ジェイク・ピービーが26才の時です。

ラストはジャイアンツ

ジェイク・ピービーのキャリアのMLB最後の登板は2016年9月21日。ジャイアンツでキャリア終焉でした。

その年のオフにFAとなり、所属先を探しておりましたが、うまくいきませんでした。2017年、2018年はマイナーでの登板記録もありません。

通算 152勝126敗、 2,207 SO、3.63 ERA、3.65 FIP ( 2,377 IP) 44.1 fWAR、37.5 rWAR 、 $127Mを稼ぎました。

2013年BOSでのWS Game 3

レッドソックスでワールドシリーズ制覇に貢献したピービーですが、2013年10月26日のワールドシリーズGame3で、オブストラクション・コール(守備妨害)でレッドソックスが敗れたゲームがありましたが、そのゲームで先発していたのがジェイク・ピービーでした。

あの時の捕手、サルティーも引退しましたね。

プライベートでの投資話はキャリアにも影響

キャリア終盤の2016年6月には嘘の投資話に騙され、ロイ・オズワルド、NFL QBのマーク・サンチェスとともに3人合わせて30億円以上の被害を被ったというプライベートでの事件もありました。明るみになったのがその時期です。

ピービーの2016年のサラリーは1,500万ドルだったのですが、半分は税金で持っていかれたとして、現預金はかなりの被害にあったのではないかと想像できます。

この時の金銭的な心配がなければ、2015年、2016年のキャリアはもっとよかったのではないかと推測できます。

ピービーはMLBキャリア15シーズンを過ごしているので、MLBからのペンション(年金)は年に2,000万円ほどはもらえるはずです。ただ、支給は62才と言われていますので、まだ37才のピービーはそれまでなんとか凌がなくてはいけません。

前倒しが可能とは言え、何かを見つけないといけませんね。一度贅沢を覚えてしまっているのでこれはマウンドでのピンチより厳しいかもしれません。

しかし、メジャーで培ったハートで乗り越えてもらいたいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
タイトルとURLをコピーしました