スポンサーリンク

【MLB引退】通算152勝のサイヤング・ウィナー、ジェイク・ピービーが引退を表明

MLB移籍/FA情報

ラストゲームは2016年9月21日

現地2019年5月5日、パドレスの元エースで2007年サイヤング・ウィナーのジェイク・ピービー(Jake Peavy)が引退を表明しました。

まだ37才での決断です。

ジェイク・ピービーとは

ジェイク・ピービーは1999年パドレスの15巡目指名の投手。デビューは2002年6月22日のヤンキース戦、21才の時でした。

もっとも長くいたのがパドレスですので、やはりパドレスのイメージが強い投手でした。

  • パドレス:2002年−2009年前半
  • ホワイソックス:2009年後半−2013年前半
  • レッドソックス:2013年後半−2014年前半
  • ジャイアンツ:2014年後半−2016年最後まで

ジェイク・ピービーのスタッツ

ジェイク・ピービーの功績を記しておきたいと思います。

  • サイヤング賞:2007年(パドレス)
  • オールスター3度出場:2005年(パドレス)、2007年(パドレス)、2012年(ホワイソックス)
  • ゴールドグラブ賞1度受賞:2012年(ホワイソックス)
  • ワールドシリーズ2度出場:2013年(レッドソックス)、2014年(ジャイアンツ)
  • ERA タイトル2度:2004(2.27)、2007(2.54)
  • ピッチングトリプルクラウン:2007(19-6 /2.54 ERA/240 SO)
  • 奪三振タイトル2度:2005(216)、2007(240)
  • SO per 9 1位を2度:2006(9.563) 、2007(9.672)

とにかく奪三振の多いイメージがあったのですが、それが数字にも現れています。ファストボールが92−96mphくらいで、スライダー、チェンジアップなど右投手の王道のような球種で勝負しました。

Jake Peavy Stats | Baseball-Reference.com
Career: 152-126, 3.63 ERA, 2207 SO (64th), P, 2007 NL Cy, 3xAllStar, GG, Padres/WhiteSox/... 2002-2016, t:R, 2x SO Leader, born in AL 1981

ピークはサイヤング賞とピッチングのトリプルクラウンを成し得た2007年になりますでしょうか。ジェイク・ピービーが26才の時です。

ラストはジャイアンツ

ジェイク・ピービーのキャリアのMLB最後の登板は2016年9月21日。ジャイアンツでキャリア終焉でした。

その年のオフにFAとなり、所属先を探しておりましたが、うまくいきませんでした。2017年、2018年はマイナーでの登板記録もありません。

通算 152勝126敗、 2,207 SO、3.63 ERA、3.65 FIP ( 2,377 IP) 44.1 fWAR、37.5 rWAR 、 $127Mを稼ぎました。

2013年BOSでのWS Game 3

レッドソックスでワールドシリーズ制覇に貢献したピービーですが、2013年10月26日のワールドシリーズGame3で、オブストラクション・コール(守備妨害)でレッドソックスが敗れたゲームがありましたが、そのゲームで先発していたのがジェイク・ピービーでした。

あの時の捕手、サルティーも引退しましたね。

プライベートでの投資話はキャリアにも影響

キャリア終盤の2016年6月には嘘の投資話に騙され、ロイ・オズワルド、NFL QBのマーク・サンチェスとともに3人合わせて30億円以上の被害を被ったというプライベートでの事件もありました。明るみになったのがその時期です。

ピービーの2016年のサラリーは1,500万ドルだったのですが、半分は税金で持っていかれたとして、現預金はかなりの被害にあったのではないかと想像できます。

この時の金銭的な心配がなければ、2015年、2016年のキャリアはもっとよかったのではないかと推測できます。

ピービーはMLBキャリア15シーズンを過ごしているので、MLBからのペンション(年金)は年に2,000万円ほどはもらえるはずです。ただ、支給は62才と言われていますので、まだ37才のピービーはそれまでなんとか凌がなくてはいけません。

前倒しが可能とは言え、何かを見つけないといけませんね。一度贅沢を覚えてしまっているのでこれはマウンドでのピンチより厳しいかもしれません。

しかし、メジャーで培ったハートで乗り越えてもらいたいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
タイトルとURLをコピーしました