スポンサーリンク

【MLB引退】通算152勝のサイヤング・ウィナー、ジェイク・ピービーが引退を表明

ラストゲームは2016年9月21日

現地2019年5月5日、パドレスの元エースで2007年サイヤング・ウィナーのジェイク・ピービー(Jake Peavy)が引退を表明しました。

まだ37才での決断です。

ジェイク・ピービーとは

ジェイク・ピービーは1999年パドレスの15巡目指名の投手。デビューは2002年6月22日のヤンキース戦、21才の時でした。

もっとも長くいたのがパドレスですので、やはりパドレスのイメージが強い投手でした。

  • パドレス:2002年−2009年前半
  • ホワイソックス:2009年後半−2013年前半
  • レッドソックス:2013年後半−2014年前半
  • ジャイアンツ:2014年後半−2016年最後まで

ジェイク・ピービーのスタッツ

ジェイク・ピービーの功績を記しておきたいと思います。

  • サイヤング賞:2007年(パドレス)
  • オールスター3度出場:2005年(パドレス)、2007年(パドレス)、2012年(ホワイソックス)
  • ゴールドグラブ賞1度受賞:2012年(ホワイソックス)
  • ワールドシリーズ2度出場:2013年(レッドソックス)、2014年(ジャイアンツ)
  • ERA タイトル2度:2004(2.27)、2007(2.54)
  • ピッチングトリプルクラウン:2007(19-6 /2.54 ERA/240 SO)
  • 奪三振タイトル2度:2005(216)、2007(240)
  • SO per 9 1位を2度:2006(9.563) 、2007(9.672)

とにかく奪三振の多いイメージがあったのですが、それが数字にも現れています。ファストボールが92−96mphくらいで、スライダー、チェンジアップなど右投手の王道のような球種で勝負しました。

Jake Peavy Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

ピークはサイヤング賞とピッチングのトリプルクラウンを成し得た2007年になりますでしょうか。ジェイク・ピービーが26才の時です。

ラストはジャイアンツ

ジェイク・ピービーのキャリアのMLB最後の登板は2016年9月21日。ジャイアンツでキャリア終焉でした。

その年のオフにFAとなり、所属先を探しておりましたが、うまくいきませんでした。2017年、2018年はマイナーでの登板記録もありません。

通算 152勝126敗、 2,207 SO、3.63 ERA、3.65 FIP ( 2,377 IP) 44.1 fWAR、37.5 rWAR 、 $127Mを稼ぎました。

2013年BOSでのWS Game 3

レッドソックスでワールドシリーズ制覇に貢献したピービーですが、2013年10月26日のワールドシリーズGame3で、オブストラクション・コール(守備妨害)でレッドソックスが敗れたゲームがありましたが、そのゲームで先発していたのがジェイク・ピービーでした。

あの時の捕手、サルティーも引退しましたね。

プライベートでの投資話はキャリアにも影響

キャリア終盤の2016年6月には嘘の投資話に騙され、ロイ・オズワルド、NFL QBのマーク・サンチェスとともに3人合わせて30億円以上の被害を被ったというプライベートでの事件もありました。明るみになったのがその時期です。

ピービーの2016年のサラリーは1,500万ドルだったのですが、半分は税金で持っていかれたとして、現預金はかなりの被害にあったのではないかと想像できます。

この時の金銭的な心配がなければ、2015年、2016年のキャリアはもっとよかったのではないかと推測できます。

ピービーはMLBキャリア15シーズンを過ごしているので、MLBからのペンション(年金)は年に2,000万円ほどはもらえるはずです。ただ、支給は62才と言われていますので、まだ37才のピービーはそれまでなんとか凌がなくてはいけません。

前倒しが可能とは言え、何かを見つけないといけませんね。一度贅沢を覚えてしまっているのでこれはマウンドでのピンチより厳しいかもしれません。

しかし、メジャーで培ったハートで乗り越えてもらいたいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました