【MLB2020移籍】アスレチックス、左腕のジェイク・ディークマンと2年で合意!

HOT STOVE for 2020

 現地2019年12月3日、オークランド・アスレチックスは今オフ、アスレチックスからFAとなったジェイク・ディークマン(Jake Diekman)と再契約。2年契約で合意しました。

契約内容

 契約は2年(2020-21)、 $7.5M。支払いは均等割で年当たり$3.75M。3年目の2020年はクラブオプション。金額は出ていませんが、$3.75Mに近い額かと思います。

リリーバー補強

 今回のディークマンの獲得はもちろんリリーバー補強です。

トライネンのサラリーでディークマンを2年契約

 ブレイク・トライネンの2019年のサラリーは$6.4M。調停による2020年のサラリーは$7.8Mと見込まれていて、アスレチックスとしては金額が合わないことからノンテンダーとしたのでした。

 今回のジェイク・ディークマンの獲得は、トライネンのサラリーでディークマンを2年コントールできるような形となりました。

盤石なアスレチックス・リリーバー陣

 3バッターミニマムとなる2020シーズンですが、アスレチックスは今のところ、下記のようなリリーバー陣となっています。オールスターでも投げたライアム・ヘンドリクスがクローザー・ロールを担うことになっています。

  • ライアム・ヘンドリクス(CL予定)
  • ヤスメイロ・ペティット
  • ルー・トリビーノ
  • ホアキム・ソリア
  • ジェイク・ディークマン(L)
  • J・B・ウェンデルケン
  • ポール・ブラックバーン
  • T.J. マクファーランド(L)2019はDバックス
  • ダニエル・メンデン
  • A・J・パック(L)
  • ヘスス・ルザルド(L)

 このうち、A・J・パックとヘスス・ルザルドはスタートに回るかもしれません。ライアン・ブッチャーをノンテンダーとしたのでディークマンの獲得は貴重なサウスポーとなります。

 一応、現時点でのスターター陣も記載しておきます。フランキー・モンタスは2019年6月終盤にPedsの問題で80試合のサスペンションの処分を受けましたが、2020シーズンは開幕から出場できそうです。

  • マイク・ファイヤーズ
  • クリス・バシット
  • ショーン・マナエア(L)
  • フランキー・モンタス

ジェイク・ディークマンの2019シーズン

 2020シーズンで33才のシーズンとなるジェイク・ディークマン。2019年は76試合、62.0 イニングに登板。ERA 4.65、奪三振 84。WARは0.1。2020年もタフネス左腕に大きな期待が寄せられそうです。

 リリースの時に突っ立つようなスタイルになるので一見、超技巧派に見えますが、ファストボールはまだまだ97mphを投げ込んできます!

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク