【7月トレード2018】J.A. ハップがヤンキースに、コール・ハメルズがカブスに決定

現地2018年7月26日はトレードデッドラインもカウントダウンに入ってきたということで、ビッグネームに動きが出ました。

まずはまたしても驚かさせてくれたヤンキースの話題からです。

ヤンキースがJ.A. ハップと合意

ヤンキースは同地区ライバルのブルージェイズからスターターの補強を目的にJ・A・ハップ(J.A. Happ )を獲得しました。

ヤンキースからブルージェイズには内野手のブランドン・ドゥルーリー(Brandon Drury  )とトリプルAの外野手、ビリー・マッケイ(Billy McKinney)が動きます。

ご覧の豪華なスターターがいるにもかかわらずなのですが・・・

■2018 NYY Starting Rotation

1. ルイス・セベリーノ 21試合、14勝3敗、ERA 2.63

2. C・C・サバシア 18試合、6勝4敗、ERA 3.51

3. ソニー・グレイ  19試合、7勝7敗、ERA 5.34

4.  田中将大投手 16試合、8勝2敗、ERA 4.09

5. ドミンゴ・ヘルマン 19試合、2勝6敗、ERA 5.68

(その他、今季の先発経験のある投手)

ジョーダン・モンゴメリー=DL

ルイス・セッサ(3試合先発)

ジョナタン・ロアイシガ(4試合先発)

(現地2018年7月26日現在)

J・A・ハップは現在35才の左腕で、MLB通算102勝82敗、ERA 3.95という実績のある投手。今季はここまで20試合、10勝6敗、ERA 4.18。 今季はチーム状態が悪いですからね。

2016年には20勝4敗、ERA 3.18を記録しています。

この布陣で新たに先発ローテを獲得したということは、やはりソニー・グレイを出すという考えなのかなと推測します。その結論もすぐに出るとは思います。

ヤンキースですが、主砲のアーロン・ジャッジが現地2018年7月26日のロイヤルズ戦で死球を受け右手首が骨折全治3週間というアクシデントが発生しました。

これによって、今度は打者を獲得するつもりなのか様子を見たいと思います。ソニー・グレイとのトレードを画策しているような気がしないでもないですが。ここは契約条件などもありますので、戦力だけでは話はできないので少し待ちたいと思います。

コール・ハメルズはカブスへ

さて、左腕のトレードの話題がもう1つあります。

現レンジャーズのローテーション左腕、コール・ハメルズ(Cole Hamels)のカブスへのトレードも決まりました。正式発表はまだですが、合意は間違いありません。レンジャーズのロッカーにはもうコール・ハメルズの荷物がないそうです。

噂ではフィリーズが獲得を狙っていたようですが、カブスに決まった模様。

カブスからレンジャーズには、クラスAの右腕、ロリー・レイシー(Rollie Lacy)と後日指名の同レベルの投手と野手が行きます。

通算152勝111敗のコール・ハメルズ。今季は20試合、5勝9敗、ERA 4.72でした。今季は34才でまだまだ若いですから、新天地でどれくらい輝くか注目です。

カブスがコール・ハメルズを獲得するに至った背景は、1つ目はダルビッシュ投手の調子がまだ上がってこないこと、2つ目はタイラー・チャットウッドが安定性に欠けているといった背景があります。タイラー・チャットウッドは89.1イニングで84四死球、6ワイルド・ピッチ。MLBレベルではない数字です。

ローテーションが2枚欠けているような状態なので、ここは補強もやむなしかと思います。

コール・ハメルズは今季は数字が上がっていませんが、こちらもチーム状態が悪かったためです。新天地でまた頑張って欲しいです。

何と言ってもフィリーズ時代はロイ・ハラデーと並んでいた投手でしたからね。新天地で輝いてほしいです。

MLBは開幕日が年々早くなっていますが、今季は29日がオープニングです。残すところ、あと3週間あまり。 移籍が決まって...
スポンサーリンク