スポンサーリンク

【7月トレード2018】J.A. ハップがヤンキースに、コール・ハメルズがカブスに決定

MLB移籍/FA情報

現地2018年7月26日はトレードデッドラインもカウントダウンに入ってきたということで、ビッグネームに動きが出ました。

まずはまたしても驚かさせてくれたヤンキースの話題からです。

ヤンキースがJ.A. ハップと合意

ヤンキースは同地区ライバルのブルージェイズからスターターの補強を目的にJ・A・ハップ(J.A. Happ )を獲得しました。

ヤンキースからブルージェイズには内野手のブランドン・ドゥルーリー(Brandon Drury  )とトリプルAの外野手、ビリー・マッケイ(Billy McKinney)が動きます。

ご覧の豪華なスターターがいるにもかかわらずなのですが・・・

■2018 NYY Starting Rotation

1. ルイス・セベリーノ 21試合、14勝3敗、ERA 2.63

2. C・C・サバシア 18試合、6勝4敗、ERA 3.51

3. ソニー・グレイ  19試合、7勝7敗、ERA 5.34

4.  田中将大投手 16試合、8勝2敗、ERA 4.09

5. ドミンゴ・ヘルマン 19試合、2勝6敗、ERA 5.68

 

(その他、今季の先発経験のある投手)

ジョーダン・モンゴメリー=DL

ルイス・セッサ(3試合先発)

ジョナタン・ロアイシガ(4試合先発)

(現地2018年7月26日現在)

J・A・ハップは現在35才の左腕で、MLB通算102勝82敗、ERA 3.95という実績のある投手。今季はここまで20試合、10勝6敗、ERA 4.18。 今季はチーム状態が悪いですからね。

2016年には20勝4敗、ERA 3.18を記録しています。

この布陣で新たに先発ローテを獲得したということは、やはりソニー・グレイを出すという考えなのかなと推測します。その結論もすぐに出るとは思います。

ヤンキースですが、主砲のアーロン・ジャッジが現地2018年7月26日のロイヤルズ戦で死球を受け右手首が骨折全治3週間というアクシデントが発生しました。

これによって、今度は打者を獲得するつもりなのか様子を見たいと思います。ソニー・グレイとのトレードを画策しているような気がしないでもないですが。ここは契約条件などもありますので、戦力だけでは話はできないので少し待ちたいと思います。

コール・ハメルズはカブスへ

さて、左腕のトレードの話題がもう1つあります。

現レンジャーズのローテーション左腕、コール・ハメルズ(Cole Hamels)のカブスへのトレードも決まりました。正式発表はまだですが、合意は間違いありません。レンジャーズのロッカーにはもうコール・ハメルズの荷物がないそうです。

噂ではフィリーズが獲得を狙っていたようですが、カブスに決まった模様。

カブスからレンジャーズには、クラスAの右腕、ロリー・レイシー(Rollie Lacy)と後日指名の同レベルの投手と野手が行きます。

通算152勝111敗のコール・ハメルズ。今季は20試合、5勝9敗、ERA 4.72でした。今季は34才でまだまだ若いですから、新天地でどれくらい輝くか注目です。

カブスがコール・ハメルズを獲得するに至った背景は、1つ目はダルビッシュ投手の調子がまだ上がってこないこと、2つ目はタイラー・チャットウッドが安定性に欠けているといった背景があります。タイラー・チャットウッドは89.1イニングで84四死球、6ワイルド・ピッチ。MLBレベルではない数字です。

ローテーションが2枚欠けているような状態なので、ここは補強もやむなしかと思います。

コール・ハメルズは今季は数字が上がっていませんが、こちらもチーム状態が悪かったためです。新天地でまた頑張って欲しいです。

何と言ってもフィリーズ時代はロイ・ハラデーと並んでいた投手でしたからね。新天地で輝いてほしいです。

コール・ハメルズ、6人ローテーションに異議を唱える
MLBは開幕日が年々早くなっていますが、今季は29日がオープニングです。残すところ、あと3週間あまり。 移籍が決まって...

コメント

NEW

【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
タイトルとURLをコピーしました