スポンサーリンク

【MLB 2023】パドレスとマニー・マチャードが11年/350Mドルの契約延長へ!

パドレス、さらに積み上げる!

 また豪勢なサラリーの話題が入ってきましたね。

 現地2023年2月26日、サンディエゴ・パドレスがクラブのリーダー的存在である3Bのマニー・マチャードとの11年/$350Mの契約延長の話をまとめました。  

設定期限を過ぎたがまとまる! 

 パドレスがマニー・マチャードとの長期の契約延長を模索しているとの報道が出たのは、現地2023年2月9日のこと。この日はちょうどダルビッシュ投手と6年/$108Mの契約延長にサインした日でもありました。

 そしてマニー・マチャード自身が2023年終了後にオプトアウトを行使するつもりであると記者団に打ち明けたのが、現地2023年2月17日。

 この後に出てきたのが、マチャード側がパドレスに対して、契約延長の話のデッドラインを2月16日に設定していたということでした。この時点でもう期限は過ぎており、このままシーズンに突入すると思われました。

 さらに出てきた話がパドレスは期限設定の2日前に、現在の契約にさらに5年/$105Mを上乗せするカウンター・オファーを提示したものの、マチャード側が首を縦に振らなかったということ。

 マチャード側が設定期限を2月16日にしていたのは、これからスプリング・トレーニングのワークアウトも始まることもあり、シーズンに集中したいという考えからでした。

 よって、一旦はこの話は棚上げ。オフに再燃という流れになるのかと思われましたが、パドレスはさらに積み上げ、合意に至ったというお話です。

契約内容

  • 11年/$350M (2023-33)

 契約は、2023年から始まり、前の契約の残り6年分の期間を延ばして、上書きした形です。

 この新契約には、ノートレード条項が入っており、オプトアウトは入っていない模様。

前の契約

 マニー・マチャードの前の契約は、2019年2月にサインした以下の内容。

  • 10 年/$300M (2019-28)
    • サイニング・ボーナス:$20M
    • 支払い
      • $10M (2019)、$30M (2020-28)
    • 2023シーズン終了後にオプトアウト可
    • ノー・トレード条項あり(マチャードは年間6クラブをブロック)
    • ロード・ゲームでのホテル・スイート、ペトコパークでのプレミアムチケット購入の権利

 初年度の2019年のサラリーは$10Mですが、サイニング・ボーナスの$20Mが同年に支払われているので、実質的には、$30M x 10年です。

 筆者はマチャードの前契約が決まった時に「オプトアウト」が入っているのは、果たしてパドレスがワールドシリーズへ進出するくらいのコンテンダーとなるのかどうか?そうならなければ強いクラブへ移籍するという意思が反映されていると思っていました。

 おそらく、当時はそれで間違いはなかったと思うのですが、その4年後まさか、オプトアウトがこのような形で新契約のレバレッジに使われるとは夢にも思いませんでした。マチャードのエージェントは、MVP Sports Groupですが、ボラス・コーポレーション並みの豪腕ですね。

 オプトアウト行使は、マチャードにとっては容易な決断であったかもしれません。2019年からパドレスでかなり生産的な数字を出し続けており、とりわけ2022年シーズンは32 HR、打率.298、OBP .366、SLG .531、172安打、102 RBI 、9盗塁と高品質の数字をバランス良く出しておりました。

新旧契約のまとめ

前契約新契約
契約内容10 年/$300M (2019-28)11年/$350M (2023-33)
契約日2019年2月2023年2月
旧契約稼働期間2019→2022 (4年)NA
新契約期間NA2023→2033 (11年)
実支払い$30 x 4 = $120M $350M
AAV$ 30M$$31.82M
旧契約と新契約の関係

 旧契約と新契約の期間と金額をまとめるとこのようなことが言えそうです。

  • 新旧を併せると、結果的にマチャードはパドレスと15年/$470M(2019-33)でサイン
  • これをAAVにすると、$31.33M 
  • パドレスが最初に提示した旧契約+5年(2029-33)/$105Mは期間的には、新契約とマッチ。金額的には5年/$105Mは、AAVで$21Mになることから、かなりまともなオファーだったと言えるでしょう(むしろ頑張ったくらいの額)。結果的にそれに$10M/年を上積みしたということに。

マチャードが40才で開幕を迎えるシーズンまで

 マニー・マチャードの誕生日は、1992年7月6日。2023シーズンの開幕時点は30才で、2023年7月6日の誕生日で31才となります。

 今回の契約延長は、ファイナルが2033年ですから、開幕を迎えた時点でマチャードは40才、そして2033年7月6日の誕生日で41才なるまでのシーズンの契約に。なかなかの冒険ですね。 

他のラグジュアリー契約も追い風に

 今回の契約は今オフの他の選手のラグジュアリー契約も追い風になったと思われます。

 特に下記の3名とは年齢もほぼ同じ。ジャッジとボガーツは1992年生まれでマチャードと同じ年で、ボガーツは誕生日が12月なので、フルシーズンで40才のまま。トレイ・ターナーは1993年生まれです。

  • アーロン・ジャッジ(NYY):9 年/$360M (2023-31) / 39才まで
  • トレイ・ターナー(PHI):11年/$300M (2023-33)/ 41才まで
  • ザンダー・ボガーツ (SDP ) : 11年/$280M (2023-33) / 40才まで

その他にもダンスビー・スワンソンの$177M、カルロス・ロドンの$162M、ジェイコブ・デグロムの$185M、ブランドン・ニモの$162M保証なども良い影響を与えたと思われます。

パドレスのCB TAX

 今回のマチャードのAAVアップは贅沢税の算出にも影響を与えています。パドレスのAAVの上位は、マチャードの$31.81M、ボガーツの$25.45M、ダルビッシュ投手の$18M、フアン・ソトの$23M、ジョー・マスグローブの$20M、ジョシュ・ヘイダーの$14M、タティス・Jr.の$24.28Mなど。

 現時点での40manの予想総額は、$274M超え。今季の基準額は$233Mですから、$41M以上オーバーで、2021年から3年連続超過となり、税率もアップします。

 現時点での予測税額は$23Mです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました