スポンサーリンク

【MLB2021FA】ナショナルズがブラッド・ハンドと1年で合意!クローザー経験者3名の強烈なブルペンに

ナショナルズ、さらなるブルペン強化

 現地2021年1月24日、ワシントン・ナショナルズは、インディアンスからFAとなっていたクローザーのブラッド・ハンド( Brad Hand/31才※)と1年で合意。※開幕時の年齢。

 これでナショナルズは、ダニエル・ハドソン、ウィル・ハリスとともにクローザー経験者が3名も存在するというなんとも心強い強烈なブルペンを形成することになりました。

契約内容

 ナショナルズとブラッド・ハンドの契約は以下の内容となりました。

  • 1年/$10.5M保証(2021)

 オプションなどの詳細は追って追記します。

2020年の契約

 ブラッド・ハンドがインディアンスと結んでいた契約は以下の内容でした。

  • 3年/$19.75M (2018-20) + 2021 $10MクラブOpt ($1Mバイアウト)

 もともと、オプションが行使されていれば2021年は$10Mのサラリー。今回は総額でそれとほぼ同額となりました。

一旦、アウトライトとなったブラッド・ハンド

 そのブラッド・ハンドの2020シーズン終了後の動きについて整理します。

 インディアンスは2020シーズンの入場料が入らなかったことで資金的にかなり苦労している模様。よって、リビルド中とも言えます。2018年以降、リビルドに入りましたが、それでもいい投手がどんどん出てくるので、優勝争いをしているという奇跡的な運営をしているクラブ。

 そのインディアンスは今オフ、ブラッド・ハンドにクラブオプションを行使せず。しかも、マイナーへアウトライトしました。その時点でブラッド・ハンドは FAを選択。今オフのクローザー市場で注目の一人でした。

ブラッド・ハンドとは

 ブラッド・ハンドは1990年3月20日生まれの30才。2021年4月1日時点で31才になる左腕です。

 もともとは2008年、フロリダ・マーリンズの2巡目指名でプロ入りした投手。

 デビューはマーリンズ時代の2011年。デビューから2年はスタートのみを経験。3年目の2013年から2015年までは先発とリリーフの両方を担い、クローザーになったのは2015シーズンから。

 マーリンズ時代は登板数、イニング数でかなり貢献していたものの、リリーバーのうちの一人という位置づけの投手でした。2015年オフにDFAに。そこをパドレスがウェーバーでクレームオフ。2016シーズンからパドレスで投げることになりました。

2016年からリリーバー専任へ

 そしてパドレス1年目の2016シーズン。リリーバー専任になったブラッド・ハンドはこの年、82試合に登板。しかもERAは2.92。

 その後はリリーバーとしての確固たる地位を獲得し、2017年に72試合で21セーブ、2018年は69試合で32セーブをマークしました。

インディアンスへ移籍

 2018年のトレードデッドラインで、アダム・シンバーとともにパドレスからインディアンスに移籍。この時、パドレスは捕手のフランシスコ・メヒアを獲得。フランシスコ・メヒアは今オフ、ブレイク・スネルとのトレードでレイズに移籍しました。

 ブラッド・ハンドはさすがに疲れが出たのか、2018年は計41試合登板に終わります。シーズン後半はゲーム終盤に使いにくい状態にまで落ちていました。

 しかし2019年は復調。34セーブを上げました。また、2020年も16セーブをマーク。

 2020シーズンは登板数も例年より少なくなったため、少しは肩と肘に負担が少ないシーズンになったと思います。

 2021シーズンも活躍しそうです。

ナショナルズのブルペン

 ブラッド・ハンドが加入したことでナショナルズの中盤以降のブルペンはご覧の布陣に。

  • ダニエル・ハドソン(クローザー)
  • ウィル・ハリス (セットアップ)
  • ブラッド・ハンド(セットアップ or クローザー)LHP
  • タナー・レイニー(セットアップ)
  • ワンダー・スエロ
  • カイル・フィネガン
  • ライン・ハーパー

 ブルペンに左投手が少なかったので今回はそれを補強したことに。

 ナショナルズは先発、ブルペンともにいい布陣ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました