スポンサーリンク

【MLB2021FA】ナショナルズがブラッド・ハンドと1年で合意!クローザー経験者3名の強烈なブルペンに

ナショナルズ、さらなるブルペン強化

 現地2021年1月24日、ワシントン・ナショナルズは、インディアンスからFAとなっていたクローザーのブラッド・ハンド( Brad Hand/31才※)と1年で合意。※開幕時の年齢。

 これでナショナルズは、ダニエル・ハドソン、ウィル・ハリスとともにクローザー経験者が3名も存在するというなんとも心強い強烈なブルペンを形成することになりました。

契約内容

 ナショナルズとブラッド・ハンドの契約は以下の内容となりました。

  • 1年/$10.5M保証(2021)

 オプションなどの詳細は追って追記します。

2020年の契約

 ブラッド・ハンドがインディアンスと結んでいた契約は以下の内容でした。

  • 3年/$19.75M (2018-20) + 2021 $10MクラブOpt ($1Mバイアウト)

 もともと、オプションが行使されていれば2021年は$10Mのサラリー。今回は総額でそれとほぼ同額となりました。

一旦、アウトライトとなったブラッド・ハンド

 そのブラッド・ハンドの2020シーズン終了後の動きについて整理します。

 インディアンスは2020シーズンの入場料が入らなかったことで資金的にかなり苦労している模様。よって、リビルド中とも言えます。2018年以降、リビルドに入りましたが、それでもいい投手がどんどん出てくるので、優勝争いをしているという奇跡的な運営をしているクラブ。

 そのインディアンスは今オフ、ブラッド・ハンドにクラブオプションを行使せず。しかも、マイナーへアウトライトしました。その時点でブラッド・ハンドは FAを選択。今オフのクローザー市場で注目の一人でした。

ブラッド・ハンドとは

 ブラッド・ハンドは1990年3月20日生まれの30才。2021年4月1日時点で31才になる左腕です。

 もともとは2008年、フロリダ・マーリンズの2巡目指名でプロ入りした投手。

 デビューはマーリンズ時代の2011年。デビューから2年はスタートのみを経験。3年目の2013年から2015年までは先発とリリーフの両方を担い、クローザーになったのは2015シーズンから。

 マーリンズ時代は登板数、イニング数でかなり貢献していたものの、リリーバーのうちの一人という位置づけの投手でした。2015年オフにDFAに。そこをパドレスがウェーバーでクレームオフ。2016シーズンからパドレスで投げることになりました。

2016年からリリーバー専任へ

 そしてパドレス1年目の2016シーズン。リリーバー専任になったブラッド・ハンドはこの年、82試合に登板。しかもERAは2.92。

 その後はリリーバーとしての確固たる地位を獲得し、2017年に72試合で21セーブ、2018年は69試合で32セーブをマークしました。

インディアンスへ移籍

 2018年のトレードデッドラインで、アダム・シンバーとともにパドレスからインディアンスに移籍。この時、パドレスは捕手のフランシスコ・メヒアを獲得。フランシスコ・メヒアは今オフ、ブレイク・スネルとのトレードでレイズに移籍しました。

 ブラッド・ハンドはさすがに疲れが出たのか、2018年は計41試合登板に終わります。シーズン後半はゲーム終盤に使いにくい状態にまで落ちていました。

 しかし2019年は復調。34セーブを上げました。また、2020年も16セーブをマーク。

 2020シーズンは登板数も例年より少なくなったため、少しは肩と肘に負担が少ないシーズンになったと思います。

 2021シーズンも活躍しそうです。

ナショナルズのブルペン

 ブラッド・ハンドが加入したことでナショナルズの中盤以降のブルペンはご覧の布陣に。

  • ダニエル・ハドソン(クローザー)
  • ウィル・ハリス (セットアップ)
  • ブラッド・ハンド(セットアップ or クローザー)LHP
  • タナー・レイニー(セットアップ)
  • ワンダー・スエロ
  • カイル・フィネガン
  • ライン・ハーパー

 ブルペンに左投手が少なかったので今回はそれを補強したことに。

 ナショナルズは先発、ブルペンともにいい布陣ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました