スポンサーリンク

【MLB2021FA】ナショナルズがブラッド・ハンドと1年で合意!クローザー経験者3名の強烈なブルペンに

MLB移籍/FA情報

ナショナルズ、さらなるブルペン強化

 現地2021年1月24日、ワシントン・ナショナルズは、インディアンスからFAとなっていたクローザーのブラッド・ハンド( Brad Hand/31才※)と1年で合意。※開幕時の年齢。

 これでナショナルズは、ダニエル・ハドソン、ウィル・ハリスとともにクローザー経験者が3名も存在するというなんとも心強い強烈なブルペンを形成することになりました。

契約内容

 ナショナルズとブラッド・ハンドの契約は以下の内容となりました。

  • 1年/$10.5M保証(2021)

 オプションなどの詳細は追って追記します。

2020年の契約

 ブラッド・ハンドがインディアンスと結んでいた契約は以下の内容でした。

  • 3年/$19.75M (2018-20) + 2021 $10MクラブOpt ($1Mバイアウト)

 もともと、オプションが行使されていれば2021年は$10Mのサラリー。今回は総額でそれとほぼ同額となりました。

一旦、アウトライトとなったブラッド・ハンド

 そのブラッド・ハンドの2020シーズン終了後の動きについて整理します。

 インディアンスは2020シーズンの入場料が入らなかったことで資金的にかなり苦労している模様。よって、リビルド中とも言えます。2018年以降、リビルドに入りましたが、それでもいい投手がどんどん出てくるので、優勝争いをしているという奇跡的な運営をしているクラブ。

 そのインディアンスは今オフ、ブラッド・ハンドにクラブオプションを行使せず。しかも、マイナーへアウトライトしました。その時点でブラッド・ハンドは FAを選択。今オフのクローザー市場で注目の一人でした。

ブラッド・ハンドとは

 ブラッド・ハンドは1990年3月20日生まれの30才。2021年4月1日時点で31才になる左腕です。

 もともとは2008年、フロリダ・マーリンズの2巡目指名でプロ入りした投手。

 デビューはマーリンズ時代の2011年。デビューから2年はスタートのみを経験。3年目の2013年から2015年までは先発とリリーフの両方を担い、クローザーになったのは2015シーズンから。

 マーリンズ時代は登板数、イニング数でかなり貢献していたものの、リリーバーのうちの一人という位置づけの投手でした。2015年オフにDFAに。そこをパドレスがウェーバーでクレームオフ。2016シーズンからパドレスで投げることになりました。

2016年からリリーバー専任へ

 そしてパドレス1年目の2016シーズン。リリーバー専任になったブラッド・ハンドはこの年、82試合に登板。しかもERAは2.92。

 その後はリリーバーとしての確固たる地位を獲得し、2017年に72試合で21セーブ、2018年は69試合で32セーブをマークしました。

インディアンスへ移籍

 2018年のトレードデッドラインで、アダム・シンバーとともにパドレスからインディアンスに移籍。この時、パドレスは捕手のフランシスコ・メヒアを獲得。フランシスコ・メヒアは今オフ、ブレイク・スネルとのトレードでレイズに移籍しました。

 ブラッド・ハンドはさすがに疲れが出たのか、2018年は計41試合登板に終わります。シーズン後半はゲーム終盤に使いにくい状態にまで落ちていました。

 しかし2019年は復調。34セーブを上げました。また、2020年も16セーブをマーク。

 2020シーズンは登板数も例年より少なくなったため、少しは肩と肘に負担が少ないシーズンになったと思います。

 2021シーズンも活躍しそうです。

ナショナルズのブルペン

 ブラッド・ハンドが加入したことでナショナルズの中盤以降のブルペンはご覧の布陣に。

  • ダニエル・ハドソン(クローザー)
  • ウィル・ハリス (セットアップ)
  • ブラッド・ハンド(セットアップ or クローザー)LHP
  • タナー・レイニー(セットアップ)
  • ワンダー・スエロ
  • カイル・フィネガン
  • ライン・ハーパー

 ブルペンに左投手が少なかったので今回はそれを補強したことに。

 ナショナルズは先発、ブルペンともにいい布陣ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

NEW

【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
タイトルとURLをコピーしました