スポンサーリンク

【MLB契約2020】ジェイク・エアリエッタがオプトアウトを行使せず!フィリーズ残留へ

ストーブリーグ契約情報

 現地2019年10月25日、ジョン・ヘイマンさんの情報によりますと、フィリーズのジェイク・エアリエッタ(Jake Arrieta)は2019年終了後に設定されていたオプトアウトを行使しない予定であると伝えました。

 これにより方向性としてはフィリーズ残留ということに。ただ、まだ残留決定とは確定できておりません。

ジェイク・エアリエッタの契約

 フィリーズとジェイク・エアリエッタは2018年3月12日に3年(2018-2020)$75Mで合意。サラリーは2018年が$30M、2019年が$25M、2020年が$20Mで、2019シーズン終了後にオプトアウトするかもしれないというもの。

2019終了後にオプトアウト

 オプトアウトとは選手側に途中解除できる権利があるという意味で、この場合、ジェイク・エアリエッタ側が2020年は契約しないという決めることができるということ。

オプトアウトとプレーヤー・オプションの違い

 プレーヤー・オプションとの違いは設定された 1. 期間の内か外かにあるということと、2. 解除のみかどうかという点にあると言えるでしょう。

 1. 選手側の選択の権利が契約期間内にあってなおかつ解除の一方的な方向性にあるのがオプトアウト。2. 設定期間にプラスして再契約するかどうかを選手側が決めることができるのがプレーヤー・オプションということが言えると思います。

 但し書きも引き止めたい場合の設定

 なお、フィリーズとジェイク・エアリエッタとのオプトアウトには次のような条項もあります。

 2021年-22年のシーズンに2年/ $40M(1年当たり$20M)のオプションを行使することにより、オプトアウト条項を無効にすることができる。

 また、オプションのサラリーは2018年から19年においてイニング数に基づいて1年当たり$25Mにアップ。また 同期間にサイヤング賞争いをする場合は$30Mにアップというもの。

フィリーズ側に選択はなし

 要はジェイク・エアリエッタが3年契約の最初の2年間である2018年と2019年に、とんでもなく素晴らしい成績を出し、フィリーズがさらに遺留をお願いしたいとなった場合の条件です。

 ジェイク・エアリエッタが不調になった場合にフィリーズ側が切りたいと思った場合の条件ではありません。

 よって、自動的にフィリーズは$20Mの負担となります。

ジェイク・エアリエッタのここ2年の成績

 フィリーズでのここ2年の成績は以下の通り。

Jake Arrieta Stats | Baseball-Reference.com
2021: 5-14, 7.39 ERA, 83 SO,Career: 115-93, 3.98 ERA, 1433 SO, P, 2015 NL Cy, AllStar, Cubs/Orioles/... 2010-2021, t:R, 1x W Leader, born in MO 1986
AgeWLGmIPERASO
201832101131172.23.96138
2019338824135.24.64110

2019年はボーン・スパー手術

 ジェイク・エアリエッタは2019年夏に右肘ボーン・スパー(骨のかけら)が判明。本来ならすぐに除去手術をしないといけなかったのですが、しばらくマウンドに上がっていました。 結局、8月半ばに手術が決定。そのままシーズンエンディングに。

フィリーズにとっては重い$20M

 このようにフィリーズ移籍後は期待した数字になっておらず、2020年にあと1年延ばし、$20Mも重い負担です。

 とにかくコンディションを整えてもらった上で、万全の体制で2020シーズンを迎えてもらうしかありません。

 その意味ではやってくれるかもしれませんね。

 2015年は22勝6敗、ERA 1.77でサイヤング賞を受賞。キャリア通算で2度のノーヒッター達成(2015年8月30日 VS LAD/ 2016年4月21日 VS CIN)など素晴らしい功績をおさめているジェイク・エアリエッタ。2020年の復活を期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました