スポンサーリンク

【MLB契約2020】ジェイク・エアリエッタがオプトアウトを行使せず!フィリーズ残留へ

ストーブリーグ契約情報

 現地2019年10月25日、ジョン・ヘイマンさんの情報によりますと、フィリーズのジェイク・エアリエッタ(Jake Arrieta)は2019年終了後に設定されていたオプトアウトを行使しない予定であると伝えました。

 これにより方向性としてはフィリーズ残留ということに。ただ、まだ残留決定とは確定できておりません。

ジェイク・エアリエッタの契約

 フィリーズとジェイク・エアリエッタは2018年3月12日に3年(2018-2020)$75Mで合意。サラリーは2018年が$30M、2019年が$25M、2020年が$20Mで、2019シーズン終了後にオプトアウトするかもしれないというもの。

2019終了後にオプトアウト

 オプトアウトとは選手側に途中解除できる権利があるという意味で、この場合、ジェイク・エアリエッタ側が2020年は契約しないという決めることができるということ。

オプトアウトとプレーヤー・オプションの違い

 プレーヤー・オプションとの違いは設定された 1. 期間の内か外かにあるということと、2. 解除のみかどうかという点にあると言えるでしょう。

 1. 選手側の選択の権利が契約期間内にあってなおかつ解除の一方的な方向性にあるのがオプトアウト。2. 設定期間にプラスして再契約するかどうかを選手側が決めることができるのがプレーヤー・オプションということが言えると思います。

 但し書きも引き止めたい場合の設定

 なお、フィリーズとジェイク・エアリエッタとのオプトアウトには次のような条項もあります。

 2021年-22年のシーズンに2年/ $40M(1年当たり$20M)のオプションを行使することにより、オプトアウト条項を無効にすることができる。

 また、オプションのサラリーは2018年から19年においてイニング数に基づいて1年当たり$25Mにアップ。また 同期間にサイヤング賞争いをする場合は$30Mにアップというもの。

フィリーズ側に選択はなし

 要はジェイク・エアリエッタが3年契約の最初の2年間である2018年と2019年に、とんでもなく素晴らしい成績を出し、フィリーズがさらに遺留をお願いしたいとなった場合の条件です。

 ジェイク・エアリエッタが不調になった場合にフィリーズ側が切りたいと思った場合の条件ではありません。

 よって、自動的にフィリーズは$20Mの負担となります。

ジェイク・エアリエッタのここ2年の成績

 フィリーズでのここ2年の成績は以下の通り。

Jake Arrieta Stats | Baseball-Reference.com
2021: 5-14, 7.39 ERA, 83 SO,Career: 115-93, 3.98 ERA, 1433 SO, P, 2015 NL Cy, AllStar, Cubs/Orioles/... 2010-2021, t:R, 1x W Leader, born in MO 1986
AgeWLGmIPERASO
201832101131172.23.96138
2019338824135.24.64110

2019年はボーン・スパー手術

 ジェイク・エアリエッタは2019年夏に右肘ボーン・スパー(骨のかけら)が判明。本来ならすぐに除去手術をしないといけなかったのですが、しばらくマウンドに上がっていました。 結局、8月半ばに手術が決定。そのままシーズンエンディングに。

フィリーズにとっては重い$20M

 このようにフィリーズ移籍後は期待した数字になっておらず、2020年にあと1年延ばし、$20Mも重い負担です。

 とにかくコンディションを整えてもらった上で、万全の体制で2020シーズンを迎えてもらうしかありません。

 その意味ではやってくれるかもしれませんね。

 2015年は22勝6敗、ERA 1.77でサイヤング賞を受賞。キャリア通算で2度のノーヒッター達成(2015年8月30日 VS LAD/ 2016年4月21日 VS CIN)など素晴らしい功績をおさめているジェイク・エアリエッタ。2020年の復活を期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
タイトルとURLをコピーしました