スポンサーリンク

【MLB GM】3年連続で9月に失速したフィリーズ、マット・クレンタックGMを降格。今オフはオーナーのジョン・ミドルトンが編成

2011年以来のPS出場へ変革

 ワイルドカード・シリーズがありましたので、記事にするのが遅れてしまいました。

 現地2020年10月3日、フィラデルフィア・フィリーズはマット・クレンタックをGMから降格させると公式に発表しました。GMが決まるまでのオフの編成はオーナーのジョン・ミドルトン氏が陣頭指揮を執ることになりました。

最終戦のチャンスをものに出来ず

 2020年のフィリーズの順位は3位。28勝32敗で借金2で終わりました。

 今季は8月29日から9月12日まで2位をキープ。一時はポストシーズン出場は確実と思われましたが、その日以降は3連敗を2回、4連敗を1回、2連敗を1回と、ズルズルと負けを重ねました。

 ただ、最終戦では神様が1チャンス残してくれていたのですが、レイズに0-5とシャットアウト負けを食らい、そのチャンスさえも自ら潰してしまうというなんとも尻すぼみなシーズンとなりました。

「9月に失速」するのは3年連続

 なお、フィリーズが9月に失速するのは3年連続のことです。

  • 2020シーズン:13勝17敗 .433
  • 2019シーズン:12勝16敗 .429
  • 2018シーズン:8勝20敗 .286

 勢いのあるクラブはやはりラストスパートが効きます。しかし、どうもフィリーズはポストシーズンに出場するのが嫌だと言わんばかりに9月に負けを重ねてしまっています。

クレンタックの手腕に疑問

 クレンタック氏の大きな業績は、やはりブライス・ハーパーと13年$330Mの大型ディールを成立させたことになるでしょう。GM冥利に尽きる大仕事だったでしょう。

 ただ、ファンからはクレンタック氏のGMとしての手腕に疑問を呈する声も少なからずありました。

 ただし、2011年以来達成していないポストシーズン進出を果たすことが出来ず、今回の処分となりました。

 クレンタック氏ですが、GMを降格後もフィリーズに残ることになっています。

当分はジョン・ミドルトンが編成を指揮

 GM不在の間、フィリーズは筆頭オーナーのジョン・S・ミドルトン(Sなしで記載することが多いです)が編成を行います。

JT・リアルミュートの残留が最優先事項

 今オフ、フィリーズの最優先事項はFAとなるJT・リアルミュートの残留交渉。

 JT・リアルミュートは現地2019年2月に、マーリンズからトレードで獲得しました。その時にマーリンズに出したのが、今季のポストシーズンで結果を出しているシクスト・サンチェスです。

 報道ではフィリーズはJT・リアルミュートとの残留交渉に積極的でないと報じられました。

 しかし、ジョン・ミドルトン氏がGMの仕事にも関わるようになったことで、リアルミュートをキープする方向で動いています。これが本気であることを祈るばかりです。最優先事項としていることから、それを信じるしかありませんね。

 JT・リアルミュートがFAでチームから流出してしまっては、シクスト・サンチェスを出した甲斐もありません。

 経済効果を考えるなら、フィリーズとしてはリアルミュート残留でよい交渉をしてもらいたいところです。

マット・クレンタック元GMのこれまで

 マット・クレンタックはまだ40才で、副社長兼GMというポジションでした。フィリーズでは2016年からGMに就いており、2019年3月に、2020年から2022年までの3年間の契約延長でサイン。今季を終えて計5年、務めたことになります。

 今回の処分は2年間を残した中での降格です。契約期間内ということですから、解雇にはならなかったのでしょう。

エンゼルスのフロント・オフィスも経験

 なお、マット・クレンタックは2012年から2015年まではエンゼルスのアシスタントGM。また、2008年から2011年まではオリオールズのダイレクターを務めたこともあります。

 エンゼルスは今オフ、ビリー・エプラーGMを解雇しましたが、その後のポジションに彼を選ぶでしょうか?そこはまだわかりませんが、おそらく候補として名前はあがっていると思われます。

ジョン・ミドルトン氏

 さて、マット・クレンタックに代わり、オフの陣頭指揮を執るジョン・ミドルトン氏ですが、彼はフィリーズの筆頭オーナーです。2015年からマネージング・パートナーというポジションでもあります。

 地元フィラデルフィアの葉巻、タバコビジネスで成功したファミリーの出身。1994年に$18Mを出して、フィリーズの株式をダブル・ペイという会社名義で15%を取得。2015年には48%まで増やしました。フィリーズの残りの52%の株式は、デービッド・モンゴメリーとパット・ギリックが所有。ミドルトン氏の48%は言わば筆頭株主ですね。

 実際に動くのはベースボール・オペレーションの社長になると思いますが、ミドルトン氏の意思がかなり色濃く反映された動きになるでしょう。

 フィリーズのゴールはもちろん、ポストシーズンに進出し、2008年以来のワールドシリーズ・チャンプに就くことです。

 ミドルトン氏の動きに注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が23号HR!6月絶好調で9本目!ドジャースは新シティー・コネクトを着用
【MLB2024】クリス・セールがソト、ジャッジ、スタントンを封じ、今季10勝目!ブレーブスがヤンキースに完勝
【MLB2024】ガーディアンズのスティーブン・クワン、ただいま打率.396 (現地2024年6月20日)
【MLB2024】ツインズ、ロイス・ルイスがHRでリボンを破壊!
【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
タイトルとURLをコピーしました