スポンサーリンク

【MLBトレード2022】ブルワーズが、パドレスからビクター・カラティーニを獲得

ダルビッシュ投手の女房役がトレードされる

 開幕を翌日に控えた現地2022年4月6日、ミルウォーキー・ブルワーズとサンディエゴ・パドレス間でトレードが成立。

 ダルビッシュ投手のパーソナル・キャッチャーと言っても過言ではないビクター・カラティーニがブルワーズにトレードに出されることとなりました。

トレード詳細

 開幕前日の午後に決まったこのトレード。ビクター・カラティーニの新しいジャージが果たして間に合うのか?という細かいことは置いておいて、トレードで動く選手たちの概要です。

ブルワーズGet

  • ビクター・カラティーニ(Víctor Caratini/28)C/右投げ両打ち
  • 金銭(Undisclosed)

パドレスGet

  • ブレット・サリバン(Brett Sullivan /28)C, LF & SS/右投げ左打ち
  • コーリー・ハウエル(Korry Howell/23)CF, SS & 3B/右投げ右打ち

ペドロ・セベリーノのサスペンションの影響

 さて、このトレードが決まった背景は、ブルワーズの捕手、ペドロ・セベリーノがPEDs (Performance Enhancing Drugs) の検査で陽性が出て、現地2022年4月6日に正式に80試合のサスペンション(出場停止)の処分を下されたことにあります。

 ペドロ・セベリーノは2021シーズンまでオリオールズでプレー。シーズン終了後にFAとなり、2021年11月にブルワーズと1年/$1.9M (2022)でサインしていました。2021年は113試合に出場し、打率.248、OBP .308、SLG .383、HR 11、RBI 46をマーク。

カラティーニはバックアップ捕手の位置づけ

 ブルワーズには正捕手がおりまして、オマール・ナルバエス(30)です。

Omar Narvaez Stats | Baseball-Reference.com
2021: 11 HR, .266 BA, 49 RBI,Career: 47 HR, .266 BA, 168 RBI, C, AllStar, WhiteSox/Brewers/... 2016-2021, b:L/t:R, born in Venezuela. 1992, Narvy

 ブルワーズはそもそもペドロ・セベリーノをバックアップ捕手として獲得。オマール・ナルバエスとの2枚でシーズンを乗り切るつもりでした。ところが、上記のようにペドロ・ベリーノが80試合のサスペンションを科されたため、急遽、バックアップ捕手を探す自体に。そこで受給がマッチしたのがパドレスで、ビクター・カラティーニを獲得するに至ったのでした。

ダルビッシュ投手の女房役は?

 以前、ダルビッシュ投手のYOUTUBEだったか、カラティーニについて語っているのを見たことがあります。その中で、ダルビッシュ投手はカラティーニは気持ちよく投げさせてくれるのはもちろん、非常に厳しいのだとおっしゃっていたのを記憶しています。

 そんな相棒を開幕前日に失うとは、ダルビッシュ投手に影響がないことを祈るばかりです。

 ダルビッシュ投手は今スプリングトレーニングでは3試合に登板。3イニング、4イニング、4.1イニングに登板。3月21日はビクター・カラティーニとのコンビ。3月27日はオースティン・ノラとのコンビでした。そして4月1日は、ビクター・カラティーニ。

 ちなみにオースティン・ノラはフィリーズのRHP、アーロン・ノラのお兄さんですね。

Austin Nola Stats | Baseball-Reference.com
2021: 2 HR, .272 BA, 29 RBI,Career: 19 HR, .271 BA, 88 RBI, C/1B/2B, Mariners/Padres 2019-2021, b:R/t:R, born in LA 1989

 マイアミからトレードで獲得したホルヘ・アルファーロとのコンビはなし。もちろん、ブルペンでは受けてもらっているでしょうし、人の出入りの激しいメジャー・リーグですから、いつかはカラティーニとのコンビ解消もあり得るものとして準備はしていたとは思います。

Jorge Alfaro Stats | Baseball-Reference.com
2021: 4 HR, .244 BA, 30 RBI,Career: 40 HR, .258 BA, 154 RBI, C/LF, Marlins/Phillies 2016-2021, b:R/t:R, born in Colombia. 1993, The Legend

 この記事を書いている時点で、オープニング・キャッチャーはまだ出ていませんが、ホルヘ・アルファーロとは実践なしということなので、オースティン・ノラがオープニングのマスクをかぶるかもわかりません。

 しかし、ビクター・カラティーニがバックアップロールというのはいささか勿体ない感じがします。

選手紹介

 簡単ではありますが、選手のプロフィールを。

【MIL】ビクター・カラティーニ

 ビクター・カラティーニは1993年8月17日生まれの28才。ちなみにホルヘ・アルファーロも28才です。ドラフトは2013年のブレーブスの2巡目指名。

 ドラフト翌年の2014年のトレードデッドラインで、ブレーブスがカブスからエミリオ・ボニファシオとジェームス・ラッセルを獲得したトレードでカブスに移籍。

 メジャデビューは2017年。23才の時です。そして、ダルビッシュ投手がカブスに移籍したのが2018年2月のこと。この頃、ダルビッシュ投手は2015年3月に受けたトミージョン手術の影響からか、本来の調子が出ず、苦しんでいた時期でもありました。

 そんなダルビッシュ投手を丁寧にケアしたのがビクター・カラティーニ。

 カラティーニは2019年に95試合に出場し、打率.266、HR 11をマーク。2020年は60試合中、44試合に出場。年々出場機会が増えていました。

 そして、2020年12月にダルビッシュ投手のパドレス行きが決まったのに伴い、ビクター・カラティーニもパドレスに移籍。

 2021年は116試合に出場。打率.227、OBP .309、SLG .323、HR7、RBI 39、BB35。2022年のサラリーは$2M。

【SDP】ブレット・サリバン

 ブレット・サリバンは捕手兼内野手。28才。ドラフトは2015年のレイズの17巡目。レイズ時代に40manには名を連ねたことはあるようですが、未デビューです。2021年11月7日にFAとなり、11月30日にブルワーズとサインしました。

 2021年はレイズのトリプルAでプレー。90試合で、打率.243、HR9、RBI35。現時点ではパドレスの40manに入っています。

【SDP】コーリー・ハウエル

 コーリー・ハウエルは1998年9月1日生まれの23才。ドラフトはブルワーズの2018年の12巡目。2021年はハイAとダブルAを経験。16HRを放っており、長打力が魅力。2021年に最も多く守ったポジションはCF。しかし、SSでも20試合、2Bでも14試合、3Bでも7試合を守っており、なかなかのユーティリティーぶりを発揮しています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました