スポンサーリンク

【MLB 2021】”豪快!”大谷選手、2試合連続の13号! トラウトがふくらはぎを傷め、離脱

エンゼルス

時差+3時間で少しでも疲れを

 現地2021年5月17日、前日に東海岸のフェンウェイ・パークでゲームを行ったエンゼルス。大谷選手の逆転2ランHRで勝利した訳ですが、この日は場所を地元アナハイムに変えてのインディアンス戦。

 今回は東海岸から西海岸への移動ということで時差が+3時間ありました。西海岸から東海岸への移動は時差の関係で3時間早くなるわけで大変だったのですが、今回の移動は3時間休める時間が増えました。

 本来なら現地17日(火)の先発を後ろにスライドさせたのは、ずっと出ずっぱりの状態で疲れを回避させるためでしたので、この時差で少しでも休んでもらえたらというところですね。

再び2番に

インディアンス先発はサム・ヘントジェス(Sam Hentges)、エンゼルスはパトリック・サンドバルでした。 

 左腕のヘントジェスの先発ゲームでしたが、大谷先取は再び2番DHに、マイク・トラウトは3番に、また打順が戻りました。

13号は豪快な3ランHR

 1回表にセイザー・ヘルナンデスの先頭打者HRで1点を奪ったインディアンスですが、エンゼルスも大谷選手、マイク・トラウトが連続四球で出塁した後、パスボールも絡んで、アンソニー・レンドンのSSゴロの間に1点を奪い、1-1のタイスコアで始まりました。

2回裏、エンゼルスはフィル・ゴセリン、ホセ・イグレシアス、フアン・ラガレスの連続長短打でまずは2点を勝ち越して3-1に。

 そして、1アウト後、テイラー・ウォードが四球で歩き、打席に大谷選手。大谷選手は4球目、93.6mphの4シームが高めに入ったのを見逃さず、これを豪快に振り抜きました。打球はRFスタンドに入る3ランHR。

 見逃せば、ボールのような高さでした。大谷選手が高めを思い切りひっぱたく打球は伸びますね!!

 エンゼルスはこの一発で6-1とリード。

インディアンス、打率.212

 先発ローテーションが非常にいいインディアンスですが、序盤に崩れてしまっては戦い様がありません。インディアンスのチーム打率は現地2021年5月17日のゲームを終了した時点で.212と30クラブ中29位。

 ホセ・ラミレス一人が頑張っている状態です。

 こうなってしまうと、エンゼルスのペース。インディアンスも2回以降、3点を返しましたが、2回裏のエンゼルスのビッグイニングをひっくり返せませんでした。

 ゲームは7-4でエンゼルスが勝利。

マイク・トラウト、6-8週間離脱 

 1回裏の走塁で3塁へ到達する際、マイク・トラウトが足を引きずり、そのままゲームを離脱しました。フアン・ラガレスがゲームに出ていたのはそのためです。

 そのトラウトですが、ふくらはぎを傷めたことが判明したのですが、ゲーム後の精密検査で、復帰まで6-8週間の離脱ということが判明。

 エンゼルスにとっていたい事態となりました。

 今後、トラウトがいないことで前後を打つ大谷選手の打撃にも影響が出てくるかもしれません。

 そして、寝不足、疲れが取れきれない中でのコンディションづくりは大変難しいと思いますが、大谷選手も下半身を怪我しないように少しでも休んで貰えればとも思った次第です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました