スポンサーリンク

【MLB2023】エンゼルス、MLBワーストの8年連続勝率.500未満が確定!FAの大谷選手の動向は?

PSからも正式に敗退

 現地2023年9月17日、エンゼルスは、タイガースとの3ゲームシリーズのファイナルを戦い、序盤2、3回の計5失点が響き、3-5で敗れました。中盤にランダール・グリチャックのHRなどで追い上げたのですが、最後は馬力が出ずという感じです。

ハーゲットが復調するも遅かった!

 この日、エンゼルスはオープナーでサイドワインダーでリリーバーのジミー・ハーゲットが先発。1イニング、2奪三振と好投。相手打者のスイングの軌道から外れるあのスライダーが復活しました。2022シーズンの後半に素晴らしい活躍を見せたハーゲットですが、今季はボールが高く、打者の格好の餌食となってしまっていましたが、ようやく本来の姿が戻ってきました。これが7月から機能してくれればよかったのですが、いかんせん遅かったですね。

 これでシーズン成績が68勝82敗となったエンゼルスは、ワイルドカード3位からも14.5ゲーム差となり、正式にプレーオフからの敗退が決まりました。もう確率的には大分前から敗退していたのですが、数学的な確率がようやく0になったというところです。

大谷選手、最後のLAAジャージ姿か?

 この日、ダグアウトには大谷選手が顔を出しました。ザック・ネトーに打撃の助言を送る姿もありました。

 右肘の治療についてはまだ明確なスケジュールは出ていませんが、エンゼルスはスケジュールとして現地19日からロードで、レイズとの3連戦とツインズとの3連戦が組まれています。

 その後、エンゼルスはホームでレンジャーズとアスレチックスとの6試合をこなしてシーズンエンドとなるのですが、大谷選手はおそらく上記の遠征中に肘の治療のプロセスに入ると思われます。正式な情報ではありませんが、もう治療方針が決まったのかもしれません。もしそうなら、この日がエンゼルスでの最後のジャージ姿になった可能性が大です。

エンゼルス、8年連続勝率.500未満が確定

 タイガースにもスウィープされたエンゼルスは5連敗となり、シーズン成績は68勝82敗に。残り12試合に全勝したとしても、80勝82敗となり、この日の敗戦で勝率.500未満が確定しました。

 エンゼルスは地区優勝を果たしてポストシーズンに進んだのが、2014年のこと。この時はALDSでロイヤルズにスウィープされて敗退。

 そして勝率.500を超えたのはその翌年の2015年の.525が最後。2016年から勝率.500未満が続いており、これで8シーズン連続が確定しました。

8シーズン連続はMLBワースト

 エンゼルスの8シーズン連続勝率.500未満は直近のMLB30クラブの中ではワーストとなります。

勝率.500未満を継続しているのは?

 現30クラブの中で勝率.500未満が続いているのが、エンゼルス、タイガース、ロイヤルズ、ロッキーズ、パイレーツの5クラブ。エンゼルスの8年連続が最長。

  • 8年連続:LAA: 2016-2023
    • 2015: .525 ( 3位)
  • 7年連続: DET: 2017-2023
    • 2016 : .518 (2位)
  • 7年連続: KC: 2017-2023
    • 2016: .500 (3位)
  • 5年連続:COL: 2019-2023
    • 2018 : .558 (2位) 
  • 5年連続: PIT: 2019-2023
    • 2018: .509 (4位)

 ロイヤルズは2015年のWSチャンプ後に解体となり、オーナーも交代。これから新スタジアムの建設にも着手するので、もうしばらく選手にお金が使えない状況です。ボビー・ウィットをはじめプロスペクト達がどれだけ台頭するか?にかかっています。

 タイガースはデビュー済みのプロスペクトが今ひとつ機能しきれていないのですが、彼らがそろそろ機能し始める時期ではあるので楽しみはあります。

 パイレーツ、ロッキーズも長く低迷していると思ったのですが、ともに2018年に.500を超えていました。パイレーツは来季は楽しみでしょう。ロッキーズはちょっと未来が見えにくく、苦しい状況です。

直近2シーズンで断ち切ったクラブ

 ここ数年かなり厳しい状態だった以下のクラブですが、今季を含めた直近のシーズンで.500未満のシーズンを断ち切っています。

  • 6年連続: TEX: 2017-2022 / 2023年に.500以上確定
  • 5年連続:BAL: 2017-2021 / すでに2022シーズンに.500以上を達成
  • 3年連続:AZ: 2020-2022 / 2023年に.500以上確定
  • 1年だけ: CIN: 2022 / 2023年に.500以上確定

明らかに運営がおかしいエンゼルス

 エンゼルスの状態がいかにおかしいか?というのが上記の.500未満継続のクラブからもおわかりいただけると思います。異常です。

 エンゼルスは大谷選手、マイク・トラウト、アンソニー・レンドンがいてこの勝率。明らかにBaseball Operationの部門の運営がおかしいです。

 確かに、呪われたように主力の怪我が相次ぎました。これは大谷選手獲得を画策する某クラブがエンゼルスの魅力を削ぐため、本当に呪いでもかけているのではないか?と思うくらいに(冗談ですが)、怪我が相次ぎました。

 ローガン・オホッピー、ジオ・アーシェラの序盤の離脱は痛かったですし、レンドンは怪我を繰り返しましたし、トラウトまで有鉤骨骨折で離脱。

 ブランドン・ドゥルーリー、ハンター・レンフロー、ジオ・アーシェラの補強は良かったと思ったのですが、残ったのはドゥルーリーだけでした。

 タイラー・アンダーソン、カルロス・エステベスと投手の補強も良かったのですが、ホセ・キハーダの離脱は痛かったと思います。ベン・ジョイスもすぐに離脱しました。

 リード・デトマーズとパトリック・サンドバルは今季も伸びなかったですね。

 それに守りでのミスも目立ち、粗さが目立つ野球でした。補強以前に出来ることが山程あります。

 同じLAでも一丸となってかかってくるドジャースとはまったく出来が違います。

大谷選手は出て行きそう

 今オフ、FAとなる大谷選手は肘の治療がどうなるかがわかってから次の契約の話しが見えてくると思います。 

 エンゼルスに残るメリットは、勝手知った組織であること。

 肘の治療から回復する過程でこれは精神的にかなり負担から開放されると思います。移籍初年度の成績は思った以上に重要で、その圧の有無はかなり違ってくると思われます。

 ただし、上述の通り、残ったとしてもエンゼルスには浮上のきっかけが見当たりません。特効薬はオーナーとGMが変わり、野球の質が変わることですが、オーナー交代の話しは昨オフに一度立ち消えしましたし、今オフはもう無いです。現オーナーも大谷選手の話しが消えたら売りに出すというスタンスかと思います。

 そしてGMが替わる気配もないです。ミネイジアンで投手の質が下がっているのは明らかで、本当ならGMの上の球団社長なりが決済をもって処分するところですが、契約は2024年まであるので、任期まで全うすることでしょう。ミネイジアンはブレーブスでアシスタントGMまでしていた人物ですが、セイバーおたくが過ぎて現場に迷惑をかけているようです。

 よって今オフにエンゼルスの組織が劇的に変わることはないので、外部から見ると「出る」という選択肢しかないように思います。

 もっとも、当事者の大谷選手は判断を下す情報も多いでしょうから、正しい決断を下すことでしょう。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました