スポンサーリンク

【MLB Pre2021】「すごかった」大谷選手のパドレス戦!1番ピッチャーで起用したマッドン監督の期待を超える101.9mph、2安打!

「1番ピッチャー大谷!」記念すべきゲーム

 現地2021年3月22日(日)のエンゼルス@パドレス戦はすごかったですね。筆者はいつも通り、週明けの出社で電車に乗っていて、SNSでエンゼルスの情報をチェックしていたのですが、思わず目を疑いました。

 「1番、ピッチャー大谷!」

 おお、これは!!

 プロの世界でこのようなことを演出してしまうのは、栗山氏以外にはないと思っていましたが、まさか、ジョー・マッドン監督までやってしまうとは・・・これには本当に驚かされました。

NPBでやった漫画の世界をMLBでも

 大谷選手が先発登板でありながら、リードオフで出場したのは、2016年7月3日の対ホークス戦以来のこと。もちろん、NPBのレギュラーシーズンでの出来事で、初回の第1打席で豪快なHRを放ち、ファンの度肝を抜いたので、記憶に残っている人も多いかと思います。 

 この時ばかりは、スケールの大きさにただただ驚くばかりでした。

2016年7月3日(日)北海道日本ハム vs 福岡ソフトバンク 成績詳細(出場選手成績)|北海道日本ハムファイターズ
プロ野球・北海道日本ハムファイターズオフィシャルサイトです。試合や選手はもちろん、チケットやイベント、ファンクラブに至るまで球団オフィシャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供します。

 しかも、大谷選手は、投げては8回120球、被安打5、奪三振10の快投で勝利投手に。そして打撃では第1打席以降は、四球が2回続き、第4打席では三振、第5打席では敬遠の四球。結果は5打席で1HR、3BB、1SO。

見どころ満載だったこのゲーム

 この日のパドレス戦の大谷選手は、見どころ満載でしたね。

MAX 101.9mph

 まず、投球の方ですが、4イニングを被安打2、失点1、与四球2、奪三振5という内容。

 ファストボールは常時95mph-97mphを計測し、MAXは101.9mph(163.99km/h。もう164km/hということで!)をマーク。

 フィニッシュの時の力の入れ具合がもう、怖いくらいの印象で鋭い腕のスイングでしたね。

変化球もGOOD

 そして今季から多用しているカーブがこの日も効果的でした。初登板では暴れることが多かったスライダーも精度が上がってきたようです。そして、あまり投げすぎないで欲しいのですが、スプリットはやはり驚異的なレベルでした。ピッチング・ニンジャさんも”Unfair”と表現するほどの威力。

タティス・ジュニアとの対戦

 この日の「投」の見どころの1つであった、フェルナンド・タティス・ジュニアとの対戦は、2打数0安打。三振とSSポップフライで、終始押しまくった投球でした。ルーキーイヤーに腰を傷めたことのあるタティス・ジュニアが心配になるくらいの強いスイングで対抗していますが、押されていましたね。

 初回の失点はブライアン・オグレイディーの1塁線への当たりが3塁打になったので、ジェイク・クロネンワースの内野ゴロの間に1点を奪われた形になりましたが、打者4人で切りましたし、リズムの方も出てきました。まだ暴れるボールがありましたが、あと1週間でさらにチューンナップしてくれると思います。

 ピッチングの方はオープニングにきっちり合わせてきたような形となりました。

第1打席は狙っていた?

 そして打撃の方ですが、第1打席の対戦相手は今季トレードでパドレスに移籍したブレイク・スネル。マッドン監督のすごいところは、カクタス・リーグだからこそ、左VS左でしかも最高レベルに近い投手と対戦させてみようという大胆さを持っていることですね。

 こんな顔合わせはなかなか見られるものではありません。大谷選手は、左中間にシングル。ヘルメットの飛ばし具合がかなりかっこよかったのです。これはボールをあげようとしことがありありと見えるスイングでした。日ハムの時と同様に狙っていたのかもしれませんね。

 ブレイク・スネルとは2度の対戦がありましたが、2打席目は四球でした。

マーク・マランソンからも2塁打(おまけつき)

  パドレスは2番手に今季からFAでブレーブスからパドレスに移籍したマーク・マランソンがマウンドに。かなり厄介なカットボーラーですが、大谷選手はLFへ2塁打を放ちます。しかし、スライディングの勢いでベースから体が離れたスキにタッチされ、アウトに。これはご愛嬌でした。

打率は.636

 打撃が好調な大谷選手は、この日の2安打により、22打数14安打となり、打率はなんと.636をマーク。OBPが.654で、SLGが1.182という嘘のような数字になっています。すでにHRは4本ですからね。こんなSLGにもなりますよね。

俄然、MLBを盛り上げる存在に 

  今スプリングトレーニングでの大谷選手の活躍は、シーズンに大きな期待を抱かせる活躍です。約2年ぶりにリアルなベーブ・ルースを目の当たりにしたいと思っているファンも多いはず。とんでもないシーズンにしてくれるかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました