スポンサーリンク

【MLB移籍噂2019】ブレーブス、クローザーのビスカイーノを失う!キンブレル獲得に待ったなし

MLB移籍/FA情報

A・ビスカイーノが手術でシーズン終了

ブレーブスにとっては痛すぎるニュースです。

現地2019年4月17日、右肩を傷め休んでいたブレーブスのクローザー、アロルディス・ビスカイーノが右肩手術でシーズン・エンディングとなることが明らかとなりました。

右肩関節唇を傷める

アロルディス・ビスカイーノが傷めたとされているのは右肩関節唇。

関節唇損傷(外部リンク)

腕がはずれずに肩をグルグル回せるのはここが機能しているからだそうです。ここを傷めると脱臼したような違和感を感じたり、痛みがひどくなるようです。

現地14日に10Day ILとなってはおりました。

軟骨除去も含めて少なくともシーズンエンディング、来季の復帰となりそうです。

ブレーブス、キンブレル獲得に動くか

現時点でブレーブスはA.J.ミンターをクローザーとして起用。A.J.ミンターはシーズン前、左肩痛で戦列から離れておりましたが、すでに戻ってきております。

ただ、けが人が相次いでおります。

ブルペンではダレン・オデイ(アンダースロー)、ジョニー・ベンターズが10Day IL。

ブルペンに厚みがあるに越したことはありません。

そこでもう前々から名前の上がっているキンブレル獲得に本格的に動き出すのではないかとの噂が信憑性をもってきました。

キンブレルもアスキング・プライスを下げたとの報道がありましたので、いよいよ現実味を帯びるかもしれません。

ブルワーズも深刻ではありますが、ブレーブスの熱が上がってきたと言えるのではないでしょうか?

この動向は注目したいと思います。

アロルディス・ビスカイーノとは

アロルディス・ビスカイーノは28才。

2011年メジャーデビューでずっとリリーバーを務めてきた投手です。

2017年は62試合、2018年は39試合に登板。

今季は4試合に登板し、いずれも最終回を任されておりました。

100マイル近いファストボールを中心に83マイルほどのカーブ、スライダーで勝負する投手です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【2021 NLDS_G5】ドジャース、しびれるゲームを制し、NLCSへ
【Pre 2021ALCS】ランス・マッカラーズ・Jr.がALCSでの登板を回避する可能性!
【2021NLDS_G5先発】ドジャースがサプライズ!決戦の先発マウンドにコーリー・クネイブル!
【2021NLDS_G4】ドジャースがウィル・スミスのHRなどで勝利!
【2021 NLDS_G4】F・フリーマンがJ・ヘイダーから勝ち越しHR!ブレーブスがNLCSへ進出
【2021ALDS_G4】アストロズ、完勝で5年連続のALCSへ
【2021NLDS_G3】ジャイアンツ、ロンゴリアの一発のみでシャーザー相手に勝利
【2021NLDS_G3】タイム・プレーも出たゲーム!ブレーブスがシャットアウト勝利で2勝目
【2021ALDS_G4】レッドソックス、粘るレイズを退けALCSへ
【2021ALDS_G3】ホワイトソックス、劣勢を跳ね返し12得点で1勝目
【2021ALDS_G3】レッドソックス、バスケスのサヨナラHRで延長13回の死闘に決着
【2021NLDS_G2】ドジャース、中盤に一気に勝ち越し!ウリアス先発ゲームで勝利
【2021NLDS_G2】マックス・フリードが6回スコアレス!ブレーブスがタイに
【2021NLDS_G1】ジャイアンツ、ローガン・ウェブの好投でまず1勝
【2021ALDS_G2】レッドソックス、ハウクの好投と5HRで逆転勝利
【2021NLDS_G1】投手戦を制したのはブルワーズ!
【2021 ALDS_G2】アストロズ、リリーバーが機能し連勝!ALCSへ王手
【2021 ALDS_G1】レイズ、マクラナハンとアロウザリナの活躍でレッドソックスから1勝(追記あり)
【2021ALDS_G1】アストロズ、ランス・マッカラーズ・Jrの好投でまず1勝!
【MLB2021】NLWCはクリス・テイラーのサヨナラHRでドジャースが勝利!
タイトルとURLをコピーしました