スポンサーリンク

【MLB移籍噂2019】ブレーブス、クローザーのビスカイーノを失う!キンブレル獲得に待ったなし

MLB移籍/FA情報

A・ビスカイーノが手術でシーズン終了

ブレーブスにとっては痛すぎるニュースです。

現地2019年4月17日、右肩を傷め休んでいたブレーブスのクローザー、アロルディス・ビスカイーノが右肩手術でシーズン・エンディングとなることが明らかとなりました。

右肩関節唇を傷める

アロルディス・ビスカイーノが傷めたとされているのは右肩関節唇。

関節唇損傷(外部リンク)

腕がはずれずに肩をグルグル回せるのはここが機能しているからだそうです。ここを傷めると脱臼したような違和感を感じたり、痛みがひどくなるようです。

現地14日に10Day ILとなってはおりました。

軟骨除去も含めて少なくともシーズンエンディング、来季の復帰となりそうです。

ブレーブス、キンブレル獲得に動くか

現時点でブレーブスはA.J.ミンターをクローザーとして起用。A.J.ミンターはシーズン前、左肩痛で戦列から離れておりましたが、すでに戻ってきております。

ただ、けが人が相次いでおります。

ブルペンではダレン・オデイ(アンダースロー)、ジョニー・ベンターズが10Day IL。

ブルペンに厚みがあるに越したことはありません。

そこでもう前々から名前の上がっているキンブレル獲得に本格的に動き出すのではないかとの噂が信憑性をもってきました。

キンブレルもアスキング・プライスを下げたとの報道がありましたので、いよいよ現実味を帯びるかもしれません。

ブルワーズも深刻ではありますが、ブレーブスの熱が上がってきたと言えるのではないでしょうか?

この動向は注目したいと思います。

アロルディス・ビスカイーノとは

アロルディス・ビスカイーノは28才。

2011年メジャーデビューでずっとリリーバーを務めてきた投手です。

2017年は62試合、2018年は39試合に登板。

今季は4試合に登板し、いずれも最終回を任されておりました。

100マイル近いファストボールを中心に83マイルほどのカーブ、スライダーで勝負する投手です。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【死球明け】大谷選手、投手オンリーで6イニング1ヒッター
 【MLB2021】惜しすぎる!オリオールズ、ジョン・ミーンズのアン・パーフェクト・ノーヒッター
【MLB契約2021】ホワイトソックス、OFにブライアン・グッドウィンを補強。マイナー契約でサイン。
【MLB2021】「痛すぎる」!ドジャース、ダスティン・メイのトミー・ジョン手術で投手陣再構築へ
【MLB 2021】CWS、ルイス・ロバート、右股関節屈筋断裂で12-16週離脱へ
【MLB2021】好調、リース・ホスキンスにとって「勉強の日」
【MLB 2021】今度はカブス@レッズ戦でポストシーズン・ゲーム
【MLB2021】レッズのアミール・ギャレット、危うくまたベンチ直行(追記あり)
【ルール】独立Lのパイオニア・リーグが2021年に新ルール導入!目玉は延長戦なしでホームラン・ダービー!
【MLB2021】”完璧!” ブルワーズのリリーバー、J.P.ファイヤライゼンが14試合でERA0.00
【MLB 2021】レッドソックス、デグロム戦で勝利!ニック・ピベッタが好投!
【MLBトレード】ヤンキース、マイク・トークマンをジャイアンツへ!左腕のワンディー・ペラルタを獲得
【MLB 2021】歴史的快挙!大谷選手、先発投手兼2番打者で初勝利
延長10回「代打、カーショウ」!すさまじい総力戦はパドレスに軍配
【MLB 2021】”D-Backs Day !”ザック・ギャレンが1ヒッター、M・バンガーナーがノーヒッター!
【MLB 2021】パドレス、なぜ代えた?ドジャース、ブレイク・スネル降板後に一気に逆転して勝利!まるでWSの再現
【MLB 2021】アスレチックス、13連勝!クリス・バシットが6回2失点、好調マット・オルソンに加え、ジェド・ラウリーが活躍(追記あり)
【MLB 2021】パドレス、連勝!ダルビッシュ投手が9K!タティス・Jr.が2HR
【MLB 2021】埋もれていたコール・アービンも再生させ、アスレチックス、12連勝!
【MLB 2021】ジェイコブ・デグロムを今見られる幸せ!15奪三振などこの日、デグロムがやった7つのこと
タイトルとURLをコピーしました