スポンサーリンク

【MLB移籍2020】レンドン、ゲリット・コールなど、とりわけ注目のFAプレーヤーは?

とりわけ注目となるプレーヤーを厳選

 現地2019年10月22日(火)から始まるワールドシリーズまであと1日!この間隙を縫って、より動向が注目される選手にフォーカスしたいと思います。いわば、前の記事のコンパクト版です。

記載事項について

マーケットバリューの価格

 なお、マーケット・バリューはspotracさんのサイトを参照しています。

【贅沢税基準額一覧】

 また、選手を出すか、あるいは受け入れるかの大きな要素となる贅沢税の基準額一覧も記載しておきたいと思います。2020シーズンの基準額は$208Mです。

(直近数年の基準額一覧)

  • 2014-2016:$189M 
  • 2017: $195M
  • 2018: $197M
  • 2019: $206M
  • 2020: $208M
  • 2021: $210M

 では見てみたいと思います。

注目プレーヤー一覧

 もしも注目度のランクをつけるとすれば、筆者は下記の順につけたいと思います。これは個人的な要素がかなり強いのですが、一つの目安にしていただければと思います。

  1. ゲリット・コール
  2. アンソニー・レンドン
  3. スティーブン・ストラスバーグ
  4. J.D.マルチネス
  5. ムーキー・ベッツ
  6. アンソニー・リッゾ
  7. マイク・ムスターカス
  8. ヤジエル・プイーグ

  契約別にリストアップしてみるとこうなります。

【資格取得及び契約終了によるFA】

  • ゲリット・コール(HOU): 資格取得 後述
  • アンソニー・レンドン(WSH):資格取得 後述
  • ディディ・グレゴリアス(NYY):資格取得 
  • コール・ハメルズ(CHC): FA 
  • マーセル・オズーナ(STL): 資格取得
  • ジョシュ・ドナルドソン(ATL): FA
  • マディソン・バンガーナー(SFG): 延長する?FAになる?
  • ホセ・アブレイユ(CWS) :資格取得
  • ヤジエル・プイーグ(CLE): 資格取得

【オプトアウトの可能性】

  • スティーブン・ストラスバーグ(WSH) : 後述
  • J.D. マルチネス(BOS):  後述
  • ジェイク・エアリエッタ(PHI)

【オプション行使か?】

  • アンソニー・リッゾ(CHC):クラブオプションOpt行使か?
  • ダルビッシュ有(CHC):オプトアウトの可能性も本人は残留希望。
  • マイク・ムスターカス(MIL):ミューチュアルオプション 後述
  • ヤズマニ・グランダール(MIL):クラブオプションOpt行使か?
  • コーリー・クルーバー(CLE): クラブOptを行使予定。
  • ネルソン・クルーズ(MIN): クラブOptを行使予定。
  • エドウィン・エンカーナシオン(NYY):クラブオプションOpt行使か?

【その他】

  • ムーキー・ベッツ(BOS): サラリー抑制のため、移籍の噂 後述
  • デービッド・プライス(BOS):サラリー抑制のため、移籍の噂 後述

プレーヤー詳細

ゲリット・コール(HOU)

 まず最初に挙げたいのがアストロズの右腕、ゲリット・コールです。年齢は29才。2020年9月の誕生日で30才となります。MLSは2019年終了で6.111の予定で、今オフにFAの資格を取得することになります。

現契約と相場

 ゲリット・コールが2019年2月に調停のラストイヤーで結んだ契約は1年$13.5M。2019年のレギュラーシーズンの成績は20勝5敗でERAは2.50。奪三振は326を数え、212.1イニングを投じており、ア・リーグのサイヤング賞筆頭と言っていいでしょう。そして今ポストシーズンの無双ぶりです。

 ワールドシリーズ開始前の現地2019年10月21日時点でのマーケットバリューは6年$197.9M!年平均で$32.9M。これはジャスティン・バーランダーの$33M/年と並ぶレート。ひょっとしたら投手史上最高の契約を結ぶかもしれません。ただ、年齢の要素がありますので、1年当たりのレートはひょっとしたらバーランダーを超すかもしれませんが、年数は5年を見るかどうか。

アストロズのペイロール

 アストロズの中で2020年も引き続き$10M超えのサラリーが決まっている選手はバーランダーの$33M、マイケル・ブラントリーの$16M、ジョシュ・レディックの$13M、アルトゥーベの$29M、ブレグマンの$13M。

 合算で$121Mほどがですが、これはあくまで高額の7人ほどの数字。2019年はコールの$13Mを込みで$199.9Mほどになりそうですので、工夫すればなんとか基準額内にはなりそうです。

候補

 ゲリット・コールのエージェントはスコット・ボラス。おそらくかなりの長期を狙ってくるのではないか?と思われます。そうなると本当に1年当たりの単価だけでなく総額も投手でNO.1の契約になるかもしれません。

 今のところ狙っているのは、ヤンキース、ドジャース、アストロズ。本人はロスのオレンジ郡の高校の出身で大学もUCLAです。よって地元のエンゼルスという噂もあります。

アンソニー・レンドン(WSH)

 2020年6月に30才となるアンソニー・レンドンも今オフにFAとなります。エージェントはスコット・ボラス。2019年はMVPの候補でもあるゆえに、かなり高額になりそうです。

現契約と相場

 2019年のサラリーは$18.8Mでした。ワールドシリーズ前の現地2019年10月21日時点での相場は、6年$194.6Mほど。年平均で$32.4M。これはノーラン・アレナドの$32.5Mに匹敵。マチャードの$30M よりは高いです。

ナショナルズのペイロール

 ナショナルズは2017年($202/$195M)、2018年($204.9M/197M)と2年連続で基準額超え。2018年は超過2年めの30%のレートを課せられ、$2.3Mを支払っております。3年連続だと超過額の50%を課せられることに。

候補

 この相場の額をどう解釈するか?ということになりますが、今のところ名前が上がっているのがフィリーズ。実はレンドンに関しても噂がでているのがエンゼルス。

 エンゼルスはトラウト、プホルズ、アップトン、シモンズ、コザートの高額選手を入れたとしても2019年は$186Mほど。資金さえ余裕があれば狙えますが、さすがにコールとの2本釣りは難しいとは思います。

スティーブン・ストラスバーグ(WSH)

 2020シーズンの7月で32才になるストラスバーグ。現契約は2017年から23年までの 7年/$175M。2019年と2020年終了後にオプトアウトあります。つまり本人の希望で見直せるという内容です。

現契約

 現在の契約は上記の通りで、年平均は$25Mになるのですが、実支払いはかなりいびつです。2019年のベースサラリーはなんと$35M。これにボーナスが加わり総額が$39M超えという飛び抜けた額になります。もちろん支払いはナッツです。

 2020年は$25M、2021年は$15Mとやや落ち着くのですが、最後の2023年は$45Mと、とんでもない額になります。引き継ぐクラブがあるのか?というところです。

候補

 エージェントはスコット・ボラスです。サンディエゴ出身の彼はパドレスに入りたいのではないかという噂もあります。

プライス、ベッツ、J.D.マルチネス(BOS)

 レッドソックスの3人組ですが、2020年の処遇はそれぞれ違いますが、ペイロール削減の余波を受けそうです。

レッドソックスのペイロール

 2019年のレッドソックスのペイロールは$239.8Mほどになる見込み。2019年の基準額は$206Mですから、$33Mほど超えそうです。

 レッドソックスは2015年、2016年と2年連続で基準額超え。2017年に1度リセットしたものの、2018年に再び超過。基準額の$197Mを大幅に超える$239M。超過が$40M超えたのでもっとも高いレートを課せられ、総額$11.9Mもの贅沢税を払いました。

 なおかつドラフトの1巡目指名権が10位も落ち、33位だったものが43位にまで落ち、2巡目がファースト・ピックになったのでした。

 2年連続で超過が$40Mを超えてはTaxのレートがさらに上がることから、リセットがクラブにとっての必須事項となっています。

 よって、レッドソックス自体は商売のうまいクラブで資金を稼ぐことには長けているのですが、さすがに3人とも残す線はなさそうです。

 候補

 今のところ3人とも候補はとくに上がっていません。あえて上げればBOSとの更新というところかと思います。

マイク・ムスターカス

 FAのファーストイヤーでQOを受けずに苦労したムスターカスですが、その活躍からかなり需要は高いと思います。需要の高さから彼に非常に関心があります。今回こそはFA市場に打って出てもいいかもしれません。

 以上、とくに注目しておきたい選手をリストアップしてみました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】大谷選手が23号HR!6月絶好調で9本目!ドジャースは新シティー・コネクトを着用
【MLB2024】クリス・セールがソト、ジャッジ、スタントンを封じ、今季10勝目!ブレーブスがヤンキースに完勝
【MLB2024】ガーディアンズのスティーブン・クワン、ただいま打率.396 (現地2024年6月20日)
【MLB2024】ツインズ、ロイス・ルイスがHRでリボンを破壊!
【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
タイトルとURLをコピーしました